HOME

天一天上に財布を購入したり使い始めると金運アップ?時間帯は?

天一天上に財布を購入したり使い始めると、金運がアップすると言われています。

どうしてなのか、不思議だと思いませんか。

また、財布を吉日に購入するだけではなく、できれば縁起の良いタイミングで購入したり使い始めたいですよね。

そこで今回は、天一天上に財布を購入したり使い始めると金運がアップすると言われている理由や、財布を購入したり使い始めるのに良い時間帯を調べてみました。

スポンサーリンク

天一天上に財布を購入したり使い始めると金運アップ?


天一天上に財布を購入したり使い始めると金運がアップすると言われています。

その理由は、天一天上が吉日だからです。

日本では一般的に吉日というと、六曜の大安を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし、吉日は様々にあり、天一天上は撰日という暦注(暦に掲載される吉凶占い)の吉日になります。

天一天上は、天一神という方位を司る神様が、天に昇っている期間のことを指しています。

天一神は地上にいる間は四方を巡っています。

これを天一神遊行と言いますが、天一神のいる方位は「塞(ふた)がり」と言って凶方位になるため、その方角に向かったり事を起こすことは避けられていました。

現在はほとんど聞かないですが、平安時代は特に信じられていたとされ、天一神のいる方角を避けて進むことを「方違え」と呼んでいたそうです。

天一天上は、天一神が天にいるので地上には凶方位が存在しなくなります。

そのため、旅行や引っ越しなど移動を伴うことは自由に行うことができました。

これが天一天上が吉日とされる所以です。

天一天上は移動に関することが特に吉となりますが、吉日であることに変わりはないので、財布を購入したり使い始めるのも良い日となります。

財布を購入したり使い始める時間帯はいつがいい?


財布を購入したり使い始める時間帯は、17時~23時がお勧めになります。

これは風水学に基づくもので、財布の持つ「金」のエネルギーと、17~23時の持つ「水」のエネルギーはとても相性がよいと言われているからです。

会社勤めをしている方なら、多くの場合は17~18時以降に退社ですよね。

仕事終わりにデパートなどのお店に寄って財布を買えば、ちょうど運気の良いタイミングで購入や使い始めを行うことができます。

また、主婦や学生などの場合は、夕方以降に財布を買いに行くのは難しいかも知れません。

そのような時は、日中に財布だけ購入しておいて、夕方以降に使い始めるようにすると金運アップの効果が期待できるでしょう。

財布の購入や使い始めに縁起のいい吉日は?


財布の購入や使い始めに縁起の良い吉日は、天一天上だけではありません。

そこでここでは、天一天上以外の財布の購入や使い始めにお勧めの吉日をご紹介します。

大安

六曜という暦注の中で、最も縁起の良い日になります。

大安は六曜や暦注をよく知らないという方でも知っている、とても知名度の高い吉日ですよね。

財布の購入や使い始め以外にも、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りとして選ばれる縁起の良い日になります。

一粒万倍日

撰日の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味の吉日になります。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、特にお金に関することを行うのがよいとされ、財布の購入や使い始めにとても向いている日と言えます。

天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の大吉日になります。

天赦日よりも縁起の良い吉日は存在しないので、とにかく縁起にこだわって最高の吉日に財布を購入したり使い始めたいという方は天赦日を選ぶとよいでしょう。



寅の日

昔は日付ではなく干支によって日を数えていました。

寅の日はその一つで、寅の黄金色の毛並みが金運アップによいと言われています。

また、寅は千里の道を行って千里の道を戻ると言われていることから、この日に使ったお金はすぐに戻ってくるとも言われています。

巳の日

巳はヘビのことで、ヘビは金運の神様である弁天財の遣いとして昔から金運アップに効果があると言われています。

また、脱皮を繰り返して成長する様子が、財を成す願いと重なるとも言われています。

財布の購入や使い始めを避けた方がいい凶日は?


財布の購入や使い始めを避けた方がよい凶日はあるのでしょうか?

ここでは、財布の購入や使い始めを避けた方がよい凶日をご紹介します。

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日です。

仏も滅するほどの凶日という意味があり、万事において凶となることから、お祝い事はもちろん、財布の購入や使い始めも避けた方がよいでしょう。

不成就日

撰日の一つで、何も成就しない、成功しないという意味の凶日になります。

財布の購入や使い始めも避けた方がよいでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日になります。

葬儀以外は大凶となるので、財布の購入や使い始めは避けた方がよいでしょう。

財布の買い替えのタイミング!


財布は、お金にとっての家だと言われています。

何年も掃除していない家や、ごみが溜まった家には私達も帰りたくないですよね?

それはお金も同じで、ボロボロになったり、レシートなどの余計なもので溢れている財布にはお金が寄り付かなくなると言われています。

また、風水学によると財布の持っている運は1,000日しかないと言われています。

つまり、いくら金運アップの効果があると言われている財布を購入したとしても、1,000日以上使い続けていたらその効果は薄れてなくなっているというわけです。

このようなことから、財布は長くても3年以内に新しい物に買い替えた方がよいと言われています。

ただし、3年以内であっても、劣化が激しい、汚れが目立つ、使い勝手が悪い、なんとなく気に入らない、雑誌の付録についてきたものを使っているなど、愛着が持てない財布は早めに買い替えるのがよいでしょう。

金運アップの財布の選び方!


金運アップの財布を選ぶなら、次のことに注意してみましょう。

二つ折りや三つ折りより長財布を選ぶ

最近はコンパクトな財布が流行していますが、お金のことを考えるなら長財布がお勧めです。

先ほども触れた通り、財布はお金にとっては家なので、二つ折りや三つ折りの財布はお金が窮屈に感じてしまい、財布から出て行こうとしてしまうそうです。

金色、黄色、緑、その年の流行色を選ぶ

財布の色は金運アップの効果があると言われている金色、黄色、緑色がお勧めです。

また、その年の流行色も金運アップの効果が期待できるのでよいでしょう。

ノーブランドよりもブランド品を選ぶ

色や形、使い勝手などがよければノーブランドでも構わないと思う方が多いですが、お金はお金がたくさんあつまっているところを好むと言われています。

そのため、ブランド品の財布の方がお金が貯まりやすいと言われています。

革製品を選ぶ

財布は布製よりも革製の方が金運がアップすると言われています。

特にヘビ革はお勧めです。

まとめ

天一天上は吉日のため、財布を購入したり使い始めるのは縁起が良いと言えるでしょう。

しかし、天一天上はどちらかと言うと旅行や引っ越しなど、移動を伴うことを行うのが良い日と言われています。

験を担いで財布を購入したり使い始めたいという場合は、大安や一粒万倍日、天赦日、寅の日、巳の日の方がお勧めかも知れません。

なお、天一天上と他の吉日が重なる日があれば、その日が最も良い日であることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました