余った年賀状(はがき)の有効活用法!換金や交換の仕方

余った年賀状(はがき)の有効活用法!換金や交換の仕方

未使用の年賀状の再活用法!

必要以上に買いこみ過ぎて、余らせてしまった年賀状

もしくは宛名を間違えてしまったり、プリンターを使用している方であればインク切れを起こしてしまった年賀状などは送る事が出来なくなりますよね。

そんな時、あなたはどうしていますか?

そのまま放置して、家の片隅に追いやってしまってはいませんか?

実は、余らせた年賀状や書き損じた年賀状は、色々な方法で別のものに替えたり現金に換えたりする事が可能なのです。

黙って持っていても1円にもなりませんが、必要のなくなった年賀状を蘇らせる方法があるのなら、是非知りたいですよね。

では具体的に、未使用の年賀状はどのようにして再利用する事ができるのでしょうか。

いくつかの方法に分けて見ていきましょう。


Sponsored Link

有効活用法1:郵便局ではがきや切手に交換する

nengajyo2
余った年賀状をそのままにしていても、1円も得にはなりませんが、郵便局へ持っていくと一枚につき5円の手数料がかかりますが、はがきや切手に交換してもらう事が出来ます。

また、未使用に限らず書き損じた年賀状でも交換してくれるようです。

ちなみに現金との交換はしていません。

 

有効活用法2:懸賞などの応募用ハガキとして使う

nengajyo3
年賀状には「年賀」と記されていますが、お正月以外にも普通のはがきとして使う事が出来ます。

中でも懸賞応募などではがきを大量を使うのであれば、未使用の年賀はがきを利用してみてはどうでしょう。

しかしその際、一つだけ注意事項が。

「年賀」の部分を二重線で消して投函しないと、来年の元日に到着してしまいますので気を付けて下さい。

また、懸賞マニアの方の中にはあらかじめ年賀はがきを多く買いこみ、当選しているか楽しんだ後に外れたものを懸賞に利用するという強者もいらっしゃるようです。

 

有効活用法3:買取ショップにもっていき換金

nengajyo4
未使用の年賀状は買取ショップにて買い取ってもらう事が出来ます。


Sponsored Link


しかし、年賀状を出すシーズン、特殊印刷がされている、キャラクターものなどにより買取価格は変動するようですので、ご注意下さい。

 

有効活用法4:様々な社会貢献団体に寄付をする

nengajyo5
ユニセフを始めとする様々な団体やNPO法人は、未使用や書き損じの年賀状を寄付として募っています。

ではなぜ、これらが寄付になるのかと言うと、交換手数料は各団体や法人が持つもののそこで得られた切手などを換金してそれを支援に利用しているからです。

団体によって受領通知を送付してくれるところもあるようです。

 

余った年賀状のまとめ

ケースによって変わりますが、今年の年賀状だけではなく去年のものや昔のものであっても、買取に応じてくれたり寄付として活用できるところもあるようです。

年に一度、忙しい年の暮れくらいにしか使わない年賀状ですので、送ってしまった後は家のどこに置いたかも忘れているかも知れませんが、是非探し出して、切手に替えたり現金にしたり寄付をするなどして再活用してみてはいかがでしょうか。

 

お年玉の由来や意味といつまでに渡すのか?ポチ袋の書き方は?

お年賀の意味や時期はいつまで?金額の相場とお年賀の選び方!

年賀状が元旦に届くにはいつまで出せばいいの?投函期限は?

謹賀新年の意味といつまで使えるのか?恭賀新年との違いは?

寒中見舞いはいつからいつまで?年賀状との違いは?

寒中見舞いの書き方や例文!喪中の方にはどう書けばいいの?

しめ縄やしめ飾りの由来や意味!飾る時期はいつからいつまで?

鏡餅はいつからいつまで飾るの?鏡餅の飾り方のポイント!

お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?処分の仕方は?

松の内の期間はいつまで?【意味や由来】

元旦と元日の違いは何?正月とはどう違うの?

鏡開きはいつ?由来と意味やマナーを教えて!

 


Sponsored Link




おすすめ記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by きりん

    プリンターしてて余ったりしても切手に変えられるんですか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)