HOME

母倉日の納車は縁起がいい?凶日が重なるとどうなる?

母倉日の納車は、縁起がいいのか気になりますよね。

納車はお祝い事ではないものの、縁起の良い日に納車を希望する方が多いと言われています。

一般的に吉日と言えば大安を思い浮かべますが、母倉日も吉日の一つ。

それなら納車をしても縁起が良さそうですよね。

そこで今回は、母倉日の納車について調べてみました。

母倉日と凶日が重なった場合の考え方なども、併せてご紹介していきます。

スポンサーリンク

母倉日の納車は縁起がいいの?


母倉日の納車は縁起がいいと言えます。

なぜなら、母倉日は吉日だからです。

一般的に吉日と言えば大安を思い浮かべる方が多いですが、日の吉凶(縁起の良い日、悪い日)は歴注と呼ばれるものになります。

歴注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いのことで、中でも特に有名なのが六曜。

六曜には吉日の大安や凶日の仏滅があり、どちらも広く知られています。

そのため、お祝い事の日取りを決める時には圧倒的に六曜による吉凶を参考にする方が多いのですが、歴注には様々な種類があり、母倉日は歴注下段という種類の中の吉日になります。

大安に比べて知名度は低いですが、吉日であることには変わりないので、母倉日の納車は縁起がいいと言えるのですね。

母倉日に凶日が重なるとどうなる?


母倉日に凶日が重なるとどうなるのでしょうか。

歴注には数多くの種類があり、種類によって吉凶の決め方が違います。

そのため、歴注下段では母倉日で吉日なのに、六曜では仏滅で凶日となることがあります。

吉日と凶日が重なったら、縁起はどうなるのか気になりますよね。

結論を言うと、母倉日は凶日が重なっても縁起の良さが変わることはありません。

母倉日は他の凶日の影響を受けないので、その日は縁起が良い日のままで過ごせるというわけですね。

他の吉日については同じ歴注下段の天赦日を除いて、重なった凶日の影響を受けてしまうと言われています。

つまり、六曜では大安で吉日であっても、撰日の不成就日などの凶日が重なってしまうと、凶日の影響を受けて大安の縁起の良さが半減してしまうのです。

そのため、しっかりと縁起にこだわって日取りを決めたい方は、その日が吉日であるだけではなく、凶日が重ならないことも確認します。

母倉日においては他の凶日を気にする必要がないので、凶日が重なっていても問題がないでしょう。

ただし、暦の上で最悪の大凶日となる受死日と重なると、母倉日であっても縁起が悪くなってしまうので、そこだけはそこだけは注意が必要になります。

納車日の決め方はどうしたらいい?


納車日の決め方はどうしたらいいのか、悩んでいる方も多いですよね。

そこでここでは、納車日の決め方についてご紹介したいと思います。

吉日を選ぶ

納車はお祝い事ではありませんが、車の運転では事故が心配なので縁起の良い日に納車をして、少しでも験を担ぎたいと考える方が多いです。

そのため、納車日に吉日を選ぶ方は多いと言われています。

中でも一般的に知られている六曜の大安は、人気の納車日。

カーディーラー側でも大安に納車ができるよう、あらかじめ配慮をしているところもあるくらいです。

最短の日を選ぶ

車は購入の契約をしてもすぐに納車されるわけではなく、車庫証明をとって登録を行ったり、取り付け部品の作業や、傷などがないか確認を行います。

オーダーメイドであれば受注から生産が開始されるので、数週間~数ヵ月ほど待つこともあるでしょう。

しかし、車を購入したら一日でも早く納車をして欲しいと思う方も多いですよね。

そのような時は、上記の手順を踏んだ上で最短で納車が可能な日を、カーディーラーに問い合わせてみましょう。

土日を選ぶ

平日は会社勤めなどで納車が難しい方もいますよね。

そのような時は、都合のつく土日に納車日を設定することができます。

ただし、土日は納車希望者が多いので予約が取りにくいと言われています。



早い段階で日にちを決めて、予約をするのがよいでしょう。

納車にオススメの開運日はいつ?


納車にオススメの開運日はいつなのでしょうか。

母倉日は納車に向いている吉日ですが、他にも縁起の良い日があります。

納車日を決める時の参考になさってみて下さい。

天赦日

歴注下段の一つで、暦の上で最上の大吉日になります。

天赦日以上に縁起の良い日はないので、最高の開運日に納車がしたいという方は天赦日を選ぶのがよいでしょう。

ただし、天赦日は一年に5~6日しかないので、実際に納車日と合わせるのは難しいかも知れません。

一粒万倍日

撰日という歴注の一つで、『一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になる』という意味があります。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、入籍や結婚などのお祝い事を始め、お金に関すること(銀行口座の開設や宝くじの購入、財布の新調、使い始めなど)を行うのが良いとされる日です。

もちろん、納車日としてもとても縁起の良い日になります。

大安

六曜の中で最も縁起の良い日になります。

縁起の良い日に納車をしたい=大安となるほど、一般的に広く知られている吉日であることから、大安の日は納車の予約が早くから埋まりやすくなります。

納車を避けた方がいい日はいつ?


納車を避けた方がいい日はいつなのでしょうか。

納車日を決める時に、特に縁起の「良い」日にこだわらないという方も多いと思います。

しかし、縁起の「悪い」日にわざわざ納車したいとも思いませんよね?

そこでここでは、納車を避けた方がいい縁起の悪い日をご紹介します。

赤口

六曜の凶日の一つで、赤という字から血や火を連想させることから、刃物による怪我や事故、火事に注意をした方がよい日と言われています。

納車において火事や事故は縁起が悪いですよね。

午前11時~午後1時のみ吉に転じる運気の日ですが、不吉であることから納車を避ける方が多いです。

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日になります。

『仏も滅するほどの凶日』という意味があり、葬儀以外は凶になります。

受死日

歴注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日です。

葬儀以外は大凶となることや、「死」という字が入っていることから、納車の日取りには向いていません。

暦によっては黒日や●で示されることもあります。

十死日

歴注下段の一つで、受死日に次いで縁起が悪い日となります。

受死日は葬儀は行っても問題ありませんでしたが、十死日は葬儀もNGとなる日。

納車も避けた方がよいでしょう。

納車に吉日や凶日を気にしない方がいい?


納車に吉日や凶日を気にしない方がいいのでしょうか?

納車は入籍や結婚などのお祝い事とは違うので、そもそも縁起を気にしないという方も少なくありません。

縁起の悪い日に納車をしたら事故などに遭いやすいのでは?と思うかも知れませんが、そもそもいずれの歴注も迷信にすぎなく、凶日だからと言って必ず不幸になるわけではないのです。

縁起にこだわり過ぎると納車日が決められないことがあるかも知れませんし、凶日に納車をしてしまい、ずっと気になって心配になってしまう方もいるかも知れませんが、それでは本末転倒ですよね。

もし凶日に納車をしてしまったら、神社やお寺に行ってお参りや祈祷を受けてみましょう。

それだけで気持ちがかなり楽になるはずです。

日ごろから縁起を気にしてしまう方なら、凶日の納車は避け、吉日に納車をすることで安心感を得ることができます。

まとめ

母倉日の納車は縁起がいいことがわかりました。

母倉日は吉日なので、納車に限らず万事に吉となる日です。

また、母倉日は凶日の影響を受けないので、凶日が重なっても縁起に問題はありません。

大安の納車は予約が埋まりやすいので、スムーズに納車がしたい場合には母倉日の納車を検討してみるのもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました