HOME

小満の意味や由来を教えて!2019はいつ?

小満の意味や時期について!

日本には、現在私達がカレンダーを見て知る「新暦」の他に、「旧暦」があるのをご存知でしょうか。

新暦とは、改暦が行われた場合の新しい暦のことを言いますが、一般的には地球が太陽の周りを回る周期を一年とした太陽暦のことを指します。

そして旧暦は、月の満ち欠けを一ヶ月とし、それを12ヶ月で一年と計算していたものです。

しかしそれでは季節のズレが生じやすかったため、農作業に関わる人々にとっては大変な問題でした。

そこで生まれたのが二十四節気で、元は中国から伝わったものです。

この二十四節気に雑節と呼ばれる区分けを取りいれたものが、日本の旧暦となります。

今のように、地球の周りを衛星が飛んでいたわけではない昔の時代には、二十四節気は種蒔きや収穫の目安になる重要な物だったのです。

「春分」「夏至」「小満」など、カレンダーには今も旧暦による二十四節気が記されていますが、現代に生きる方々でその意味を知っている人というのは一体どれくらいいるのでしょうか。



そもそも「小満」って何?

syouman3
小満は、「しょうまん」と読み、二十四節気の一つです。

二十四節気とは、太陽が見掛け上の通り道の分点である(春分秋分)と至点(夏至冬至)から出て再び戻ってくるまでの日数を24等分したもので、季節を春夏秋冬に区分するために使われていたものです。

現在は新暦ですので、旧暦を元にした二十四節気は実際の季節感とは大きく異なる場合もありますが、昔からの風習として今も日本に根付いているものです。



立春から始まる二十四節気は、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、そして小満と続き、小満は二十四節気の8番目となっています。

小満の意味や由来について

syouman4
小満には、「万物が満ち溢れ草木が繁る」という意味があります。

このことから、小満を迎える頃には田畑の実が成り始め、花や虫なども躍動する時期と捉えられています。

二十四節気をさらに約5日ずつ3つに分けたものを七十二候と言うのですが、小満の七十二候は、初候「蚕起食桑」次候「紅花栄」末候「麦秋至」となっています。

初候の「蚕起食桑」は孵化した蚕が桑を食べ始める時期と言う意味で、次候の「紅花栄」とは紅花が咲く時期、末候の「麦秋至」は麦が実る時期という意味です。

このように小満とは、命ある物が燦々と輝きを放つ時期を表しています。

小満の時期はいつ?

syouman2
小満は、太陽黄径が60度の時を言いますが、天文学上ではその瞬間を指し、暦の上ではそれが起こる日を指します。

毎年大体5月21日頃となっています。

また、5月21日頃だけを指すのではなく、次の節気である芒種の前日までの二週間程度を小満と表すこともあるようです。

 

芒種はいつ?意味や由来を教えて!

 

まとめ

よく、外国の方から「日本人は四季を大切にしていて素晴らしい」と言われることがありますが、昔の人は春夏秋冬だけではなく、季節を細分化して感じていたのだとわかります。

この素晴らしい風習は、これからもずっと継承していきたいものですよね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました