HOME

天赦日に引っ越しをすると縁起がいい?日取りの決め方は?

引っ越しをする理由は様々にありますが、多くの場合、人生の節目や転機となる出来事に関係しているのではないでしょうか。

進学、就職、結婚、離婚・・など。

そのため、引っ越しの日は縁起の良い日に行って、運気をアップさせたいと思う方が多いと言われています。

一般的に縁起の良い日として知られているのは大安ですが、実は大安よりも縁起の良い吉日があることをご存知でしょうか。

それは天赦日です。

聞いたことがないという方もいるかも知れませんが、天赦日は暦の上で最上の吉日。

そんな天赦日に引っ越しをすると縁起が良いのか気になりますよね。

そこで今回は、天赦日の引っ越しについて調べてみました。

スポンサーリンク

天赦日に引っ越しをすると縁起がいい?


天赦日は、暦注下段という暦注の一つです。

暦注とは暦に掲載される吉凶占いのことで、天赦日は数ある暦注の中で、最も縁起の良い吉日になります。

『百神が天に昇り、万物の罪を赦す』という意味があり、この日は何をして許される=何をしても上手くいくと解釈されています。

特に新しく何かを始めることはよいと言われているので、住まいや環境が変わる引っ越しを天赦日に行うのは縁起が良いと言えるでしょう。

ただし、引っ越しは日の吉凶よりも、「吉方位」であることの方が重要と考える人もいます。

方位の吉凶は月や日によって異なり、また人によっても違うと言われています。

そのため、例え日の吉凶で最上の吉日である天赦日に引っ越しをしても、方位が良くないと意味がないと考えることもあります。

引っ越しの日取りの決め方は?


現在の日本では、暦注下段よりも六曜の方が日の吉凶を決める時に重要視される傾向があります。

六曜とは何?と思うかも知れませんが、「結婚式は大安に」「友引の葬儀は避ける」と言った具合に、主に冠婚葬祭の日取りを決める時には欠かせない暦注です。

六曜をよく知らないという方でも、お祝い事の日取りは大安を選ぶことが多いのではないかと思います。

本人が知らなくても年配者の助言や、結婚式場で教えてもらったという声を多く聞きますよね。

引っ越しはお祝い事ではないものの、人生の節目や転機と考える方も多いので、縁起の良い大安に行いたいと思う方が多いです。

そのため、必然的に大安は引っ越しの予約で埋まりやすく、地域や時期によっては一年前くらいに予約をしないと、希望の日に引っ越しができないこともあるようです。

とは言え、一年も前に引っ越しすることが決まっている人は少ないですよね。

そうなると、必ずしも大安に引っ越しができなくなる可能性もあります。

その場合は、大安以外にも友引や先勝などの吉日を、日取りの候補として早い段階で考えておくことが必要です。

引っ越しがピークの時期になると、大安以外の吉日の予約もなかなかできなくなるので注意をして下さい。

天赦日以外に引っ越しに縁起のいい吉日は?


天赦日は暦の上で最上の吉日ですが、そこまでの縁起の良さとはいかないものの、他にも引っ越しにお勧めの吉日があります。

そこでここでは、天赦日以外に引っ越しに縁起の良い吉日をご紹介します。

大安

六曜の中で最も縁起の良い日です。

大いに安しが語源で、この日は何をしても上手くいくという意味があります。

また、一日を通じて吉となるので引っ越しのタイミングに悩むこともありません。

午前、午後と都合のよい時間に引っ越しを行うことができます。

友引

六曜の中で大安に次いで縁起の良い日ですが、午前11~午後1時のみ凶となります。

そのため、この時間帯から引っ越しの作業を始めると、運気が下がってしまいます。



友引に引っ越しをするなら、午前11時前からか午後1時以降に始めるとよいでしょう。

先勝

六曜の中の吉日の一つで、先んずればすなわち勝ちの意味になり、午前中は吉、午後は凶となる日です。

六曜では午後2時までが午前となるので、縁起のよいタイミングで引っ越しをするなら午後2時までに作業を始めましょう。

なお、作業を午後2時前に始めれば、午後2時を過ぎて作業が続いていても、良い運気を引っ張っているので問題がないと言われています。

一粒万倍日

撰日と言う暦注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味のある吉日です。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われているので、引っ越しにもお勧めの日となります。

引っ越しを避けたほうがいい凶日は?

赤口

六曜の中の凶日の一つです。

午前11~午後1時のみ吉に転じますが、赤という字が血や火を連想させ、刃物による怪我や事故、火事などに注意をする日と言われていることから、引っ越しの日取りとしてはふさわしくありません。

縁起を担いで引っ越しをしたい場合は、赤口は避けた方がよいでしょう。

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日です。

仏も滅するほどの凶日という意味があり、お祝い事はもちろん、引っ越しも避けた方がよいと言われています。

しかし最近は、仏滅が元々、物滅と書いていたことから、「一旦物が滅びて0になり、新しく始まる」と解釈されるようになり、心機一転の引っ越しにはむしろ向いていると捉える人もいます。

そのため、凶日とは言え、一概に引っ越しを避けた方がよいとは言えない部分もあります。

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り、何も成就しない、成功しない日という意味のある凶日です。

縁起を担いで引っ越しをしたい場合は、避けた方がよいでしょう。

また、暦注は種類ごとに吉凶の決め方が違うため、六曜では大安(吉日)でも撰日では不成就日(凶日)と言うこともあり得ますが、天赦日と凶日が重なった時に限って凶日の影響を受けることなく、縁起の良いタイミングで引っ越しができます。

引っ越しの料金が安い日や時期は?


縁起の良し悪しは一切気にならず、とにかく少しでも料金が安い日に引っ越しをしたいという方もいますよね。

さきほども触れた通り、大安は引っ越しの日取りとして人気があるため、料金も割高となっているケースがほとんどです。

それに対し、赤口や仏滅は大安に比べて予約が埋まりにくいので、料金を割り引きしている業者も少なくありません。

また、吉凶だけではなく、曜日によっても引っ越し料金が変わる場合があります。

会社や学校などの休みが多い土日は、一週間の中で料金は高めに設定されています。

それに対し、週の中日である火曜、水曜、木曜は料金を安めに設定しているところが多いです。

さらに、一年の中で最も引っ越し料金が安くなるのは、11~12月の半ばと言われています。

この時期は転勤に伴う引っ越しが少ないことや、大学の秋入学に伴う引っ越しが落ち着くため、引っ越しの件数が減ります。

そのため、引っ越し料金も安く設定されていることが多いようです。

ただし、12月の中旬以降になると、新年を新居で過ごそうと考える方が多くなり、引っ越しの件数も増えてくるので料金が高くなります。

このようなことから、11~12月の半ばの火曜、水曜、木曜で、さらに赤口か仏滅になる日を選ぶと、一年の中で最も引っ越し料金を安く抑えることができそうです。

まとめ

天赦日は数ある暦注の中で、最上の吉日になります。

そのため、天赦日に引っ越しをするのはとても縁起が良いと言えるでしょう。

ただし、引っ越しの吉凶は日よりも方位で考えた方がよい、という意見もあります。

新しい出発となる切っ掛けが引っ越しの場合は、いつもより縁起が気になってしまうという方も多いですよね。

吉日を選ぶだけではなく、引っ越し先が吉方位かどうかも確認するとよいでしょう。

なお、吉方位は年や月で変わるので、必ず最新の情報を調べるようにして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました