HOME

【2020年】寅の日の一覧カレンダー!

寅の日について疑問が多いQ&Aを一挙ご紹介!

特別な日として騒がれることが多い寅の日ですが、そもそもこの寅の日の由来や意味はどうなっているのかわからないという方も多いでしょう。

そこで、今回は2020年の寅の日をカレンダー形式で紹介し、寅の日の意味や由来、やってはいけないことやするといいといわれていることも紹介してまいります。



2020年寅の日の一覧カレンダー

それでは具体的に2020年ではどの日が寅の日になっているのかを見ていきましょう。

わかりやすく2020年のカレンダーとセットで紹介いたしますので、このカレンダーのどこに寅の日が来るのかを見ながらご確認ください。

また、この寅の日というのはいわゆる十二支の寅なので12日サイクルで1回訪れるようになっています。

つまり、ひと月に2回か3回はこの寅の日があるということです。

また、カレンダーはこちらの「ちびむすカレンダー(https://happylilac.net/calendar-chisim-a4k-2020.html)」のものをお借りしています。

1月


六曜的には凶日である赤口から2020年は始まりますが、成人の日も赤口なのでなかなか祝日と吉日が合わないでスタートしている状態になっています。

しかし、日にちの吉兆はこの六曜以外にもありますのでそちらを見てみると実は吉日という日も隠れているのです。

1月の寅の日

1月の寅の日は12日の日曜日と24日の金曜日です。

金運アップの寅の日と休日や金曜日が重なっているのは都合がいいという人も多いでしょう。

2月


2020年はうるう年なので29日まで存在します。

また、令和にはいって初めての天皇誕生日が2月23日にありますが日曜日と被っているので24日が振り替え休日となっています。

2月の寅の日

2月の寅の日は2月5日の水曜日、2月17日の月曜日、2月29日の土曜日です。

うるう年の特徴となる29日が寅の日というのもなかなか特徴的な年と言えるでしょう。

3月


卒業式や終業式がある3月は学生にとっても大きな節目となる時期です。

学生にとっては一生の思い出ができる時期でもありますので、しっかりと堪能しておきましょう。

3月の寅の日

2020年3月の寅の日は12日の木曜日と24日の火曜日です。

社会人の方々だとあまり活発的に動けない日に寅の日が存在しているので、恩恵を受けられない人も多いかもしれません。

4月


新入生や新社会人などの新たな門出が集中している4月は引っ越しを含めて人の異動も激しくなる時期です。

2020年はゴールデンウィークのスタートが飛び飛びになる可能性が高いので、どのタイミングで有給休暇を使うのかを決めておいたほうがいいでしょう。

スタート候補となる29日の昭和の日は水曜日なので、木曜日と金曜日に有給休暇を使う必要があります。

4月の寅の日

4月の寅の日は5日の日曜日、17日の金曜日、29日の水曜日です。

昭和の日と寅の日がかぶっていますので、金運上昇効果を間違いなく堪能できるでしょう。

5月


ゴールデンウィークがある5月ですが、4月30日と5月1日が平日になっているので有給休暇を使わないと大型連休は作りにくいでしょう。

7日と8日に有給休暇を使って9連休にするのも正解です。

5月の寅の日

5月の寅の日は11日の月曜日と23日の土曜日です。

4月29日の昭和の日が寅の日だったので、ゴールデンウィーク期間中の寅の日はそこだけになっております。

6月


ゴールデンウィークが終わってリフレッシュした体で乗り切らなければいけないのが6月です。

特に祝日もないのできついと感じる人も多い月となっています。

6月の寅の日

6月の寅の日は4日の木曜日と、16日の火曜日、28日の日曜日です。

7月


夏休みが始まる7月は長期休みが体験できますが、2020年はオリンピックが開催しますので非常に忙しくあわただしくなる可能性が高い月となっています。

マラソンや競歩が北海道開催となったことで、札幌在住の方はオリンピックの存在が身近に感じられるようになったでしょう。

7月の寅の日

7月の寅の日は10日の金曜日と22日の水曜日です。

海の日やスポーツの日があることで7月も連休ができますが、その連休前の日が寅の日というのもなかなか面白い月となっています。



8月


夏休み期間中でありオリンピック開催中の8月はお盆や甲子園などもあるので非常に忙しくなるでしょう。

それらすべてを堪能する予定の方はかなりぎちぎちのスケジュールになりそうです。

8月の寅の日

8月の寅の日は3日の月曜日、15日の土曜日、27日の木曜日となります。

社会人でもお盆はお休みとなりますので、15日は堪能できるのではないでしょうか。

9月


夏休みやオリンピックが終わった9月ですが、21日の敬老の日と22日の秋分の日で4連休があるのでそこですっきりさせることも可能なのです。

9月の寅の日

9月の寅の日は8日の火曜日と20日の日曜日です。

シルバーウィークの日曜日が寅の日なので、その日は金運に期待しましょう。

10月


学芸会や学園祭、学校によっては秋の運動会がある10月は衣替えもあるので、学生さんはいろいろと忙しい時期です。

10月の寅の日

10月の寅の日は2日の金曜日、14日の水曜日、26日の月曜日が該当します。

11月


11月は文化の日や勤労感謝の日があり、有給休暇を使えばシルバーウィークのような連休も作れます。

11月の寅の日

11月の寅の日は7日の土曜日や19日の木曜日になります。

12月


クリスマスや年末がある12月は平成の時代は天皇誕生日がありましたが、令和になったら切り替わるのでありません。

12月の寅の日

12月の寅の日は1日の火曜日、13日の日曜日、25日の金曜日です。

クリスマスと寅の日が重なっているというのも面白い年と言えます。

寅の日Q&A

それでは寅の日に対してよく発生する疑問や質問についてまとめてお答えしてまいります。

寅の日の意味や由来は?


かなりざっくりと記載すると「寅は見た目が金色なので金運の象徴とされているからご利益がある」とされています。

いわゆるその見た目から金運の象徴とされているのです。

また、トラは早いものだと60km以上で走ることもできるので中国の故事成語で「虎は千里を往って千里を帰る」という言葉すらあります。

そのことから無事に帰ってくるという意味もありますが、投資したお金や労力も戻ってくると考えられているのです。

するといい事は?


金運がアップする寅の日に推奨されることは、財布の購入や使い始めです。

金運アップと絡めると財布がパンパンになるという意味がセットになるのでさらに金運が上がるといわれています。

宝くじの購入なども良しとされています。

やってはいけない事は?


寅の日は「虎は千里を往って千里を帰る」という故事成語がマイナスに出る行いとはセットにしないほうがいいといわれています。

その筆頭が結婚や入籍です。

いわゆる元に戻るという意味がここでは離婚して家に帰ってくるという意味になってしまいます。

他には死者が返ってきてしまうということで葬式との相性も悪いといわれています。

縁起のいい日と重なったらどうなる?


他の吉日とセットになるとさらに効果が倍増されます。

いわゆる大安とか天赦日と組み合わされると金運も最高潮となるでしょう。

何らかの商売をスタートするのには最高にタイミングがいい日ともいわれております。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は寅の日とはいったい何なのか、2020年だといつになるのかを記載してまいりました。

金運が最も上がりお金にかかわる運気が良くなるといわれている日なので、商売繁盛などを願いたい人にとっては一番理想的な日となっているでしょう。

六曜よりも知名度は低いので、ある程度意識しないと活用できな日ともなっています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました