HOME

大安に結婚式をする理由はなに?縁起がいいからだけ?

大安の結婚式について!メリット・デメリットを紹介!

結婚式を行うなら「大安」がよいと思っている人は多いですよね。

でも、どうして大安に結婚式をするのがよいと言われているのでしょうか。

その理由を知りたいと思っている人も多いと思います。

また、大安の中でも特に縁起が良い時間帯はあるのでしょうか?

そこで今回は、大安の結婚式について調べてみました。

大安に結婚式が多い理由や、大安に結婚式を行うメリット、デメリットなどをご紹介します。



大安に結婚式をする理由は?


大安に結婚式を行う人が多いのは、大安が縁起が良い日だからです。

大安は、中国から伝わった六曜と呼ばれる暦注の一つなのですが、大安はその中で最も縁起が良い日となっています。

より具体的に言うと、六曜には大安の他に、先勝、先負、友引、赤口、仏滅の計6つがあります。

先負や赤口はあまり聞いたことがなくても、六曜の中で最も縁起の良い大安、そして最も縁起の悪い仏滅は聞き馴染みのある言葉だと思います。

六曜は鎌倉時代後半から室町時代にかけて日本に伝わったとされていますが、庶民に広く知れ渡ったのは江戸時代に入ってからと言われています。

また、当時の六曜は一日を6つに分けた時間の吉凶を表すものだったと言われていますが、それがいつしかその日の吉凶を占うものに変わっていったと言われています。

このように、時代によってはその意味を変化させてきた六曜ですが、江戸時代以降は日本の慣習として定着し、「お祝い事を行うなら縁起の良い大安」というのが一般的になったと言われています。

結婚式を大安にすると縁起がいい?


結婚式を大安に行うと縁起が良いというのは、あくまでも六曜での話です。

しかしその六曜自体には科学的根拠はなく、明治時代には政府が「六曜は単なる迷信」として使用を禁止した経緯があります。

そのため、六曜を信じていない人や知らない人にとっては、「今日は大安だから縁起が良い」と言われても何の意味も持ちません。

とは言え、六曜に基づいた日取りの決め方は、日本で長く行われていることも事実です。

普段は六曜を気にしないという方でも、お祝い事の予定を立てる時は縁起が良い大安を選びたくなるのが心情ではないでしょうか。

また、参列者の中にも「結婚式は大安にするもの」と思っている人も多くいます。

結婚式は結婚する当人はもちろんのこと、参列者にとっても幸せなことであるため、できるだけ縁起が良い日にしたいというのは誰もが思うことではないかと思います。

大安に結婚式をするメリット!


縁起の良い大安は、結婚式の予約が殺到しやすいため、早い段階で結婚式場に出向いて予約をとるのが大事だと言われています。

では、そのようなちょっと大変な思いをしてまで、大安に結婚式を挙げるメリットは何があるのでしょうか。

縁起がいい

大安に結婚式を挙げる最大のメリットは、縁起が良いと言うこと。

普段は縁起なんて気にしないという方でも、縁起が悪い日に結婚式を行うよりも、縁起が良い日に結婚式を挙げたいと

思うのはごく自然なことですよね。

親や親戚から安心される

結婚式を行う世代よりも、その親や祖父母の世代の方がより六曜に馴染みが深いため、いくら本人同士が「日取りは気にしない」と言っても、親や祖父母にとっては「せっかくの晴れの日なのに・・」と納得がいかないケースが多いでしょう。

そのため、最初から大安に決めて結婚式の日程を調整することは、日取りに関するトラブルを回避することができますし、ある意味で親孝行にも繋がると言えます。



大安に結婚式をするデメリットは?


ここまで聞くと、結婚式は大安以外に考えられない!と思ってしまいますが、それでは大安に結婚式を行うにあたってデメリットはないでしょうか。

式場を押さえにくい

人生の晴れ舞台を縁起の良い日にしたいというのは、結婚を控えている誰もが思うことです。

当然ながら結婚式の予約は大安に殺到し、特に土日と重なるとなれば、半年、1年前に予約をしにいっても取れないことも稀ではありません。

そのようなことから、一般的に結婚式の準備を始めるのがよいとされている9か月前に式場の下見に行っても、それでは遅いということもあるのです。

人気の式場であれば1~2年先まで予約で埋まっていることもあるので、絶対大安に結婚式をしたい場合は早め早めに動いて予約をするようにしましょう。

料金が割引価格にならないことが多い

六曜の中で縁起が悪いと言われている仏滅や赤口は、結婚式の予約が埋まりにくいこともあり、式場によって割引サービスをしてどうにか予約を埋めようとしているところもあるようです。

しかし、大安はすぐに予約が埋まってしまうほど人気のため、そのようなサービスを実施しているところはほとんどありません。

日程が違うだけで同じ内容なのに料金が違うなんて・・と思ってしまう方にとっては、大安の結婚式の挙式費用が逆に割り増しに感じてしまうかも知れませんね。

おすすめの時間帯はいつ?


大安は終日吉日となっているので、結婚式はいつ行っても縁起に左右することはありません。

そのため、自分達の思い描くプランで結婚式を行うことができます。

自然の中で開放的な結婚式を楽しみたいというのであれば、日中の穏やかな日差しを浴びて行うガーデンウエディングがお勧めです。

また、これとは逆に仕事などで日中は参列できない人が多いという場合に、最近人気になっているのがナイトウエディング。

文字通り夜に行う結婚式ですが、昼間とは違う幻想的で大人の雰囲気の中で結婚式を行うことができます。

なお、大安の以外の六曜では吉とされる時間帯が決まっていて、それ以外に結婚式を行うと凶となってしまうので注意が必要となります。

大安以外の六曜の、吉の時間は次の通りとなります。

・友引

11~13時が凶となっていますが、それ以外は吉となり、大安に次いで縁起が良いと言われている日です。

友を引くという意味から、参列した友人や知人に幸せのお裾分けができると言われています。

・先勝

先ずれば勝ちの意味から、午前中が吉、午後から凶となっています。

六曜の解釈では午後は14時からとなっているので、それまでに結婚式を終わらせるか、もしくは14時までに結婚式が始まれば、14時を過ぎて終わっても問題はないと言われています。

・先負

先ずれば負けの意味から、午前は凶、午後から吉となっています。

一般的な結婚式は夕方から始まることが多いので、先負であれば特に問題がないと思います。

・赤口

11~13時のみ吉となっていますが、仏滅に匹敵する凶日と言われているので、お祝い事は避けた方がよいと言われています。

・仏滅

六曜の中で最も縁起が悪い日となっており、終日凶日のため結婚式などには不向きと言われています。

ただし最近は、「すべてが滅びて何もなくなり、0からのスタートとなる」という解釈から、あえて仏滅に結婚式を行うカップルも増えています。

まとめ

大安は六曜の中で最も縁起が良いと言われているため、結婚式の日取りとしてとても人気があります。

そのため、式場の予約は早めに行わないと希望の日に取れない場合があるので注意しましょう。

また、大安は一日中吉日となっているので、時間帯を気にして結婚式を行う必要はありません。

自分達の希望するプランに合わせて、午前、午後、夜と好きな時間に結婚式を行っても縁起に影響することがなく、安心してプランを練ることができるでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました