HOME

謹賀新年の意味といつまで使えるのか?恭賀新年との違いは?

謹賀新年の意味と使い方と恭賀新年との違い!

今年も残すところわずかとなりました。

そろそろ年賀状の準備でも始めようか・・と思っている方も多いと思いますが、年賀状って一年に一度しか書かないものだからか、知らない間にマナー違反を犯してしまっていることがよくあるようです。

例えば、挨拶の冒頭で使用する「謹賀新年」。

この言葉の意味を理解して使用している、という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

また、謹賀新年以外にも何気なく使用している言葉にも落とし穴があります。

一人前の大人として、年賀状はミスなくしっかりと送りたいもの。

そこで今回は、謹賀新年の意味や正しい使い方についてご紹介したいと思います。



謹賀新年の意味は?いつまでなら使えるの?

kngsnen2
謹賀新年には、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」という意味になります。

では、「謹んで」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

謹んでには、うやうやしくする様子やかしこまるという意味があり、相手に対し敬意を表す言葉となります。

また、謹賀新年を使えるのは一般的に松の内までと言われています。

ただし、松の内は地域によって異なり、1月1日~7日までのところや15日までのところがあるので、場合によっては相手方の住んでいる地域の風習や文化を事前に調べておくことも必要です。

年賀状に使う「謹賀新年」「迎春」「賀正」などの言葉にはそれぞれ別の意味があった!

kngsnen3
新年の挨拶や年賀状によく使われる「謹賀新年」「迎春」「賀正」。

どれも同じ意味として使用されている方も多いと思いますが、実は意味がぞれぞれに異なります。

謹賀新年・・謹んで新年のお祝いを申し上げます。

迎春・・・・新年を迎えること。

賀正・・・・正月を喜びます。



なお、迎春や賀正は新年のお祝いの言葉を簡略化したものとなっています。

謹賀新年は目上の人に使っても大丈夫?

kngsnen4
会社の上司やお世話になった年上の方などに年賀状を送る場合、選ぶ言葉を間違えると、せっかく送った年賀状が返って失礼にあたることがあります。

特に、「迎春」や「賀正」は、年賀状にごく一般的に使う言葉ですが、これは目上の方が目下の人へ送る時に使う言葉ですので、自分よりも年配の方に送る場合は失礼になります。

なお、謹賀新年は目下から目上に使うことができる言葉ですので、年賀状を送る際に言葉選びに迷ったら「謹賀新年」と記入すれば間違いはありません。

謹賀新年と恭賀新年の違いは何?

kngsnen5
恭賀新年は「うやうやしく新年のお祝いを申し上げます」という意味になります。

うやうやしいとは恭しいの連用形で、礼儀正しい様子を表していることから、謹賀新年の謹んで、とほぼ同意語と捉えられています。

一般的には、年賀状を始めとした新年の挨拶には、謹賀新年が使われることが多いですが、恭賀新年を使っても問題はありません。

人と少し違う挨拶をしたいという場合にはおすすめかもしれません。

「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」を併記してもいいの?

kngsnen6
年賀状によく、「謹賀新年」と大きな文字で書いた後に続けて「あけましておめでとうございます」と書いてあることがありますが、これは文法的にNGです。

謹賀新年の言葉自体に、新年が明けておめでたいという意味があるため重複してしまうからです。

まとめ

いかがでしたか?

迎春や賀正を、年上の方への年賀状に使ってしまった、という方は案外多いのではないでしょうか。

来年の年賀状はそのようなマナー違反をすることなく、年賀状は正しく送りましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました