HOME

赤口に婚姻届を出しても大丈夫?縁起のいい時間帯は?

赤口に婚姻届を提出するのは問題ない?おすすめの時間帯は?

赤口は縁起の悪い日という扱いをされますが、縁起を重視した方がいいという指摘もされる婚約届を出すのは止めた方がいいのでしょうか。

今回は赤口に婚約届を出すのはNGかどうかを調べつつ、赤口の縁起のいい時間帯は何時なのか、婚約届を出す日の決め方はどうなっているのか、婚約届を出すのに縁起のいい日はいつなのかを紹介いたします。

そもそも論として婚約届を出す日は六曜を意識した方がいいのでしょうか。

スポンサーリンク

赤口に婚姻届を出しても大丈夫?


いきなりですが、赤口に婚姻届を出すのは止めた方がいいのかという質問への結論を記載すると『六曜などのお日柄を気にしている場合は避けた方がいいが、他に重視すべき部分があるのなら気にする必要はない』となります。

まず、六曜の観点からお話しすると赤口というのは仏滅に次ぐ凶日となっていますが、その『赤』という文字から『火』と『血』を連想させてしまうのでそこから悪いイメージに繋がってしまう行事や祭事やイベントとの相性が最悪とされています。

婚約や結婚式の場合はキャンドルサービスで火を使いますし、ケーキカットなどでナイフを使うので血液も連想しやすくNGであると指摘する人も多いのです。

そのため、仏滅よりも赤口のほうが選んではいけないと警戒する人もいます。

次に他に重視すべき部分があるというのは二人にとっての思い出となる日があった場合、一生涯忘れないイベントとするためにもその日を婚約届を出す日とする人も多いのです。

たとえば、『○月○日に告白されたからその日を選んだ』とか『妻の誕生日だったので選んだ』といった選び方をします。

このように重要なイベントや意味がある日というのは特別になりますので、六曜は意識することなく特別な日を選びます。

こういった選びたい日がある場合さらに六曜を意識すると次のチャンスが1年後になってしまうので、六曜はあまり意識しなくなってしまうのです。

赤口の縁起のいい時間帯はいつ?


赤口の縁起のいい時間帯は11時から13時です。

赤口しか婚約届を出しに行く日がなかったという人は、吉とされている11時から13時の時間帯に婚約届を出しに行きましょう。

他の0時から11時、13時から24時までの時間帯は凶となっていますので、お日柄が気になるという方は避けた方がいいです。

婚姻届を出す日の決め方は?


婚約届を出す日の決め方は色んなパターンがあるので、一つ一つ解説していきましょう。

お日柄で選ぶ

今回のお話の主役である赤口といった六曜を含めたお日柄から婚約届を提出する日を選ぶというやり方もあります。

その場合推奨されるのは吉日である大安ですが、それ以外にも最上の大吉日とされている天赦日や新たなスタートをするには最適で努力が万倍にも返ってくる日とされている一粒万倍日を選ぶという人もいるのです。

しかも、この天赦日と一粒万倍日と大安はすべて重なる日が存在しているので、自分にとってのうれしい吉日が重なっている日を選ぶという人もいます。

有名な記念日から選ぶ

こちらはわかりやすい国民的な記念日を選ぶというケースです。

クリスマスやバレンタインデーや11月22日のいい夫婦の日など有名な日を選ぶと覚えやすいでしょう。

こういった記念日を覚えるのが苦手という人にとっては有効活用される記念日となります。

他には6月12日が恋人の日となっていますし、5月23日がキスの日となっているのでこういった男女間の関係における特別な日を選ぶ人も多くいます。

二人だけの記念日から選ぶ

二人だけの記念日というのは、二人が付き合い始めた日とかプロポーズをした日といった二人にとっての特別な日となります。

また、どちらかの誕生日も大切な人なりますので誕生日を婚約届提出の日にする人もいます。

こういった日は特別な日なので婚約届を提出する日として選ぶ人も多いようです。



挙式当日に婚約届を提出する

結婚式を挙げる日こそが二人が結婚する日という認識が日本ではかなり強く、そのため結婚式を行う日の午前中に婚約届を提出する人もいます。

中には『記念日が二つあると混乱するから同じ日にした』という理由をお話ししていた人もいたので、考え方は人によって異なっているようです。

ぞろ目の日

特別な記念日というわけではありませんが、非常に覚えやすく意識しやすい日としてぞろ目の日を選ぶ人もいます。

具体的には11月11日とか7月7日といった日を選びます。

このぞろ目の日というのはかなり人気があるようで、お互いの誕生日に次ぐ婚約届提出日となっているという情報もあります。

婚姻届の提出にオススメの縁起のいい日!


六曜などのその日の吉凶を示す暦注を活用するときは、やはり大安が注目度が高めです。

一番知名度がある暦注なのでとりあえず吉日にしたいという人はこの大安を選びます。

また、大安以外にも吉とされている暦注は色々とありますので、それらの吉日と組み合わさった日を選ぶケースもあるのです。

具体的には天赦日や一粒万倍日がかなり人気のある吉日であり、しかも法則が違うので重なることがあります。

天赦日が1年に5回ぐらいしかないので、天赦日と一粒万倍日と大安が重なることはかなり稀なのですが、重なった日というのは暦注下段的にはかなりの吉日という扱いになりますので婚約届提出日としては最もオススメできる日と言えるのでしょう。

婚姻届を提出しない方がいい縁起の悪い日!


縁起の悪い日は暦注における凶日とされている日が重なってしまう時でしょう。

六曜の中でも仏滅と赤口は縁起が悪いのですが、それ以外にも受死日や不成就日が厄介な凶日とされていますので暦注が気になるという人は避けた方がいいでしょう。

ちなみに、受死日はカレンダーには『●』と表記されるので『黒日』として紹介されることもありますが、最も厄介な最悪の日とされているので覚えておきましょう。

不成就日は何事も成就せずに悪い結果だけが発生する日とされているので、あらゆるイベントや風習と相性が悪い日とされています。

六曜は気にした方がいいの?


これも難しい質問になりますが、特に婚約届を出した日を周りの人達に報告することがないのなら気にする必要はないと言えます。

本人達が気にしている場合は話は変わりますが、全く意識していないのなら二人にとっての記念日や誕生日から選ぶのが基本となるでしょう。

これが結婚式となると多くの人達を招くので、自分たちが六曜を信じていなくても呼ばれた側の人達の中に信じている人がいるかもしれないので、意識はしておく必要があるのです。

このように六曜の考え方も婚約届の提出と結婚式では異なってくるので注意しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は赤口と婚約届の提出日について調べて参りました。

このように婚約届の提出日は色んな理由で選ばれているので、六曜を気にしている人は少なめとなっています。

人気があるのは二人の誕生日とか付き合い始めた日といった二人にとっての記念日なので、これを押されると六曜と言ったお日柄を中心とした意見は封殺されてしまうのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました