HOME

傘寿祝いは何歳でするの?数え年?満年齢?正しい読み方は?

傘寿祝いは何歳でするのでしょうか、数え年?満年齢でしょうか?正しい読み方が知りたいですよね。

身内に傘寿を迎える方がいると、お祝いはいつしようかと悩むもの。

そもそも傘寿祝いは何歳に行うのか、傘寿は何て読むのかなど、よくわからない方も多いと思います。

年齢の数え方には数え年と満年齢があるので、昔から伝わる風習なら数え年で行うのが正しいのか気になるでしょう。

そこで今回は傘寿祝いについて調べてみました。

スポンサーリンク

傘寿祝いは何歳でするの?数え年?満年齢?


傘寿祝いは80歳に行う長寿祝いです。

傘寿祝いを始めとした長寿祝いの起源は中国とされ、日本には伝わったのは室町時代。

ただし、長寿祝いとして中国から伝わったのは60歳を祝う還暦と70歳を祝う古希で、77歳を祝う喜寿以降は日本が発祥の長寿祝いと言われています。

つまり、傘寿も日本で生まれた長寿祝いの一つということになりますね。

長寿祝いでは、還暦以外は数え年で数えるのが習わしとなっていますが、それは、昔は数え年で年齢を数えるのが当たり前だったからです。

しかし、満年齢で年齢を数えるのが主流となっている今では、満年齢の80歳でお祝いするケースも増えています。

年齢の数え方が数え年から満年齢へと法律が変わったのが昭和25年(1950年)になります。

当時0歳だった方は今年(2022年)で72歳になりますよね。

あと8年で傘寿を迎えますが、生まれた時から満年齢だったので満年齢に親しんでいる方がほとんどでしょう。

そのため、今後はますます、数え年よりも満年齢で傘寿のお祝いをする方が増えると言われています。

傘寿の正しい読み方


傘寿は「さんじゅ」と読みます。

「かさじゅ」と読んでしまう方が多いのですが、正しくは「さんじゅ」です。

なぜ傘寿と言うのかと言うと、傘の略字体である「仐」が漢数字の八と十に似ているから。

こうして80歳のお祝いは傘寿(さんじゅ)として始まったと言われています。

昔の日本は平均寿命が40~50歳でしたが、現在は平均寿命が70歳代です。

そのため、60歳の還暦や70歳の古希は昔のような長寿祝いとは言えないという声も多く上がっているようです。

77歳の喜寿や80歳の傘寿を以て、現代の長寿祝いと言えるのかも知れませんね。

傘寿祝いで喜ばれるお祝いの仕方


傘寿祝いでどのようなお祝いをしようか、家族や親族と打ち合わせることが多いと思います。

しかし、傘寿祝いを行う時は何より傘寿を迎える方の気持ちや体調を優先することが大切です。

いくら家族や親族が「盛大な場を設けよう」と考えても、本人にその気持ちがなければ無理をさせてしまうことになりますよね。

傘寿祝いで多いのは食事会です。

ただし、食事会を開くとしても、自宅でごく近しい身内だけ集めてゆっくりと行いたいのか、遠方の親戚も呼んでレストランや料亭で華々しく行いたいのか、本人の希望を確認するようにしましょう。

また、元気で外出が好きな方なら旅行を計画してみるのもよいかも知れません。

もちろんこの場合も、近場の旅館に一泊なのか、遠出で二泊三日にするのかなど、旅行の内容については本人と具体的に話し合う必要があります。

どんな贈り物が喜ばれる?


傘寿祝いのプレゼントとして人気なのは「傘」です。

傘寿に傘と言う字が入っているので、お祝いにふさわしいプレゼントと言えますよね。



しかし、80歳となると雨の日に外出をする方は少なく、実際にほとんど使わないという方も多いようです。

そこで、夏に活躍する日傘も兼ねた傘にすると使い勝手が良くなりますよ。

また、お祝いの品としては定番の花も、傘寿祝いのプレゼントとして人気です。

長寿祝いにはそれぞれテーマカラーがあり、傘寿は濃い黄色(金色)と言われています。(※)

鮮やかで元気が出る黄色の花をメインとした花束を贈るのも良いですし、華やかでお祝いにふさわしい胡蝶蘭も贈られると嬉しい花と言われていますよ。

(※)地域によっては「紫」がテーマカラーのところもあるようです。

お祝いの金額相場はどのくらい?


傘寿祝いの金額相場は5,000~30,000円となっています。

ただし、傘寿を迎える方との関係などで金額はかなり変わるので、上記の金額はあくまでも目安と考えて下さい。

傘寿を迎える方があなたの両親の場合、お祝いの金額相場は20,000~30,000円になります。

これは自宅での食事やプレゼント(品物)にかける金額が中心であり、高級レストランや料亭で複数の親族を招いての食事会となると金額は大きく変わります。

高級レストランや料亭ではランチで1人5,000~10,000円、ディナーであれば1人10,000~20,000円が予算となるケースが多いので、例えば家族5人分となると25,000~100,000円になりますよね。

次に、傘寿を迎える方があなたの祖父母の場合は10,000~20,000円程度、親戚や知人は5,000~10,000円程度が相場になります。

なお、傘寿祝いにプレゼントや食事ではなく現金を包むこともあるでしょう。

その場合は上記の金額が一般的な相場になりますが、年配の方に目下からお金を贈るのは失礼にあたるという考え方もあります。

どうしても品物が決まらない時は、現金ではなくカタログギフトを贈るとよいかも知れませんね。

もらって嬉しい傘寿祝いのメッセージ例文!


傘寿祝いには食事やプレゼントだけではなく、必ずメッセージを添えてみましょう。

普段は恥ずかしくて言えない言葉も、傘寿祝いという特別な日なら伝えられそうですよね。

ここでは、傘寿祝いにもらって嬉しいお祝いの言葉やメッセージを集めてみました。

文例を参考に、あなたの思いを込めたオリジナルの文章を作成してみましょう。

「お父さん 傘寿のお誕生日おめでとうございます。私が今、元気にやっていけるのはお父さんのおかげです。家族のために仕事を頑張ってくれたお父さんの背中を思い出しては、お父さんのような頼りがいのある父になることを目標に頑張ってきました。第二の人生を満喫中のお父さん。これからも明るく、趣味を楽しんで過して下さいね。」
「お母さん 傘寿おめでとうございます。お母さんがいると家の中が明るく賑やかで嬉しいです。これからも健康第一で長生きしてね。定年退職したら私も趣味のカラオケに連れて行って下さい。」
「おじいちゃん 傘寿おめでとう。仕事でなかなか会いに行けないけど、電話でおじいちゃんと話すたびに元気をもらっています。今度休みになったら会いに行くから、一緒に釣りに行こうね。ずっと元気で長生きして下さい。」
「おばあちゃん 傘寿おめでとう。お洒落が好きなおばあちゃんは、80歳とは思えないほど肌も髪もツヤツヤで綺麗だよね。自慢のおばあちゃんだよ。私もおばあちゃんみたいな素敵なおばあちゃんを目指して頑張ります。」

まとめ

傘寿祝いは80歳で行う長寿のお祝いです。

長寿祝いは本来数え年で行いますが、近年は満年齢で行うことが多くなっており、どちらで行っても問題はありません。

傘寿を迎える方の希望や体調を考慮して予定を組むのがよいでしょう。

傘寿は「さんじゅ」と読み、傘という文字が入っているので傘をプレゼントすることが多いですが、あまり外出をしない方であれば別のプレゼントを用意した方がよいでしょう。

プレゼントに選ぶ品物が決められない時はカタログギフトがおすすめです。

「何が欲しい?」と本人に欲しいものを尋ねてもOKですよ。

サプライズ的なお祝い方法よりも、予定を含めて本人に確認をとりながら無理なく決めていくのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました