HOME

先勝の結婚式は午前と午後どっちがいいの?注意点は?

先勝の結婚式は縁起が良いの?

結婚式を挙げるなら大安がよいと思っている人は多いと思いますが、これから結婚の予定がある人全員が大安の日に式場を予約することは不可能ですよね。

(結婚式を大幅に遅らせるなら別ですが・・)

最近はあまりこのような“お日柄”にこだわらない人が増えてきたようですが、例え本人達がこだわっていなくても選ぶ日にちによっては、両親や仲人に「縁起が悪い」と言われてしまうこともありますよね。

それでは、先勝に結婚式を挙げるのはどうなのでしょうか。

また、結婚式だけではなく入籍も気になりますよね。

そこで今回は、先勝の日の結婚式や入籍のメリット、デメリットや、注意点をご紹介したいと思います。



先勝の日に結婚式は問題ない?


結論から先に言うと、先勝の日に結婚式をしても何ら問題はありません。

そもそも先勝とは、中国から伝わった「六曜」と呼ばれる占いの一種で、その日の運勢を表すものです。

結婚式は大安がよいと言われるのは、この六曜の中で大安が最も運気がよい日とされるから。

同じ理由で六曜の中で2番目に運気がよいとされる友引も、結婚式の日取りに人気があります。

逆に、仏様も滅するほど悪い日という意味がある仏滅は、結婚式を始め入籍などのお祝い事には不向きと言われています。

先勝は、「先ずれば勝ち」という意味があり、勝負事がある時はこの日にするとよいと言われています。

勝負事と結婚式や入籍は少し意味合いが違いますが、仏滅などに比べるとよい意味に捉えられることから、縁起を担ぐ上で先勝の日に結婚式を行っても特に問題はないでしょう。

先勝の日の結婚式は人気があるの?


先勝は、大安、友引に次いで六曜の中で3番目に運気がよいとされる日です。

上記でも触れましたが、「先ずれば勝ち」の意味の通り、勝負事や訴訟事がある時は先勝の日を選ぶとよいとされています。

結婚式は勝負事とは違いますが、大安、友引ともに結婚式の日取りとして人気のため、希望する時期にどうしても結婚式の予約がとりたいという場合は、先勝を選ぶ人は多いでしょう。

実際にとある結婚情報誌の調査によると、結婚式の日に選ばれているのは大安、友引、先勝の順となっています。

具体的には、大安が約30%、友引が約13%、先勝が約11%となっていて、約50%の人が運気が良いとされる上位3つの日を指定しています。

ただし、残りの50%の人が先負、赤口、仏滅と運気があまりよくない日をあえて選んでいるわけでもなく、約20%の人は「自分が結婚した日が何の日なのか記憶がない」と答えています。

つまり、必ずしも全員が日取りにこだわっているのではなく、大安や仏滅を気にせずに式場を予約する人もいるということです。

最近はこの傾向が高まっていて、20~30代の方の中には大安や仏滅を知らない人も多くいるようです。

結婚式は午前、午後どちらがいい?


先勝の日に結婚式を行うなら、先ずれば勝ちの意味合いでいけば早ければ早いほど運気がよいということになるため、午前中がよいでしょう。

しかし、現実的に午前中に挙式と披露宴の両方を済ませることは不可能ですよね。

そのため、先勝の日に結婚式を行う場合は、挙式は午前中にして、披露宴は午後からと段取りを組む人が多いと言われています。

なお、この場合の午前とは午後2時までのことを指すため、正確には午後2時までに式が挙げられれば良いということになります。

また、上記でも触れましたが最近は六曜自体を知らない人も多く、先勝の午後であっても挙式の予定を入れる人は少なくありません。

大安と友引は運気がよい日とされているので、予約が殺到しやすく、それゆえに料金も割高となっているのですが、結婚式場によっては先勝なら料金が割安になるケースもあるため、浮いた分で新婚旅行を贅沢にしようという考えを持つ方が増えています。



先勝の日に結婚式をする時の注意点


現在は価値観が多様化し、昔からのしきたりや常識が必ずしも一般的とは言えなくなってきています。

とは言え、年配の方にとっては今も、結婚式は大安や友引と言った縁起のよい日に行うのが当たり前となっています。

そのため、いくら結婚する当人同士がよいと思っていても、結婚式を先勝に行うことに反対する親御さんが多いと思います。

このようなことから、先勝の日に結婚式をする時は親御さんにきちんと理解、納得してもらった上で行うのがよいでしょう。

親御さんが納得していれば、親戚などに説明をしてもらいやすくなりますし、結婚式当日も心よく参列してくれる方が増えるはずです。

先勝の日に結婚式関連(入籍や招待状や結納など)の物事を行うのはいいの?


先勝の日は結婚式に限らず、入籍や結婚式の招待状の配送、結納など結婚に関連したことも午前中であれば行うことができます。

最近は、結婚式と入籍日が別というケースも増えているので、結婚式と入籍日が違っても特に問題はありません。

むしろ、親御さんの方は「結婚は大安にするべき」という考えを強く持っている場合もあるので、結婚式の日取りを承諾してもらう上で入籍日は別(大安にする)とすれば、説得しやすいのではないかと思います。

また、結納も最近は行わない人も増えていますが、結納を行う場合は基本的には先勝を外し、どうしてもその日しか都合がつかない時のみ午前に行うようにするとよいでしょう。

先勝に結婚式などを挙げる場合のメリットは?


先勝の日は、午前中に結婚式を挙げれば、しきたりや慣習を気にする人でも安心して行うことができますが、嬉しいのはそれだけではありません。

先勝は、大安や友引のように予約がすぐに埋まるわけではないので、比較的時間の余裕がなくても、希望する日時に結婚式を行うことができます。

また、当日も他に結婚式を挙げる人が少ないので、式場でゆったりと過ごすことができ、遠方から親戚などがやって来る場合でも、混雑によって疲労が増すなどの不安や心配をさせる必要がありません。

さらに、人気が集中することで式の料金が割り増しになる大安、友引に対し、先勝は式場によっては割引サービスを設けているところもあります。

浮いたお金で新居の準備をしたり、新婚旅行をグレードアップできるなど、先勝の日に結婚式を挙げるのはメリットが多いと言えます。

逆にデメリットはあるの?


近年は結婚の形式にこだわらない人も増え、結婚式そのものが減っていると言われています。

また、晩婚化や女性の社会進出が進んだことで、役職に就く女性が増えていることから、結婚式のために仕事をなかなか休めないという理由で、結婚式を行わないというケースもあるようです。

そのような事情の変化から、最近は夜に結婚式を行うナイトウエディングが登場し、話題となっています。

ナイトウエディングなら、平日で仕事があってもゲストが仕事終わりに参列することができますし、時間的に二次会、三次会が行われないことが多いので、発起人などを立てて仕切ってもらう必要もありません。

特に大人の方に人気となっているのですが、先勝は午後に結婚式を挙げるのは縁起がよくないと言われているので、もしナイトウエディングがしたいと思っても、気にする人なら難しいのがデメリットと言えます。

まとめ

先勝の日に結婚式をしたい場合は、午前中に式を行えば問題ありませんし、午前中から始まった式が午後をまたいで終わっても始まりが午前ならこちらも問題ありません。

先勝は大安や友引と比べて直近でも予約がとりやすいことや、料金を割引している式場が多いため、特にしきたりや慣習が気にならないという方なら、結婚式場を決める際に調べてみるのもよいかも知れません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました