HOME

天赦日に財布を購入したり使い始めると縁起がいい?時間帯は?

財布を買い替えようかとお店へ行くと、「本日は天赦日です」とか「天赦日に財布を新調しませんか」などのポップ(広告やチラシ)を見かけたことはないでしょうか。

天赦日は吉日の一つですが、財布を購入することと何が関係しているのか気になりますよね。

そこで今回は、天赦日の財布の購入について調べてみました。

天赦日に財布を購入するとよいと言われている理由や、購入するのにお勧めの時間帯などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

天赦日に財布を購入したり使い始めると縁起がいい?


天赦日は、暦注下段という暦注の一つです。

暦注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いのことで、日本では六曜がとても有名です。

六曜をよく知らないという方でも、「結婚式は大安に」「友引の葬式は避ける」など主に冠婚葬祭の日取りを決める時に、六曜を用いた日取りの決め方を聞いたことがあると思います。

天赦日は六曜とは違う吉凶占いになりますが、暦の上で最上の吉日になります。

つまり、暦注の中では最も縁起が良い日になります。

天赦日は『百神が天に昇り、万物の罪を赦す』という意味がある日で、この日は何をしても許されることから、特に新しいことを始めるのに向いている日と言われています。

このようなことから、天赦日に財布を購入したり、使い始めると運気が上がってよいと言われています。

財布を購入する時や使い始める時に、その日の縁起の良し悪しが気になるという方は多いですが、大安や一粒万倍日などの吉日よりも天赦日が最も縁起の良いお勧めの日となります。

財布を購入したり使い始める時間帯はいつがいい?


暦の上で最上の吉日である天赦日に財布を購入したり、使い始めると運気が上がってお勧めと言われていますが、その際にもう一つ、購入する時間帯や使い始める時間帯に注意をすると、さらに運気を上げることができると言われています。

その時間帯とはズバリ、午後17時~23時までの夕方~夜です。

縁起を担ぐ時って何となくですが、朝早い時間帯の方がよい気がしますが、財布の購入や使い始めについては午後の遅い時間帯がお勧めとなります。

これは風水学による考え方で、お金の持つ金の気は、17時~23時の水の気の時間帯ととても相性が良いそうです。

そのため、財布は17時~23時の時間帯に購入したり使い始めるのがよいと言われています。

朝早い時間帯だと、仕事の都合やお店が空いていないなどの理由で購入ができないことがありますが、夕方なら仕事帰りに寄って購入することができますよね。

財布の購入や使い始めに縁起のいい吉日は?

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になる、という意味がある吉日です。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、新しいことを始めるのに向いている日ですが、特にお金に関することはお勧めの日取りとなります。

財布の購入や使い始めの他、宝くじの購入、銀行口座の開設などもよいでしょう。

大安

縁起が良い日と言われてすぐに思いつくのが大安ではないでしょうか?

日本では昔から大事な行事の日取りは、六曜の中で最も縁起の良い日である大安を選ぶことが多いと言われています。

そのため、財布の購入や使い始めにもお勧めの日となります。

寅の日

数ある吉日の中でも、特に金運が上がると言われているのが寅の日です。

寅は千里を行って千里を戻ると言われており、この日に使ったお金はすぐに戻ってくるとされることから、財布の購入や使い始めを寅の日にすると、使ったお金がすぐに戻ってくるとも言われています。

巳の日

巳とはヘビのことです。

ヘビは弁財天の遣いであり、財運アップの象徴とも言われているので、財布の購入や使い始めの日によいと言われています。



なお、巳の日は12日に一度巡ってきますが、己巳の日は60日に一度しか巡って来ないので、巳の日よりもさらに金運が上がると言われています。

財布の購入や使い始めを避けた方がいい凶日は?

不成就日

不成就日は撰日という暦注の一つで、言葉の通り何事も成就しない、成功しない日という意味があります。

凶日のため、財布の購入や使い始めの日取りには不向きとなります。

また、暦注は種類によって日の決め方が異なり、暦の上で六曜の大安と撰日の不成就日が重なることがあります。

吉日が凶日と重なると縁起の良さが半減してしまうと言われているので、しっかりと縁起を担ぎたい方は不成就日が重なっていないか、確認するのがよいでしょう。

財布の買い替えのタイミング!


気に入った財布はつい長い間使い続けてしまいがちですが、風水によると財布は3年以内に買い替えるのがよいと言われています。

これは、財布の持つ運は1,000日しか続かないからだと言われています。

「今の財布を使い始めてから、お金が貯まるようになった」「とにかく使い勝手がいい」などの理由で、気に入った財布はなかなか手放したくないものですが、どのような財布でも持っている運は1,000日で切れてしまいます。

運がなくなった財布を使い続けると、新しい運を呼び込むことができないので、財布は3年以内に買い替えるのがよいでしょう。

また、期間以外にも次のような財布は買い替えを検討した方がよいと言われています。

手垢や汚れがついた財布

財布はお金の家です。

家が汚れているとお金は落ち着けなくて、出て行こうとしてしまいます。

手垢や汚れは掃除をすることで綺麗にできるので、まずは手入れをしてみましょう。

レシートやポイントカードなどで溢れている財布

上記と同様の理由で、ごちゃごちゃした財布ではお金はゆっくりと休まることができません。

不要のレシートは捨てる、期限切れや長い間使っていないポイントカードは処分するなどして、財布の中は整理整頓しましょう。

整理整頓がしにくい財布であれば、お金にとても居心地が悪いので買い替えた方がよいかも知れません。

付録やおまけなどの安い財布

雑誌の付録やゲームの景品などについてくる財布は、安い材料や安い布を使用していることが多いですよね。

安い財布自体が悪いというわけではないのですが、どうしても扱いが雑になったり、「どうせ安物だから」という意識が働きがちでお金にとって居心地のよい場所とは言えません。

すみやかに買い替えた方がよいでしょう。

縁起の良い財布の選び方!

長財布がよい

三つ折りの財布は財布の中でお金が折れるため、お金が窮屈に感じて出て行きやすいと言われています。

お金にとって居心地のよい財布は、長財布と言われています。

金運アップの色を選ぶ

黄色やゴールド、緑色の財布は風水的に金運アップの効果があると言われています。

単色でも構いませんが、さらに金運を上げたいという方は緑色の革や布に、ゴールドのファスナーやチャームがついているものがお勧めです。

なお、一年に一回は財布を買い返るという方なら、その年の流行色の財布を使うのもよいでしょう。

ブランド財布

お金はお金のあるところに集まると言われているので、ノーブランドよりも高級ブランドの財布の方がお金が貯まりやすいと言われています。

ヘビ革やワニ革

金運をアップさせるなら布よりも本革の財布がよいと言われています。

中でも、ヘビ革とワニ革はお勧めです。

まとめ

財布を購入したり使い始めるなら、暦の上で最上の吉日である天赦日はとてもお勧めです。

ただし、天赦日は一年に5~6日しかない貴重な日のため、天赦日以外の一粒万倍日や大安、寅の日、巳の日なども参考にしてみるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました