HOME

天一天上に入籍すると縁起が良い?日取りの決め方や注意点!

天一天上に入籍をすると縁起が良いと言われています。

その理由を知りたいですよね。

また、天一天上に他の吉日が重なると、さらに縁起は良くなるのでしょうか?

そこで今回は、天一天上の入籍について調べてみました。

入籍の日取りの決め方や注意点なども、併せてご紹介していきます。

スポンサーリンク

天一天上に入籍すると縁起が良い?


天一天上に入籍をすると縁起が良いです。

あまり知られていませんが、天一天上は吉日です。

そのため、天一天上の入籍は縁起が良いと言えるでしょう。

日本で一般的に吉日と認知されているのは、六曜の大安ではないでしょうか。

大安のように日の吉凶を表すものは六曜だけではなく、他にも様々な種類があります。

天一天上は撰日という暦注(暦に掲載される吉凶占いのこと)の一つで、天一神という方位神が天に昇っている期間のことを指します。

天一神は地上にいる間は「天一神遊行」といって、凶方位を塞いで守っていると言われています。

そのため、天一神のいる方角に向かったり、事を行うと祟りが起こると言われていました。

特に、平安時代は天一天上は重要視され、目的地に天一神がいる場合には「方違え」と言って、一旦、違う方角に進んでから目的地に入っていたと言われています。

天一天上は天一神が地上にはいないので、つまりは縁起の悪い方角がなくなり、自由に動くことができます。

このようなことから、天一天上は吉日とされたのです。

天一天上は主に旅行や引っ越しなど移動を伴うことに吉となりますが、入籍などのお祝い事に向いている日と言えるでしょう。

入籍するときの日取りの決め方や注意点


入籍の日取りの決め方に悩んでいる人は以外と多いようです。

どのように決めたらいいのかわからない時は、次の方法を参考になさってみて下さい。

記念日に入籍をする

プロポーズをした日、プロポーズをOKした日、交際を始めた日、告白した日、誕生日など、2人にとっての記念日を入籍日にするカップルが多いです。

また、バレンタインやクリスマスと言った、絶対に忘れない日を入籍日にする場合もあります。

数字で語呂合わせにする

いい夫婦の日(11月22日)を始めとして、福の日(2月9日)、最高の日(3月15日)、ハニーの日(8月2日)など、数字の語呂合わせで入籍日を決めるカップルもいます。

犬好きが切っ掛けで知り合ったなら、ワンワンワンの日(1月11日)も良さそうですよね。

結婚式当日

結婚式と入籍日を別にするカップルもいますが、結婚式を挙げる日は2人が夫婦になる日と考える方も多く、結婚式当日に入籍を行うケースもあります。

吉日に入籍する

今回ご紹介している天一天上以外にも、入籍に向いている吉日は数多くあります。
(次に詳しく掲載しているので参考になさってみて下さい)

普段の生活では縁起を気にすることはないかも知れませんが、入籍や結婚式などのお祝い事は吉日に行う風習は、日本で古くから根付いているものです。

天一天上以外に入籍に相性のいい吉日は?

大安

六曜という暦注の一つで、最も縁起の良い日になります。

日本では吉日と言えば大安というくらい、一般的に知名度のある日で、入籍や結婚式などのお祝い事は大安に行う方が多いと言われています。

一粒万倍日

撰日という暦注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があります。

この日に始めたことは後に大きな収穫になると言われているため、特にお金に関すること(宝くじの購入、財布の新調、財布の使い始め、銀行口座の開設など)を行うのがよいと言われていますが、入籍の日取りにもお勧めです。

天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の大吉日になります。



百神が天に昇り、万物の罪を赦すという意味があり、この日は何をしても許されることから、何でも成功する、上手くいく日と言われています。

そのため、入籍の日取りにもとても向いていますが、一年に5~6日しかない貴重な日のため、タイミングよく合わせるのは難しいかも知れません。

母倉日

暦注下段の一つで、母が子を育てるように天が人を慈しむ日という意味があります。

万事に吉となりますが、特に入籍や結婚式などの婚姻関係を行うのが良い日と言われています。

入籍を避けた方がいい凶日は?

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日で、仏も滅するほどの凶日という意味があります。

葬儀以外は凶となる日のため、入籍を始めとしたお祝い事の日取りには避けられています。

不成就日

撰日という暦注の一つで、何も成就しないという意味があります。

入籍には不向きな日と言えるでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日になります。

これ以上の縁起の悪い日はないという日なので、当然ながら入籍の日取りにも向きません。

葬儀以外は大凶となります。

十死日

暦注下段の一つで、受死日の次に縁起が悪い日となります。

受死日は葬儀は行ってもよい日になりますが、十死日は葬儀もNGです。

天一天上と他の吉日が重なると縁起はさらにいいの?


天一天上に他の吉日が重なると、縁起はさらに良くなると言われています。

例えば天一天上に大安や、天一天上に天赦日と言った具合です。

日本では暦注と言えば六曜が有名ですが、六曜以外にも様々な種類があり、種類によって日の吉凶の決め方が違うため、天一天上に他の吉日が重なることもあります。

もちろん、天一天上だけではなく、大安、一粒万倍日、天赦日が重なることもあります。

日ごろから縁起を気にして生活している方の中には、入籍や結婚式などのお祝い事はとにかく縁起の良い日にしたいと思うので、天一天上のみの吉日よりも、他の吉日が重なっていることを重視する傾向もあります。

天一天上と凶日が重なった場合、入籍はどうしたらいいの?


天一天上と凶日が重なった場合、入籍をどうするかは人それぞれによって違います。

上記でご紹介した通り、天一天上が他の吉日が重なることがあるように、天一天上に凶日が重なることもあります。

吉日である天一天上に凶日が重なると、天一天上の縁起の良さが凶日によって半減すると言われています。

そのため、入籍のような日取りが特に気になる行事であれば、凶日と重ならない日を選ぶ方が多いと言われています。

人は「良いこと」よりも「悪いこと」の方が印象に残りやすいと言われているので、天一天上にこだわりがある方以外は、凶日が重なることに不安を感じやすくなり、別の日に変更するようです。

ただし、そもそも縁起の良し悪しがそれほど気にならない方などは、天一天上に凶日が重なっても迷うことなく入籍をすることもあるでしょう。

天一天上を始め、全ての暦注に科学的根拠はありません。

いわゆる迷信に過ぎないので、気にしすぎるあまりに入籍日がなかなか決められないということがないよう、自分の選んだ入籍日を信じて下さいね。

まとめ

天一天上は吉日なので、入籍をするのは縁起が良いと言えますが、旅行や引っ越しなど、移動を伴うことを行うのが特に良いことから、新婚旅行の日取りにするのが特にお勧めです。

また、入籍の日取りの決め方の中には「吉日を選ぶ」方法がありますが、吉日を選んだからと言って必ず幸せになれるわけではないですし、凶日だからと言って必ず不幸になるわけでもありません。

結婚生活は日の吉凶ではなく、お互いを思いやり労わって暮らすことが最も大切なので、縁起の良し悪しに捉われすぎずに優しさを以て相手に接することを第一に心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました