HOME

天一天上と天赦日が重なると縁起的にはどうなの?吉日なの?

天一天上と天赦日が重なると縁起的には良いのか、知りたいですよね。

また、日本では一般的に吉日と言えば、大安を思い浮かべる方が多いと思います。

天一天上や天赦日は吉日なのか、よくわからない方もいるでしょう。

そこで今回は、天一天上と天赦日について調べてみました。

天一天上と天赦日が重なると縁起はどうなのか、吉日なのかについて詳しくお答えしていきます。

2022年に天一天上と天赦日が重なる日や、天一天上や天赦日をうまく活用する方法も併せてご紹介します。

スポンサーリンク

天一天上と天赦日が重なると縁起的にはどうなの?吉日なの?


天一天上と天赦日が重なると縁起的にはとても良いと言えます。

なぜなら、天一天上と天赦日はどちらも吉日だからです。

日本で吉日と言えば大安を思い浮かべる方が多いと思いますが、このような日の吉凶を占うもの(暦注と言います)は数多くあり、大安は六曜という種類の一つです。

天一天上と天赦日は同じ撰日という暦注の中の吉日。

吉日同士が重なると縁起の良さが倍増すると言われているので、天一天上と天赦日が重なる日はとても縁起が良いと言えるでしょう。

なお、天一天上は天一神という方位神が天に昇っている期間を指します。

天一神は地上にいる間は四方をそれぞれ5日間かけて巡っているのですが、天一神のいる方角に出向いたり、事を始めると祟りが起こると言われています。

しかし、天一天上は天一神が天にいるので、地上で凶方位が存在しません。

そのため、吉日となるのです。

一方の天赦日は、百神が天に昇り万物の罪を赦すという意味があります。

この日は何をしても神様が許してくれることから、何でも成功する日、上手くいく日という意味があり、暦の上で最上の大吉日になります。

天一天上と天赦日はどちらが良い日?


天一天上と天赦日はどちらが良い日なのか気になりますよね。

結論を言うと、天赦日の方が縁起の良い日になります。

先ほども触れた通り、吉日は暦注の種類によって様々にありますが、吉日の中で縁起の良さにおける順列は定かではありません。

ただし、大安は広く知られていることから、他の吉日よりも重要視されやすいという側面はあるでしょう。

それならば、どうして天一天上と天赦日を比べたら天赦日の方が良い日と言えるのでしょうか。

それには明確な理由があります。

数多くの暦注の中で、天赦日は最も縁起の良い吉日だからです。

天赦日は暦の上で最上の大吉日となります。

つまり、暦注の中で天赦日以上に縁起の良い日はないというわけです。

一方で天一天上は確かに吉日ですが、天赦日のような大吉日ではありません。

このようなことから、天一天上と天赦日を比べると天赦日の方が良い日ということがわかります。

2022年で天一天上と天赦日が重なる日は?


2022年で天一天上と天赦日が重なる日は次の通りです。

・6月10日

・8月23日

・10月22日

一年でたった3日しかない貴重な日と言えますが、天赦日は元々一年に5~6日しかないので、そう考えるとなかなかよい割合なのではないかと思います。

天一天上、天赦日のそれぞれの決め方も掲載しておきますので、参考までにご覧下さい。

天一天上の決め方

天一天上は日の干支が癸巳から戊申までの16日間です。

日の干支とは十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせのことで、全部で60通りあります。

昔はこの干支(十干十二支)を日付のようにして使っていました。



この中で、癸巳となる日が天一天上の始まりの日となり、戊申が天一天上の終わりの日となります。

60日で一周するので、およそ2ヵ月に一回の割合で天一天上が巡ってくることになります。

天赦日の日決め方

天赦日はまず、節切りと言って二十四節気の節気によって季節を分ける方法を用います。

二十四節気には立春や夏至、秋分、冬至などがありますが、その中で天赦日は立春から立夏の前日までの戊寅の日、立夏から立秋の前日までの甲午の日、立秋から立冬の前日までの戊申の日、立冬から立春の前日までの甲子の日になります。

なお、暦によってはそれぞれの日の干支が最初に来る日のみを天赦日としているところもあり、その場合は天赦日は年に4日しかありません。

最初の日と限定していない場合は、一年に5~6日ほどあるのが通常となります。

このように、天一天上と天赦日は決め方が違います。

2022年の場合は、1月、3月、11月にも天赦日がありますが、天一天上が重なっていませんでした。

この2つが重なる日というのは、とても貴重だということがわかりますよね。

天一天上の日をうまく活用する方法は?


天一天上の日をうまく活用する方法をご紹介します。

天一天上は吉日なので、あらゆることを行うのに良い日と言えます。

しかし、日本では知名度が低く、入籍や結婚式など特にお日柄を気にする行事においては、天一天上を日取りに選んでもあまり理解されないかもしれません。

天一天上は天一神が天にいるので凶方位が存在しない期間になります。

言い換えると、どこに行っても吉となる期間というわけです。

加えて天一天上は始まると16日間も縁起の良い日が続きます。

このようなことから、天一天上の日をうまく活用するなら長期間の旅行に行くのが良いでしょう。

また、天一神が天に昇ると、代わりに日游神という神様が地上に降りてくると言われています。

日游神は不浄を嫌うため、家などが汚れていると祟りを起こすと言われています。

そのため、天一天上の期間に旅行などをせずに家にいる場合は、丁寧に掃除をするタイミングと捉えるとよいでしょう。

家を綺麗にすると日游神に喜ばれて、運気が上がるかも知れませんよ。

天赦日の日をうまく活用する方法は?


天赦日の日をうまく活用する方法を考えてみました。

天赦日は暦の上で最上の大吉日です。

吉日の中で最も縁起の良い日のため、人生の節目と言うべき行事を天赦日に行うことができれば、最高の祝福を受けられそうな気がしますよね。

入籍や結婚式などのお祝い事は大安を日取りに選ぶ方が多いですが、可能であれば天赦日もお勧めと言えます。

天赦日は大安よりも知名度は低いものの、意味を説明すれば多くの方が「それはとても縁起が良い日だ」と思うでしょう。

そのような日に入籍や結婚式が行えるのは、とてもラッキーですよね。

なお、結婚式は会社などの都合もあり、天赦日に行うことができない場合も考えられますが、入籍日であれば比較的調整もしやすいのではないかと思います。

また、天赦日は神様がどのような罪も許してくれる日ですよね。

仲違いしたままの友達に思い切って連絡を取って謝罪をしてみるとか、この機会に謝りたい人へ連絡してみる切っ掛けにするのもよいかも知れません。

まとめ

天一天上と天赦日が重なると縁起が良いことがわかりました。

天一天上はおおよそ2ヵ月に一回の割合で16日間ある吉日。

一方の天赦日は一年に5~6日しかない貴重な吉日となっています。

そのため、天一天上と天赦日が重なる日は2022年では3日しかありません。

縁起の良さから天一天上と天赦日が重なる日にお祝い事などの日取りを決めたいと思っている場合は、スケジュールの調整などがかなり大変となりそうです。

天一天上と天赦日の縁起の良さを比べると、天赦日は暦の上で最上の大吉日であることから天赦日が上となります。

日取りで迷った時は覚えておくとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました