HOME

正月飾りはいつからいつまで飾るのが正解?

正月飾りはいつからいつまで飾るのが正解なのか、よくわからないという方も多いでしょう。

正月飾りは正月に飾ることはわかっていても、いつからいつまでなのか具体的な期間を知っているでしょうか?

「正月飾りというくらいだから三が日?」「年末はまだ正月ではないから飾らない?」など、正月飾りを飾る期間についてはっきりと知らない方も多いですよね。

そこで今回は、正月飾りを飾る期間について解説していきます。

スポンサーリンク

正月飾りはいつからいつまで飾るのが正解?

正月飾りはいつからいつまで飾るのが正解なのでしょうか?

また、正月飾りと一口に言っても門松、しめ縄、鏡餅など様々な種類がありますよね。

正月飾りの種類によっても、飾る期間は変わるのでしょうか?

ここではそのような正月飾りを飾る期間の疑問を解消していきましょう。

門松はいつからいつまで?

門松は正月事始めと呼ばれる12月13日から飾っても問題ありません。

ただし、12月25日にはクリスマスがありこちらも大きなイベントですよね。

そのため、多くの方はクリスマスが終わった12月下旬に門松を飾りつけて、正月を迎える準備をするようです。

基本的には門松は12月13日からいつ飾ってもよいのですが、12月29日は二重苦となり縁起が悪いので避けた方がよいでしょう。

また、12月31日も一夜飾りとなり年神様に失礼になるので、避けた方がよいと言われています。

お勧めなのは12月28日で、8が末広がりで縁起が良い日であるとされていますよ。

続いて門松を片付ける日ですが、こちらは『松の内』と決まっています。

しかし、松の内は地方によって日付が異なり、関東は1月7日、関西は1月15日となっています。

他の地方も関東もしくは関西のどちらかと同じになるので、お住まいの地方の松の内の期間を調べておくとよいでしょう。

しめ縄はいつからいつまで?

しめ縄も門松と同じで、12月13日の正月事始めから松の内の終わりの日まで飾ります。

年神様が山から下りて家にやってくるのは、実は1月1日ではなく、12月31日と言われています。

そのため、12月31日に正月飾りがないと、目印となる門松がないので家が探せなかったり、厄除けの効果があるしめ縄がないので家の中に入ることができないと言われています。

このようなことから、しめ縄などの正月飾りは12月31日に飾っては遅いと言われているのですね。

鏡餅はいつからいつまで?

鏡餅も正月事始めを初日として、松の内まで飾ります。

関東では松の内は1月7日までなので、1月11日の鏡開きには鏡餅を食べることができますよね。

これに対し、関西は1月15日が松の内の終わりなので、1月11日の鏡開きを過ぎてしまいます。

この場合、鏡餅だけ1月11日片付けて鏡開きをするのでしょうか?

関西では松の内が1月15日までなので、鏡開きは1月20日となっています。

鏡餅を片付けた後で鏡開きが行われるので、心配の必要はありませんよ。

なお、他の正月飾りは食べることはできませんが、鏡餅のみ例外です。

鏡餅は年神様が家に入られた時の拠り所と言われており、年神様が山へと帰られた後も霊力が宿っていると言われています。

そのため、鏡開きの時に鏡餅を食べることで願い事が叶ったり、健康や長寿になれると言われているので、松の内が終わったら鏡餅は他の正月飾りと一緒に処分しないようにしましょう。

破魔矢はいつからいつまで?

破魔矢の飾る期間も、他の正月飾りと同じで12月13日~松の内になります。

基本的に12月13日以降であればいつ飾っても構いませんが、1月1日以降の新年から飾るのは止めましょう。

破魔矢を飾る期間は12月13日以降の年内から、翌年の松の内までと覚えておくのがよいですね。

ただし、破魔矢は正月飾りとしてではなく、魔除けや厄除けとして正月以外にも購入する方も多いものです。



正月飾りとして購入した破魔矢であっても、松の内以降も飾ることでその効力が発揮されると言われていることから、一年中飾って翌年に新しいものと交換する方も少なくありません。

そのため、破魔矢については必ずしも他の正月飾りと一緒に処分するのではなく、玄関や神棚に飾っておいても良さそうです。

羽子板はいつからいつまで?

羽子板を飾る期間も、一般的には正月事始め(12月13日)から松の内(1月7日ないし15日)となっています。

ただし、厳密に決められているわけではなく、年中飾りを行う地域もあるようです。

また、正月飾りとして飾って、ひな祭りまで飾る地域もあるようですよ。

正月飾りの処分の方法はどうしたらいい?

正月飾りの処分の方法はどうしたらいいのでしょうか?

正月飾りは松の内が終わると片付けて処分をしますが、どのように処分したらよいのかよくわからないという方も多いでしょう。

そこでここでは、正月飾りの処分方法についてご紹介します。

どんど焼きに出す

どんど焼きは地方によってはどんと焼き、左義長などと呼ばれているもので、正月飾りを集めて燃やす儀式のことを言います。

主に神社で行われますが、町内会などが主催して行っているところもあるようです。

どんど焼きで正月飾りを燃やし、その時に上がる煙を浴びると無病息災や商売繫盛、五穀豊穣などのご利益があると言われています。

また、どんど焼きで書き初めを燃やすと習字が上達するとされ、燃えカス(灰)を家の周りに撒くと魔除けになると言われていますよ。

ただし、正月飾りと一緒に習字を燃やしたり、灰の持ち帰りについては主催する神社や地域によって、許可されないこともあるようです。

どんど焼きは一般的には小正月である1月15日に行われますが、地域などによって日付が変わることもあるので注意して下さい。

神社への持ち込みについては、事前に予約が必要なところと予約なしでOKなところがあります。

こちらも事前に確認しておくのがよいでしょう。

なお、どんど焼きに正月飾りを持ち込むことができなかった場合は、神社の古札入れに正月飾りを入れると一緒に処分してくれるところがあるようです。

ただしこちらも行っていない神社もあるので、勝手にせずに、必ず神社に問い合わせてみて下さい。

自宅で処分する

どんど焼きは日付が決まっているので、その日に正月飾りを持っていくことができないケースもありますよね。

そのような時は自宅で処分することができます。

処分の仕方は一般のゴミと同様に、ゴミとして出すことができます。
(ゴミの分別については地域によって異なるので、お住まいの地域のルールに従って下さい)

とは言え、年神様をお迎えするために用意したものをゴミとして捨てることに躊躇する方も多いのではないでしょうか。

正月飾りを捨てる時は、半紙などの白い紙を用意し、盛り塩をしてお清めをしてから、正月飾りを包んで捨てるとよいでしょう。

その際、他のゴミと一緒に捨ててもいいですが、気になる方はゴミ袋を分けて捨てると、少しだけですが気分が違うと思います。

まとめ

正月飾りは正月事始めである12月13日から、各地域の松の内まで飾るのが正解です。

松の内は関東は1月7日、関西は1月15日となっており、他の地方も多くは関東もしくは関西と同じになります。

お住まいの地域の松の内の期間を、あらかじめ調べておくのがよいでしょう。

なお、関東と関西の違いは松の内だけではありません。

鏡開きの日も違い、関東は1月11日、関西は1月20日となっています。

鏡餅以外の正月飾りは食べることができませんが、鏡餅は食べることで年神様の霊力を頂くことができますよ。

正月飾りを片付ける時は、鏡開きの日付も確認して鏡餅を頂いてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました