HOME

天赦日に入籍すると縁起が良い?日取りの決め方や注意点!

結婚が決まると、入籍日はいつにするかカップルで話し合いますよね。

2人にとっての記念日やどちらかの誕生日など、日付に意味合いを持たせるカップルがいる一方で、吉日にこだわるカップルも少なくありません。

一般的に縁起の良い日として知られているのは大安ですが、実は大安以上に縁起の良い日が存在します。

それは天赦日です。

天赦日は暦の上で最上の吉日と言われているので、縁起にこだわりたいカップルにはお勧めの入籍日となります。

そこで今回は、天赦日の入籍について詳しく解説します。

入籍の日取りの決め方や注意点なども合わせてご紹介しているので、これから入籍日を決めようと思っているカップルの方々、必見の内容となっています。

スポンサーリンク

天赦日に入籍すると縁起が良い?


天赦日は、『百神が天に昇り、万物の罪を赦す』という意味がある吉日です。

天赦日は暦注下段という暦注(※)の一つですが、最も縁起の良い日、つまりは最上の吉日となります。

このようなことから、天赦日に入籍をするのは縁起が良いと言えるでしょう。

入籍などのお祝い事は縁起の良い日を希望する人が多いですが、日本では六曜の大安が吉日としてはとても有名のため、大安に入籍を希望するカップルはとても多いと言われています。

一方で天赦日は暦の上で最も縁起が良い日であるにも関わらず、知らない人も以外と多いので、入籍の日取りとしてはそこまで有名とは言えません。

大安の日は入籍をするカップルが多いので役所が混雑して、手続きまで待ち時間が発生することもありますが、天赦日なら知る人と知る吉日なので大安ほど混雑せず、手続きがスムーズに行えると言われています。

(※)暦に掲載される吉凶占いの総称。

日本で最も有名な暦注は六曜で、縁起の良い大安、縁起の悪い仏滅などがあります。

入籍するときの日取りの決め方や注意点


恋人同士の関係から夫婦になるべく、結婚を決めた2人。

両家への挨拶を計画し、入籍日はいつにしようか?と相談するものの、いつにしたらいいのか決まらずに困ってしまった・・という話は割とよく聞きます。

そこでここでは、入籍の日取りの決め方や注意点をご紹介します。

吉日に入籍する

今回取り上げている天赦日を始め、日本には様々な吉日があります。

六曜の大安、撰日の一粒万倍日など、お祝い事の日取りとして昔からふさわしいとされる吉日を選んで、入籍を行うカップルは多いです。

記念日に入籍する

2人が付き合い始めた日、プロポーズされた日、クリスマス、どちらかの誕生日など、記念日に入籍をするロマンチックなカップルも多いです。

語呂合わせで入籍する

11月22日のいい夫婦の日や、4月22日のよい夫婦の日など、語呂がよい日を選んで入籍をするカップルも増えています。

犬を通じて知り合ったカップルなら、1月11日のワンワンワンの日の入籍もいいですよね。

結婚式に入籍する

結婚式の当日に入籍を行うカップルもいます。

結婚式の日取りが2人にとって特別な日であったり、入籍してから結婚式を挙げたいなどの理由でこのようにするカップルがいるようです。

入籍日の日取りで注意すべき点

吉日に入籍を行う場合、寅の日は一般的には縁起の良い日になりますが、寅は千里の道を行って戻るとされることから、お金に関することは吉となるものの、結婚では出戻りをイメージするため避けた方がよいと言われています。

縁起の良い日に入籍を希望するなら、大安などの他の吉日と寅の日が重なっていないか、確認するようにしましょう。

天赦日以外に入籍に相性のいい吉日は?

大安

六曜という暦注の一つで、最も縁起が良い日になります。

六曜はよく知らないという方でも、大安が吉日ということは知っている方が多く、日本ではとても有名な吉凶日になります。



終日吉となる日のため、入籍は午前、午後を問わずに都合のよいタイミングで行うことができます。

一粒万倍日

撰日という暦注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になる、という意味があります。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われており、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りとして人気があります。

母倉日

天赦日と同じ暦注下段の一つで、母が子を育てるように天が人を慈しむ日という意味があり、暦注の中でも入籍や結婚式の日取りに特によい日と言われています。

入籍を避けた方がいい凶日は?

仏滅

六曜の中の一つで、最も縁起が悪い日になります。

仏も滅するほどの凶日という意味があり、入籍や結婚式などのお祝い事に限らず、納車や引っ越し、契約なども避けた方がよいと言われる一方で、最近は仏滅が元々物滅と書いていたことから、『一旦物が滅び、0から始まる』という意味に捉えられ、入籍や結婚式の日取りに向いているという見方がされるようになってきました。

とは言え、年配者の多くは仏滅に入籍や結婚式を行うことに否定的のため、家族や親戚に承諾が得られない可能性があります。

不成就日

撰日という暦注の一つで、言葉の通り、何も成就しない、成功しない日という意味の凶日です。

不成就日は、六曜の大安や撰日の一粒万倍日といった吉日と重なると、吉日の縁起の良さを半減させてしまうと言われています。

しっかりと縁起を担いで入籍をしたい場合は、吉日を選ぶだけではなく、不成就日などの凶日が重なっていないか確認するのがよいでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最も縁起の悪い大凶日になります。

葬式以外はすべて凶となるので、入籍の日取りとしてもふさわしくありません。

受死日は暦に●で記されることもあるので、黒日とも呼ばれています。

天赦日と他の吉日が重なると縁起はさらにいいの?


天赦日だけでも暦の上で最上の吉日となりますが、天赦日に他の吉日が重なると縁起の良さも重なって倍になると言われています。

中でも天赦日に一粒万倍日が重なると、最強の吉日と言われています。

天赦日は一年に5~6にしかない貴重な日ですが、一粒万倍日は大安と同じく一ヵ月に5~6日程度あるので、一年に1~2日は最高の吉日が訪れると言われています。

天赦日と凶日が重なった場合、入籍はどうしたらいいの?


天赦日は暦注すべての吉凶日の中で、唯一凶日の影響を受けません。

天赦日に不成就日や仏滅などの凶日が重なっていても、天赦日の縁起の良さが半減することはないので、入籍はとても縁起のよいタイミングで行うことができます。

とは言え、縁起にとことんこだわりたいという方なら、いくら天赦日であっても同日に凶日が重なっていることが気になってしまうかも知れません。

縁起が気になる方は、日の吉凶は吉日を重視するよりも凶日を重視した方がよい、という声もあります。

なぜなら人は「悪いこと」の方がどうしても気になってしまうからです。

例え天赦日であっても不成就日や仏滅が重なっているのが引っかかってしまう方は、大安など別の吉日で凶日が重なっていない日を選んだ方がよいかも知れません。

まとめ

天赦日は暦の上で最上の吉日になるので、入籍の日取りとしてとても向いている日と言えます。

また、天赦日以外の吉日は凶日が重なってしまうと、縁起の良さが半減すると言われていますが、天赦日はその影響も受けません。

なお、天赦日のみだけでも最高の縁起の良さになりますが、天赦日と一粒万倍日が重なるとその上を行く縁起の良さになると言われているので、「一年で一番縁起の良い日に入籍したい」という場合は天赦日と一粒万倍日が重なる日を狙ってみるのもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました