HOME

赤口に買い物をすると縁起が悪い?縁起のいい時間帯はいつ?

普段の買い物でスーパーなどに立ち寄る場合に、その日の縁起を気にする方はほとんどいないと思います。

しかし、金額の大きな買い物や、自分にとって念願の物を買う時は、縁起が気になる方もいるのではないでしょうか。

一般的に縁起がよい日として知られているのは大安ですが、それでは赤口に買い物をするのは縁起が悪いのか心配ですよね。

そこで今回は、赤口と縁起の関係について調べて見ました。

赤口でも安心して買える、縁起のよい時間帯についてもご紹介します。

スポンサーリンク

赤口に買い物をすると縁起が悪い?


赤口は、中国が発祥の暦注(※)の一つである『六曜』の中の、凶日の一つになります。

凶日とある通り縁起が悪い日となり、何をしても上手くいかない日という意味があります。

そのため、赤口に買い物を行うのは避けた方がよいと言われていますが、毎日の食品や日用雑貨と言った買い物で実際に「赤口だから止めておこう」と考える方はほとんどいないでしょう。

しかし、不動産や車、株など、大きなお金が動く買い物に関しては、縁起の良い日に購入したいと考える人が少なくありません。

大きな買い物をする場合、縁起を担ぎたいなら赤口は避けた方がよいでしょう。

(※)暦注とは、暦に掲載されている吉凶日のことを指します。
六曜の他に撰日などがあり、主にその日の運勢を占うものとして利用されています。

赤口の縁起のいい時間帯はいつ?


不動産や車などの大きな買い物をどうしても赤口にしなければいけない場合、午前11時~午後1時の間であれば縁起のよいタイミングで行うことができます。

六曜は4つの吉日(大安、友引、先勝、先負)と、2つの凶日(赤口、仏滅)に分けられていますが、仏滅が一日を通じて凶であるのに対し(吉になる時間がない)、赤口は午前11時~午後1時なら吉に転じる運気の日となっています。

そのため、都合がつかずにやむを得なく赤口に買い物をする時でも、この時間帯を選ぶことで凶の運気を避けることができます。

買い物に縁起のいいオススメの日!


人生を左右するような大きな買い物は、縁起のよい日を選んで行いたいという方は多いのではないでしょうか。

そこでここでは、買い物に縁起のよいお勧めの日をご紹介します。

大安

六曜は知らなくても、大安が縁起の良い日であることは多くの方が知っているのではないでしょうか。

縁起の良い日の代名詞的存在と言えるのが、六曜の大安です。

大安は、六曜の中で最も縁起のよい日であり、一日を通じて吉となります。

大安は本来「大いに安し」であることから、何をしても害のない日、つまりは可もなく不可もなくと言った小吉的な意味合いだったのですが、現在は「何をしても上手くいく最良の日」という大吉的な解釈をされており、入籍や結婚式などのお祝い事は大安を選ぶのが一般的となっています。

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、何かを始めるのによい日とされています。

そのため、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りとして選ばれますが、特に財布の購入、契約、新規店舗のオープンなどは、使ったお金以上に入ってくるお金が多くなると言われているので、大きな買い物の日取りとしてもお勧めです。

なお、一粒万倍日は撰日であり、一ヵ月に5~6日ほどあります。

六曜の大安と重なる日もあり、大安と一粒万倍日が重なる日はそのご利益がさらに上がると言われています。

天赦日

百神が天に昇り、万物を許す日とされ、どのような悪事であっても神が許してくれることから、何をしても成功する日と言われています。



暦注の中で最上の吉日となっていますが、一年に5~6日しかない貴重な日でもあります。

天赦日も撰日のため、六曜の大安と重なることがありますが、さらに同じ撰日と一粒万倍日と重なることもあります。

寅の日

寅は毛並みが黄金色であることから、金運アップに繋がると言われています。

また、「千里を行き、千里を戻る」とされ、寅の日に買い物をしても使ったお金がすぐ戻ってくるとも言われています。

このようなことから、寅の日も大きな買い物をするにはお勧めの日と言われています。

寅の日は12年に一回巡ってくる干支と同じように、12日に一回巡ってきます。

巳の日

巳(へび)は金運の神様である弁天財の使いと言われており、昔から金運アップのご利益があると言われています。

また、へびは脱皮を繰り返して成長するので、お金を使うことでより大きなお金が入ってくるようになると言われていることから、大きな買い物をするのに適した日と言われています。

なお、巳の日は12日に一度巡ってきますが、己巳の日は60日に一度しか巡ってこない貴重な日となり、巳の日よりもご利益が上がると言われています。

買い物に向かない縁起の悪い日!


大きな買い物をする時に縁起が全く気にならないという方もいますが、後々、その買い物が失敗だった時に、「あの日は縁起が悪かったからだ・・」と後悔したくはないですよね。

そこでここでは、買い物に向かない縁起の悪い日をご紹介します。

仏滅

六曜の中で最も縁起が悪い日とされ、その意味は「仏が滅するほどの凶日」になります。

一日を通じて凶となるため、大きな買い物は避けた方がよいでしょう。

不成就日

「何をしても成功しない」日とされており、大きな買い物は避けた方が無難です。

なお、不成就日は撰日であるため、六曜の大安などの吉日と重なることがあります。

大安と重なった場合は、大安のご利益を半減させてしまうと言われているので注意しましょう。

大禍日

大きな禍(わざわい)が起こる日という意味で、万事に悪い日とされています。

三隣亡

建築に関する儀礼(上棟式など)を始め、契約、購入なども行わない方がよい日と言われています。

この日に建築に関わることを行うと、近所三軒隣まで滅ぼすと言われており、現在でも不動産業界では契約日として避けられたり、建設工事は休みにするところが多くあります。

買い物に縁起を気にした方がいいの?


買い物と一口に言っても、食品や日用品の買い出し時に一々、縁起の良し悪しを気にして出かける人はほとんどいないでしょう。

それに、そもそも六曜や撰日などの暦注は、科学展根拠があるわけではなく、いわば昔から伝わる迷信です。

そのため、今回ご紹介した赤口や不成就日に買い物をしたからと言って、その買い物が必ず失敗するわけではありません。

このようなことから、買い物で縁起を気にする必要は、基本的にはないと言えるでしょう。

とは言え、今も不動産関係や建築の現場では大安を選んで契約を交わしたり、三隣亡は避けることが一般的となっています。

いくら自分は縁起を気にしないと言っても、相手側が縁起を重んじて日取りを決めたい場合もあるため、大きな買い物をする時は特に、縁起の良し悪しにも注意してみることが必要と言えるでしょう。

まとめ

赤口は六曜では仏滅に並ぶ凶日となっており、大きな買い物をするのは避けた方がよいでしょう。

赤口は午前11時~午後1時のみ吉となるので、縁起を担いで買い物をしたい場合はその時間帯を選ぶことで、赤口であっても縁起がよい状態で買い物ができます。

なお、赤口以外にも買い物をする際は避けた方がよい凶日が存在します。

縁起の良し悪しを全く気にしないという方はよいですが、後から購入日や契約日の日取りが気になってしまう可能性もあるので、特に大きな買い物をする時はしっかりと日取りを選んで行うのがよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました