HOME

天赦日の意味や由来は?読み方や2020年はいつ?

天赦日にしたほうがいいことやしてはいけないことはある?

その日の吉兆を簡単に表すものとして選日というものがありますが、その中でもひときわ吉であるといわれているのが天赦日です。

今回はこの天赦日の意味や由来、読み方や2020年だといつになるのかを詳しく解説してまいります。

天赦日にしたほうがいいことやしてはいけないこと、仏滅などの縁起が悪い日と重なったときの扱いについても見ていきましょう。



天赦日の意味や由来


天赦日の意味は「何事も吉となる1年でも最良の吉日」となります。

そのルールも決まっており、「立春から立夏の前日までの戊寅の日」と「立夏から立秋の前日までの甲午の日」と「立秋から立冬の前日までの戊申の日」と「立冬から立春の前日までの甲子の日」となっております。

文字通り天が万物の罪を赦す日という意味があるため「何に関しても良し」となり大安よりも強い最強の吉日と考えている人も多いです。

ただし、由来についてはいろいろと探ったのですが全く分かりませんでした。

由来の紹介で言葉の意味を説明するものばかりで、「○○年に××があって△△になったから吉日になった」というお話はゼロです。

干支や太陰太陽暦が元になっているとは思われるので、古代中国当たりが発症の可能性もありますが、このような日々の吉凶を表すものは江戸時代になると日本で一気に増えたという情報もありますので日本発祥の可能性もあります。

ちなみに、暦の最下段に書かれていた日々の吉凶をまとめて「暦注下段」というのですが、今回紹介する天赦日もこの暦注下段の一つなのです。

天赦日の読み方


天赦日の読み方は「てんしゃび」か「てんしゃにち」です。

基本的に六曜と比べるとマイナーなのでどちらの変換でも出てこない可能性が高いでしょう。

何度か使うという方は単語登録をして覚えさせておくと楽になります。

2020年の天赦日はいつ?


2020年における天赦日は1月22日(水)、2月5日(水)、4月5日(日)、6月20日(土)、9月2日(水)、11月1日(日)、11月17日(火)となっております。

基本的に天赦日は先ほど紹介したように「立春から立夏の前日までの戊寅の日」と「立夏から立秋の前日までの甲午の日」と「立秋から立冬の前日までの戊申の日」と「立冬から立春の前日までの甲子の日」というルールがありますので、1年間に5回か6回しかないのです。

天赦日も十干十二支がもとになっているので、60日サイクルでだいたい回っているのです。

なので、1年365日を60日でざっくりと割ると6になるので天赦日が6回しかないというのも納得できるのではないでしょうか。

天赦日にしたほうがいいことは?


天赦日は基本的にすべてがプラスに働く日となりますので、何かを一所懸命に打ち込めとは言いにくいです。

なので、個人的な意見ですがその日に重なっている他の暦注下段とセットで考えるといいでしょう。

例えば、天赦日だけど赤口が重なってしまった場合は納車などと相性が悪くなりますし、仏滅とセットになってしまった場合は相殺されて吉でも凶でもない日と考えることもできます。

六曜などの他の暦注下段はさておき天赦日のみで考えると、新しいことを始めるにも最適な日といえるでしょうし、結婚や入籍にも最適な日となります。

喧嘩した人との和解に最適な対人運アップの日という意見もありますし、金運アップの日となんでもござれなのです。

これらの情報を統括して考えると、とりあえずやりたいことをやれる日と判断するのが正解でしょう。



そこに六曜などの別の吉凶を交えて考えて判断すればいいのです。

とにかく新しいことをスタートするのに最適な日となりますので、自分を新たな段階に進めるために行動するスタート日にしてください。

財布を購入したり、宝くじを購入したり、新しい趣味を始めたり、起業したり、自分への投資をしたり、諦めたことを再挑戦したり、仲直りしたり、引っ越ししたりとできることはいろいろとあるのです。

天赦日にしてはいけないことは?


天赦日は基本的にすべてがプラスに働く日なので、してはいけないことというのはほとんどないのですが、普通に考えて犯罪になる行動はアウトと考えればいいでしょう。

個人的な意見ですが、あくまでも天赦日は縁起が良い日であり意識している人のみに幸運が訪れる日ではないと思っております。

仮に、天赦日ですべての人に幸運が訪れるなら、その日に宝くじを買った人は全員億万長者になるでしょう。

そんなことはありえないので、ギャンブル行為に走るのは避けたほうがいいと思われます。

あくまで、ラッキーになっている可能性がある日というあやふやかつ迷信めいたものなので信じすぎないようにしてください。

現代人の方々は信じていない人がほとんどでしょうが当たったらラッキー程度に考えたほうがいいかもしれません。

縁起の悪い日と重なったらどうなる?


基本的に天赦日は六曜とは考え方が違うので、仏滅や赤口と被ることも多々あります。

この場合の考え方は大きく分けて2つです。

1つ目がそれらの吉凶を混ぜ合わせて考えるというやり方、2つ目は片方をなかったことにして考えるというやり方になります。

ここからは個人的な見解ですが、天赦日は最強の吉日といわれていますので仏滅や赤口とセットになったとしても上塗りできると思っております。

つまり、天赦日の吉の力が強いので六曜の凶の力を打ち消して上書きできるという考え方です。

こう考えるとちょっとラッキーな気分になります。

2つ目も自分にとって都合の悪い赤口や仏滅をなかったことにして考えれば、ラッキーな気分になれるでしょう。

結局はどれだけ自分が精神的に前を向けるかどうかが大切なので、プラスに考えられる方向に意識を持っていきましょう。

天赦日と六曜の関係


天赦日と六曜は別物です。

天赦日は旧暦時代からあった歴注下段ではありますが、六曜よりも優先順位が高いという考え方が多数あります。

逆に、天赦日はマイナーで六曜よりも知られていないからどんなに優先順位が高いといわれていても意味がないという声もあるのです。

はっきり言ってこれは答えがありません。

同じその日の吉凶を表すものではありますが、考え方が異なっていますので両方ともそのようなものがある程度に捉えておくのが一番でしょう。

天赦日の意味を理解している人にとっては1年に5回か6回しかない貴重な吉日と見えますが、そもそも天赦日を知らない人にとっては良くわからない通常と変わらない日となりますので意識しすぎる必要はないでしょう。

意識する必要がある結婚式などの冠婚葬祭では知名度が高いものを優先する必要がありますので、天赦日よりも六曜を強く意識してください。

個人的にはこの時点で、天赦日のありがたみというのは相当薄いと感じてしまうのです。

知名度が低いから気にしなくていい吉日というのはありがたみにかけると感じてしまいます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は天赦日について詳しく解説しました。

天赦日も十干十二支が元となっている考え方なので、規則性があり1年に5回か6回しか発生しない吉日ということがわかりました。

しかし、漢字変換で一発変換ができないようなマイナーなものであるという事実は避けられませんので、個人的には天赦日よりも六曜を優先したほうがいいと思っております。

やはり、知名度は大切です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました