HOME

赤口にお見舞いへ行かない方がいい?もし行く場合時間帯はいつがいい?

赤口は慶事との相性が悪い日として六曜の中では嫌われがちですが、お見舞いとも相性が悪いのでしょうか。

今回は赤口とお見舞いの関係性に注目し、赤口の日はお見舞いに行くのはNGなのか、時間帯を意識すればOKなのか、そもそもお見舞いの日取りの決め方はどうなっているのかを調べて参ります。

お見舞いに行くときの服装やお見舞い金の相場がどうなっているのかもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

赤口にお見舞いへ行かない方がいい?


結論を先に記載すると『六曜を気にしている相手ならば赤口は避けるべきだが、六曜を気にしていない相手ならば赤口でも問題ない』となります。

赤口は仏滅に次ぐ凶日であり『赤』という言葉から『血』と『火』を連想させてしまいます。

今回はこの『血』を連想させてしまうのがNGという考え方が非常に強く、お見舞いに行くなら仏滅よりも圧倒的に避けるべき凶日が赤口であるという考え方をしている人もいるのです。

なので、六曜を意識している人が入院している場合はお見舞いの日取りに選ぶのは避けた方がいいでしょう。

入院している人が六曜を気にしていなくても、その人の上司や家族が六曜を意識している人だと嫌がられる可能性もあるので、可能であれば避けた方がいいと考えておいてください。

赤口にお見舞いに行く場合、時間帯はいつがいい?


赤口でお見舞いに行く場合は赤口の時間による吉凶をどこまで意識しているのかで考え方が変わってきます。

まず、赤口は11時から13時までが吉でそれ以外の時間は凶とされています。

そのため、赤口であることを意識するのならお昼の時間帯にお見舞いに行くのが理想となってくるのです。

また、病院の患者は午前中に検査などのスケジュールが詰まっていることが多く午前中に行くのは避けた方がいいという指摘もありますし、お昼の時間は指定された食事の時間帯となっているのでお見舞いに行くのは避けた方がいいという指摘もあるのです。

つまり、患者の都合を考えると昼食が確実に終わっている14時以降の時間が推奨されるということです。

結論を記載すると『お見舞いは患者のことを最優先に考える必要があるので、赤口の吉凶は二の次であり赤口が吉の時間帯に赴くのは非常識』となってしまいます。

そもそも、赤口を意識するのなら相性が悪いのでお見舞いには行かない方がいいという指摘もあるので赤口の吉凶を気にするくらいならば赤口にお見舞いに行くのは避けた方がいいでしょう。

お見舞いの日取りの決め方は?


お見舞いの日取りの決め方は基本的に患者側がどうなっているのかで変わると考えてください。

患者の容体を踏まえた上で、OKな日にお見舞いに行きましょう。

基本的には入院後4日から7日程度経過したタイミングとか手術後3日程度経過したタイミングが理想とされていますが、患者の容体や病状によってこれは大きく変わりますので回復に向かって安定期に入ったという情報を入手したらお見舞いに行くようにしてください。

また、お見舞いに行ってもいいという状態になったら『早めに行った方が遅く行った人よりも心証が良くなる』という指摘もあるので、お見舞いに行けるようになったという情報が手には入ったらマナー違反にならないように服装や行動に注意しつつ日取りを決めるのが理想となっています。

個人的に入院を何回かしたことがある筆者の感想ですが、遅すぎるお見舞いは早く来た人と比べるとどうしても心証が悪くなってしまいます。

入院中はやはりネガティブな感情になりやすいので『この人は自分のことをあまり意識していない』という悪い方向に考えてしまうのです。

そもそもお見舞いに日柄を気にするべき?


これは非常に難しい質問なのですが、結論から記載すると『六曜などの吉凶を意識している人が相手ならば日柄も気にすべきだが、気にしていない相手ならお見舞いOKとなったら早めに行動した方がいい』となるでしょう。



相手が六曜を気にしている場合はお見舞いがOKとなったという報告を聞いて急いで行動したところで『この人は縁起が悪い日に来たマナーのなっていない人』というマイナスイメージを持たれてしまうので意味がないのです。

六曜を入院患者が信じているかどうかなんてわかるの?

入院患者と何らかの繋がりがあった場合は、六曜を信じているかどうかもなんとなくですが知ることはできるでしょう。

たとえば『仏滅なのでより気をつけて行動しよう』といった言葉を使ったことがあるという人ならば少なからず六曜を意識している事がわかります。

六曜を信じているかどうかが全くわからないという人が相手でも、メールやLINEなどを使って『明日は仏滅だけどお見舞いに行っていい?』と確認すればいいのです。

そこでOKが出たら六曜は気にしないでお見舞いに行くことができます。

ある程度動けるようになった入院患者はスマートフォンやパソコンをある程度自由に見られる環境になりますので、メールやLINEでのやりとりも可能となります。

六曜的に最適なお見舞い日はいつなの?

こちらも結論から記載すると『大安と先負以外は相性が悪い』となってしまいます。

まず大安ですが、基本的には終日吉であり相性が悪いイベントや行事はほとんどなくお見舞いにも使えます。

友引は吉日なのですが『勝負がつかない引き分けの日』という意味があるため病気に打ち勝つことができず相性が悪いとか『幸運や不幸をお裾分けしてしまう日』という意味があるため病気をうつしてしまうので相性が悪いという指摘があるので避けられています。

先勝は『先んずれば勝つ』という意味があり病気に打ち勝つとして好む人もいますが、午前中が吉で午後が凶という六曜なので、お見舞いのような午後が基本となっている行事とは相性が悪くなっています。

逆に先負は午前が凶で午後が吉なので相性がいいという意見が出ているのです。

仏滅は終日凶なのでお見舞いとの相性も良くないとされています。

つまり、六曜を意識した場合は大安と先負の2日しか相性が良くないという結論になってしまうのです。

お見舞いへ行くときの服装は?


お見舞いに行くときの服装はいくつかのルールがあります。

かなり多いのでしっかりと覚えていきましょう。

・清潔感は必須

・ペットの毛や埃は払ってから赴く

・黒色や赤色や灰色は避ける

・派手なメイクは避けてナチュラルメイクにする

・香水もキツイのはNG

・ヘアスタイルもできる限りシンプルにまとめる

・派手すぎるアクセサリーは外す

・なるべく音が出ない靴を選ぶ

お見舞い金の相場はどのくらい?


お見舞い金の相場は同僚や友人や知人の場合は3,000円から5,000円程度が目安で、身内や親戚の人ならば5,000円から1万円となります。

同僚や友達や知人へのお見舞い金の場合は高すぎる金額だと逆に負担になるという指摘があるので、高すぎるお見舞い金はNGと考えた方がいいです。

赤口に入院・退院・手術は縁起が悪い?


お見舞いとの相性が悪いとされることも多い赤口ですが、他の入院や退院や手術との相性はどうなっているのでしょうか。

結論を記載すると『可能であれば入院も退院も手術も避けるべきだが、お見舞いと比べると重視されることは少ない』となります。

基本的にお見舞いの場合は患者ありきでのお話となりますが、入院も退院も手術も自分が受けるためのものであり、最初から六曜を意識していないという人ならば気にする必要はありません。

それに急いで入院や手術をしなければいけない人や、少しでも早く家に帰りたい人にとって六曜を気にする余裕はないというのが本音となりますので、そこまで意識する必要はないのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は赤口とお見舞いの関係性について記載しました。

赤口を気にしている人が相手の場合はお見舞いは避けるべきですが、特に意識していない場合は気にしなくてもOKとなります。

しかし、気にしているかどうかが全くわからないというケースも多いので、その場合は大安にお見舞いに行くといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました