HOME

天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的にはどうなの?吉日なの?

天一天上と一粒万倍日が重なると、縁起的にはどうなのでしょうか?

天一天上と一粒万倍日はどちらも吉日ですが、吉日と吉日が重なると凶日になってしまうのか気になる方も多いですよね。

そこで今回は、天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的にどうなのかについて調べてみました。

2022年に天一天上と一粒万倍日が重なる日も併せてご紹介します。

スポンサーリンク

天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的にはどうなの?吉日なの?


天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的にはとても良いと言えるでしょう。

その理由は、天一天上と一粒万倍日は吉日だからです。

吉日と吉日が重なると凶日になってしまうのでは?と思うかも知れませんが、そのようなことはないので安心して下さいね。

天一天上は撰日という暦注(※)の吉日になります。

天一天上は天一神という方位を司る神様が天に昇っている期間のことを指します。

天一神は地上では四方を巡っていますが、天一神のいる方角は塞がりと言って凶方位になります。

そのため、天一神のいる方角に出向いたり、事を行うと祟りが起こると言われていました。

天一天上はその天一神が天にいるので、地上では凶方位が存在しなくなります。

このようなことから、天一天上は吉日となっています。

一方の一粒万倍日も撰日の一つで吉日になります。

一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われています。

それぞれ単独でも縁起の良い日となりますが、重なるとより縁起の良さが上がると言われていることから、天一天上もしくは一粒万倍日のみの日よりも、天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的にはさらに良い日と言えるでしょう。

(※)暦に掲載される吉凶占いのことで、日本では六曜がとても有名です。

天一天上と一粒万倍日はどちらが良い日?


天一天上と一粒万倍日はどちらが良い日なのか気になりますよね。

一粒万倍日は六曜の大安に匹敵するほど縁起の良い日と言われていますが、天一天上は大安などと比べられることはほとんどなく、吉日の中でも知名度が低いと言えます。

天一天上はあまり知られていない分、特別感があって縁起の良さを強く感じるという方もいるのではないでしょうか。

しかし、一方で日数を数えてみると、特別感は逆転します。

天一天上は日の干支が癸巳から戊申までの16日間になります。

おおよそですが、2ヶ月に一回の頻度で天一天上の期間が2週間ちょっと続きます。

これに対し一粒万倍日は、節切りと言って二十四節気の節気によって一ヵ月を分ける方法を利用しています。

二十四節気は季節を表すために使われていたもので、有名な節気には立春や夏至、秋分、冬至などがあります。

この二十四節気の中で、立春から啓蟄の前日までを正月、啓蟄から清明の前日までを二月、清明から立夏の前日までを三月として月を区切っていたのですが、その節気による月の中で一粒万倍日に当たる日の干支は次のように決まっています。

・正月 丑・午の日

・二月 酉・寅の日

・三月 子・卯の日

・四月 卯・辰の日

・五月 巳・午の日

・六月 酉・午の日

・七月 子・未の日

・八月 卯・申の日

・九月 酉・午の日

・十月 酉・戌の日

・十一月 亥・子の日

・十二月 卯・子の日

一粒万倍日は一ヵ月に5~6日ほど出現します。

一年を通じた日数で言うと天一天上の方が多いと言えますよね。

日数が多い分珍しさがなくなり、縁起の良さは下がると考える方もいるかも知れません。

日数の多さ・少なさが縁起の良さに関係するわけではありませんが、天一天上と一粒万倍日はどちらが良い日?という疑問については、受け取り方などが人それぞれのため、一概にこちらが良い日とは言えないでしょう。



2022年で天一天上と一粒万倍日が重なる日は?


2022年で天一天上と一粒万倍日が重なる日は次の通りです。

2月5日・10日・17日・22日

4月17日・20日

6月9日・10日・21日・22日

8月10日・15日・22日・27日

10月8日・11日・20日

12月12日・13日

天一天上の日をうまく活用する方法は?


天一天上の日をうまく活用する方法はあるのでしょうか?

天一天上は吉日のため、基本的には万事に良い日と言えます。

ただし、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りとして、天一天上を選ぶという方は少ないかも知れません。

天一天上が、日本では一般的に知られている大安よりもマイナーな吉日であることも理由の一つですが、それ以上に天一天上では移動を伴うことを行うのがよいとされていることがあるでしょう。

天一天上は天一神が天に昇っている期間。

凶方位がなくなるので、天一天上のご利益を十分に得るなら、旅行や引っ越しなど、移動をすることが良いと言われています。

また、天一神が天にいる間は、代わりに日游神という神様が地上に降りてくると言われています。

日游神は不浄をとても嫌うので、掃除を怠っていると祟りが起こると言われていることから、天一天上の期間は掃除をすると運気が上がるそうですよ。

天一天上の日をうまく活用するなら旅行などに出かけるか、家の掃除を丁寧に行うのがよいでしょう。

一粒万倍日の日をうまく活用する方法は?


一粒万倍日の日をうまく活用する方法を調べてみました。

一粒万倍日は吉日のため、基本的には万事に良い日となります。

大安と同等の縁起の良さと言われていることから、入籍や結婚式の日取りに選ぶ方もいるようです。

一粒万倍日には一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があるので、幸せがどんどん膨らむ、増えていきますようにという願いが叶えられる日と言われています。

また、一粒万倍日はお祝い事の日取りにもお勧めなのですが、お金に関することを行うと特に良い日と言われています。

例えば、宝くじを購入する、銀行口座を開設する、財布を購入したり使い始める、契約をする、新規開店をするなど。

これらを一粒万倍日に行うと、後にお金が大きくなって戻ってくると言われています。

宝くじの購入は大安が良いと言われていますが、一粒万倍日もその意味合いを考えると縁起の良い日ですよね。

なお、さらに縁起の良さを高めたいという方は、天一天上と一粒万倍日が重なるだけではなく、天一天上と一粒万倍日と大安が重なる日を選ぶそうです。

実際にこれら3つの吉日が重なる日はかなり稀と言えますが、ないことはないので、気になる方は是非とも探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

天一天上と一粒万倍日が重なると縁起的には良いでしょう。

天一天上も一粒万倍日も吉日のため、それぞれ単独の日でも縁起が良いですが、吉日と吉日が重なるとさらに縁起が良くなると言われているからです。

一粒万倍日に限らず、日の吉凶を占う暦注はすべて科学的根拠のない迷信ですが、昔から人々は人生において大事なことを決める時、その日の縁起の良し悪しを気にしてきました。

それは今でも風習として受け継がれていますよね。

今回ご紹介した天一天上と一粒万倍日も、誰もが必ず幸せになれる日というわけではありません。

しかし、特に何も考えずに銀行口座を開設した日よりも、日の吉凶や意味を調べ、一粒万倍日に銀行口座を開設した方がお金に対する気持ちの持ち方も変わりますし、何より目標達成に向けて頑張ろうという気構えができる気がしませんか?

単なる迷信に過ぎなくても、日の吉凶を知ることで丁寧に毎日を過ごせるのなら、様々な暦注も意味があることだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました