HOME

母倉日と天赦日どっちが縁起がいい?

母倉日と天赦日はどっちが縁起がいいのでしょうか。

入籍や結婚式などのお祝い事を始め、引っ越し、契約などでは日取りが気になる方も多いと思います。

一般的に縁起の良い日として知られているのは大安ですが、実は大安以外にも多くの吉日があり、母倉日と天赦日もその一つ。

それでは、母倉日と天赦日ではどちらの方がより縁起が良い日なのでしょうか。

そこで今回は、母倉日と天赦日の縁起について調べてみました。

スポンサーリンク

母倉日と天赦日どっちが縁起がいい?


母倉日と天赦日はどっちが縁起がいいのか気になる方も多いでしょう。

母倉日と天赦日は暦注下段という暦注(暦に掲載される吉凶占い)の吉日になりますが、それぞれ意味が違います。

母倉日は『母が子を育てるように天が人を慈しむ日』であり、基本的には万事に吉となる縁起の良い日。

しかし、その意味合いから特に婚礼関係は縁起が良い日として知られています。

一方の天赦日は『百神が天に昇り万物の罪を赦す』という意味があり、この日は何をしても神様が許してくれることから、何でも成功する日と言われています。

天赦日は暦の上で最上の大吉日であり、天赦日以上の吉日はありません。

このような意味を含めて、母倉日と天赦日のどっちが縁起がいいのか見ていきましょう。

入籍や結婚式の場合

入籍や結婚式では天赦日の方が縁起が良いと言えます。

天赦日は暦の上で最も縁起の良い日になるので、天赦日に勝る吉日は存在しません。

そのため、最高に縁起の良い日に入籍や結婚式をしたいという方は天赦日を日取りに選ぶのがよいでしょう。

ただし、天赦日は一年に5~6日しかない貴重な日となります。

入籍や結婚式を天赦日にするなら、事前の調整が十分に必要と言えるでしょう。

なお、母倉日も万事において吉となる日です。

特に婚礼関係は他の吉日と比べて、縁起が良いと言われています。

天赦日には劣ってしまうものの、母倉日の入籍や結婚式もとても縁起が良いと言えますよ。

商売を始める場合

商売を始める時は天赦日の方がお勧めです。

天赦日は暦の上で最上の大吉日になります。

そのため、吉日の中でも最高に縁起が良い日である天赦日を選ぶのがよいでしょう。

ただし、母倉日が悪いということはありません。

母倉日も万事に縁起の良い日なので、商売を始める日としてふさわしいと言えます。

また、天赦日以外の他の吉日と比べると、商売を始めたり開業したりする日として母倉日はお勧めと言われていますよ。

あくまでも母倉日と天赦日を比べたら、天赦日の方がより縁起が良いということです。

引っ越しする場合

引っ越しをする場合でも、縁起の良さで比べるなら母倉日よりも天赦日の方がよいと言えます。

天赦日以上に縁起の良い吉日がないので、母倉日に限らず他の吉日であっても天赦日よりも引っ越しにお勧めの吉日はありません。

契約を結ぶ場合

契約を結ぶ場合も縁起の良さであれば天赦日が一番です。

天赦日は暦の上で最上の大吉日。

縁起の良さでは天赦日に勝る吉日はありません。

母倉日と縁起の悪い日が重なると?


母倉日と縁起の悪い日が重なると、縁起の良さはどうなるのでしょうか?

縁起の良い日(吉日)と縁起の悪い日(凶日)が重なると、凶日の縁起の悪さによって吉日の縁起の悪さが下がってしまうと言われています。

しかし、母倉日においては、受死日(黒日とも言います)以外の凶日であれば、凶日の縁起の悪さを打ち消すことができるので、凶日の影響を受けることなく縁起の良さを保てると言われています。

なお、縁起の良い日と縁起の悪い日が重なってしまうのはどうしてなのか不思議ですよね。

日本における吉日や凶日は、六曜という暦注の知名度が抜群に高く、一般的に吉日と言えば六曜の大安、凶日と言えば六曜の仏滅を指します。



しかし、暦注は六曜以外にも今回ご紹介している母倉日や天赦日が含まれる暦注下段、十二直、二十八宿など種類が様々にあります。

そして、暦注の種類ごとに日の吉凶の決め方が違います。

そのため、日によっては六曜の大安(吉日)と撰日の不成就日(凶日)が重なってしまうことがあるのです。

また、重なるのは吉日と凶日のみとは限りません。

吉日と吉日と凶日、吉日と凶日と凶日、吉日と吉日と吉日と凶日・・のように、暦注の種類の数だけその日の吉凶があるので、同日に複数の吉日や凶日が重なることがあります。

母倉日に行うと縁起のいいこと!


母倉日に行うと縁起のいいことをご紹介します。

母倉日は万事に縁起の良い日なので、基本的にはお祝い事の日取りに向いています。

中でも婚礼関係の縁起が良いので、入籍や結婚式、結納などの日取りとしてふさわしいと言われています。

また、家を建てたりリフォームをする、引っ越しをすると言った住まいに関係することも、母倉日に行うと縁起が良いと言われています。

結婚と住まいは密接に繋がっているので、このように解釈されるようですね。

ただし、母倉日は六曜の大安に比べて知名度が低いので、入籍や結婚式の日取りに選んでも、六曜を重んじる方から「大安に日付を変更しなさい」とアドバイスを受けることがあるかも知れません。

その点は事前に注意をしておいた方がよいでしょう。

場合によっては、入籍や結婚式の日取りは大安以外は認めないという両親世代、祖父母世代もいらっしゃるので、母倉日に入籍や結婚式を行う時は理解や納得を得ておくことが必要になるかも知れませんね。

さらに、母倉日は「万物が生じて繁栄する吉兆の日」という意味があるとも言われています。

そのため、契約や開業、宝くじの購入、財布の新調や使い始めなど、お金を増やすための事柄を行うと縁起が良いと言われています。

母倉日に行うと縁起の悪いこと!


母倉日に行うと縁起の悪いことを調べてみました。

広く吉日であることが知られている六曜の大安は、地域などによっては葬儀を行うのは縁起が悪いと考えられています。

これは、大安に葬儀を行うこと自体が縁起が悪いというわけではなく(大安は何をしても良い日とされるので、葬儀を行っても構いません)、あくまでも『大安という縁起の良い日に、故人を偲ぶことが縁起が悪い』と捉える方が多いという意味です。

しかし、母倉日は大安のように知名度がある吉日ではないので、多くの場合はその日が母倉日だと知らずに葬儀を行っているでしょう。

そのため、母倉日に葬儀をするのは縁起が悪いと言われることは、まずないと言えます。

この他に母倉日に行うと縁起の悪いこととして挙げられる事柄は見受けられなかったので、母倉日に行うと縁起の悪いことは特にないと言えそうです。

とは言え、一般常識として「今日は母倉日(吉日)だから何をしてもいい」とはなりません。

罪を犯せば処罰されますし、ギャンブル運が良くなるわけでもないので、無謀な賭けをするのは絶対に止めましょう。

まとめ

母倉日と天赦日のどっちが縁起がいいのか調べてみました。

結果は暦の上で最上の大吉日となる天赦日が、どのような事柄においても母倉日に勝り、縁起が良いと言えることがわかりました。

しかし、母倉日は婚礼関係や住宅の建築、リフォーム、引っ越しについては、天赦日よりは劣るものの他の吉日と比べて、縁起が良いことが判明しました。

また、母倉日は凶日と重なっても受死日(黒日)以外であれば、影響を受けることなく、縁起の良い日として過ごすことができることもわかりましたよね。

もし仮に重要な事柄の日取りに仏滅などの凶日があっても、その日に母倉日が重なっていれば凶日の縁起の悪さを気にすることなく、日取りとして選ぶことができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました