お彼岸の意味や由来!お供えは何が良いの?

お彼岸の意味や由来!お供えは何が良いの?

お彼岸の由来や意味とお供え物!

お彼岸にはお墓参りをするという方は多いと思います。

しかし一方で、お彼岸にお墓参りをする理由を知っている方は以外と少ないのではないかと思います。

また、お彼岸とはそもそもどのような意味があるのでしょうか。

日本には「日本らしい」と思える数多くの風習がありますが、現代に生きる私達はそれらを行う理由や由来についてまではあまり詳しく知りません。

勿論、理由や由来など知らずとも、お彼岸に先祖供養に訪れることである程度は成し遂げられているのかも知れません。

ですが、せっかく日本人に生まれたのですから、一つ一つの行事の意味を知ることは大切なのではないかと思うのです。

そこで今回は、お彼岸の由来や意味について詳しく調べてみたいと思います。


Sponsored Link

お彼岸の意味や由来は?

hignim2
彼岸(ひがん)は仏教用語です。

サンスクリット語のパーラミター(波羅蜜多)が語源とされており、パーラミターとは到彼岸、つまりは煩悩や悩みを越えて到達する悟りの境地のことを言います。

逆に、煩悩や悩みに溢れた私達が住む世界を此岸(しがん)と言い、此岸にいる者が「布施」「持戒」、「忍辱」、「精進」、「禅定」、「智慧」の6つを修業することで、彼岸に行くことができるとされています。

ちなみにこの6つの修業を『六波羅蜜』と言います。

また、仏教の西方極楽浄土の教えにより、十億万仏土先の西方には阿弥陀如来がいるとされる浄土がある、言われていることから、太陽が真東から昇って真西へ沈む春分・秋分の日を中日として前後3日計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に修業をするのがよいとされていたのです。

 

お彼岸はいつ?春のお彼岸・秋のお彼岸の期間は?

 

お彼岸とお盆の違いを詳しく教えて!何が違うの?

 

なぜ、お彼岸にお墓参りをするの?

hignim3
実は、お彼岸に墓参りをするのは日本独特の風習で、仏教国であるインドやその他の国では見られません。

「彼岸」そのものは仏教の教えですが、「お彼岸」は日本でのみ行われ、正式名称は「彼岸会(ひがんえ)」と言います。


Sponsored Link


日本には、古来より農耕儀式や自然崇拝の考えがあり、種を撒く時期(春)や収穫の季節(秋)には五穀豊穣や安全を山や先祖に祈願しました。

また、仏教の伝来前より『神道』と言って、万物に神様が宿るという考えが日本にはあり(八百万の神)、太陽も神様として崇められていたことから、そこに仏教の西方浄土の教えが伝わったことで、太陽が最も真西へ沈む(西方浄土)春分・秋分の日に先祖を供養するのがよいと考えられるようになったのではないかとされています。

 

お彼岸のお布施の相場や金額とお寺の付け届けについて!

 

お彼岸のお供え物は何が良いの?

hignim4
お彼岸のお供え物と言えば、「ぼた餅」と「おはぎ」だと思います。

実はこの2つ、材料から作り方まで全く同じ食べ物で、違うのはその呼び方だけです。

では、どうしてわざわざ違う名前で呼ばれるのでしょうか。そこには、日本の四季に対する美しい考え方が根底にあるからです。

「ぼた餅」は漢字で書くと「牡丹餅」、「おはぎ」は「お萩」と書きます。すなわち、「ぼた餅」は春に咲く牡丹を、「おはぎ」は中秋の名月に供える「萩」から名付けられているのです。

ちなみに、お彼岸に「ぼた餅」や「おはぎ」を食べる理由については、材料に使われる小豆の朱色が、災難から身を守る除厄の効果があるとされていたからです。

 

お彼岸には「おはぎ」それとも「ぼたもち」?違いは何?

 

→《ビックリ》意外な結果!お彼岸のお供え人気ランキング【楽天】

 

お彼岸の意味や由来のまとめ

いかがでしたか。

お彼岸は、仏教の教えが日本独自で発展していった独特の風習であることがわかりました。

また、春と秋の2回行われる理由についても知ることができ、これからお彼岸を行う時は今までとは違う気持ちで先祖を供養できる気がしています。

 

お彼岸の関連記事

彼岸花の花言葉や咲く時期は?色々な呼び方がある!

春分の日はいつ?食べ物は何を食べるの?

秋分の日はいつ?意味や由来を教えて!

秋の七草の覚え方はコレ!春の七草との違いは?

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)