小寒とは? 2020はいつ?意味や由来を教えて!

小寒とは? 2020はいつ?意味や由来を教えて!

小寒の意味や時期について!

小寒は、「しょうかん」と読み、季節を表す言葉の一つです。

寒さの始まりという意味があり、テレビの天気予報などで俗に言う「寒の入り」は、小寒を指しています。

一方で、本格的な寒さではないという意味もあるようですが、実際にはこの時期になると寒さは厳しくなりますし、風邪やインフルエンザなどに罹る方も増えてくる時期です。

ところで、小寒にはそもそもどのような意味があるのでしょうか。

また、小寒の時期はいつからいつまでと決まっているのでしょうか。

そこで今回は、小寒について詳しく調べてみました。


Sponsored Link


小寒の時期はいつ?


小寒は、毎年1月6日頃、もしくは1月6日から次の節気である「大寒」までの期間を指します。

2020年は小寒は1月6日となっています。

1月6日頃と言えば、お正月の三が日も過ぎ、御馳走を食べて疲れた胃腸を労わる七草粥を食べる七草の節句(1月7日)が近いですよね。

七草粥は、凍りついた大地から芽吹く若芽を食べることで、その年一年の無病息災を願う日本の伝統行事です。

寒さが厳しくなるこの時期に七草粥を食べることで、冬に負けない英気を養っていたのかも知れませんね。

そもそも「小寒」って何?



小寒とは、二十四節気の23番目にあたる節気です。

小さい寒さと書くように、寒さが厳しくなり始める時期という意味がありますが、実際の1月5日頃はすでに寒さが本格化していると言ってよいでしょう。

なお、小寒から4日目を「寒四郎」と言い、この日の天気がその年一年の麦の収穫に影響があるとされており、麦の厄日とされています。

また、小寒から9日目に降る雨を「寒九の雨」と言い、この日に雨が降ると豊作の兆しがあるとされています。

小寒の意味や由来について

小寒とは、寒さが大きくはない、すなわちまだ本格的な寒さではない、という意味です。

小寒の日を以て寒の入りとされ、小寒から節分の前日までを寒の内(かんのうち)と言い、一年で最も寒い時期としています。

冬に出す寒中見舞いは、この小寒から節分までの間に出すもので、節分を過ぎた後に出す場合は寒中見舞いではなく余寒見舞いとなりますので注意しましょう。

また、空気が乾燥して気温が低下することから、インフルエンザにかかる方も増えてくる時期です。

カレンダーで小寒の文字を見つけたら、寒さに負けないようにしっかりと準備や心構えをしておくことも大切です。

まとめ

普段、何げなく目にするカレンダーに書かれている「小寒」を始めとした二十四節気の言葉ですが、その意味を知ると季節をより深く感じられる気がしませんか?

四季を感じるだけでも十分素敵なことですが、四季をより細分化した二十四節気もまた、次世代に伝えていきたい素晴らしい風習だと思います。

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)