半夏生の意味や由来は?なぜタコを食べるの?

半夏生の意味や由来は?なぜタコを食べるの?

半夏生(はんげしょう)とはどんな日?

雑節の一つである「半夏生」。

あまり聞き慣れない言葉ですが、稲作が中心だったかつての日本においては、とても重要で大切な日でした。

新暦によって日付が決められている現在では、季節感の異なる旧暦はより遠い存在に感じられることもありますが、二十四節気を始めとする昔ながらの節日や暦日は、当時に生きる人々の生活や思いまでも感じさせてくれます。

では、半夏生とは一体どのような日なのでしょうか。

と言うわけで今回は、半夏生について調べてみることにしました。


Sponsored Link


半夏生とは?その意味や由来について

hangesyo3
半夏生とは、二十四節気の他に季節をより詳しく捉えるために設けられた特別な暦日のことを言います。

これを雑節と言うのですが、節分彼岸八十八夜、土用なども雑節に含まれています。

また、半夏生という名前の由来ですが、これには二説あり、一説は半夏(烏柄杓)と薬草が生える時期だから、という説と、その名も半夏生と呼ばれる花が咲く頃だから、という説もあります。

この半夏と半夏生は全く異なる植物で、薬草である半夏に対し、半夏生は毒草です。

半夏生は日本名で「片白草」と呼ばれ、数枚あるうちの一枚の葉だけが白くなることから、半化粧がいつの間にか半夏生となったと言われています。

半夏生はいつなの?

hangesyo2
半夏生は、昔は夏至から11日目としていましたが、現在では太陽黄径が100度となる日を半夏生としており、毎年7月2日頃となります。



特に農家の方々にとっては半夏生は大変重要な日と言われ、「チュウ(夏至)は外せ、ハンゲ(半夏生)は待つな」という言葉があるくらいです。

これは、夏至後、半夏生になるまでに田植えを終わらせるとよい、という意味で、半夏生の後はいくら天候がよくても田植えはしないという習慣がありました。

半夏生から5日間は田植えをしないという農家もおり、そのため半夏生は7月2日頃のみを指すのではなく、7月2日~7日の5日間を指す場合もあります。

また、半夏生前に田植えを終わらせた農家は、当日の天候で稲が豊作か凶作かを占っていたそうです。

しかし現在は、農業改革や品種改良が進み、田植えの時期はずっと早くなっています。

このため、半夏生を目安として田植えを行う農家はいないというのが現状のようです。

半夏生にタコを食べる由来は?タコ以外にも何か食べる風習はあるの?

hangesyo4
実は、半夏生にタコを食べる習慣があるのは、関西地方と言われています。

タコを食べる理由としては、稲の根がタコの足のようにしっかりと張って豊作になりますように、という願いが込められています。

また、各地方によって半夏生に食べる物も異なり、福井県大野町では大野藩主が疲れを癒すためにサバを食べることを推奨していたことからサバを食べる習慣が残っており、奈良県では麦の収穫が一段落するこの時期に麦で作った餅を神様に供え、それを食べます。

さらに香川県では、田植えが終わる半夏生に労をねぎらってうどんを食べるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

季節の節目を知ることが大事だった農家の方にとって、半夏生はとても意味のある日だったということがわかりました。

現在は、半夏生を目安にして農作業を行うわけではないようですが、昔からの知恵を利用することで今日のように農業が発展したことは間違いないと思います。

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)