HOME

京都あじさい2019の開花や見頃と名所や穴場スポットは?

京都のあじさいの名所

毎年、多くの観光客で賑わう古都京都

6月の梅雨の季節になると、雨が似合うあじさいと歴史を感じる京都が見事に調和されています。

京都のお寺や神社に咲いているあじさい観賞は、静粛の中にも可憐で落ち着いた雰囲気で

ゆったりとした時間を楽しむことができます。

あじさい鑑賞は、6月から7月上旬にかけての京都の旅を満喫することでしょう。

そこで、2019年の京都のあじさいの開花状況や見頃、名所、穴場スポットなどをご紹介します。



京都のあじさいの開花時期や名所や見頃はいつ?穴場スポットや見どころは?

三室戸寺のあじさい

三室戸寺のあじさいの動画

三室戸寺のあじさい夜のライトアップ風景の動画

 

京都のあじさい寺と言えば、三室戸寺!

敷地面積5千坪の大庭園に四季おりおりの花が見られますが、とりわけ春から夏にかけて庭園に咲きほこる1万株のあじさいが、杉木立の間に咲く様は紫絵巻のようで素晴らしい景観です。

50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れ、『あじさい寺』とも称されています。あじさいの名所として有名です。

heartajisai

最近人気急騰なのが、ハートあじさいです。特に、赤いハート型のあじさいはめずらしいです!

これを目当てに訪れる方も増えています。見つけられた時の幸せ感は最高潮です。

関西で唯一のあじさいのライトアップが始まると、初夏の夕闇に青や紫、ピンクのしっとりとした姿を浮かび上がらせるあじさい。

通路や杉木立に所々に置かれたライトが照らし出すと、花は丸いぼんぼりをともしたように映り幻想的な世界へと誘われます。

期間:6月上旬~7月上旬
時間:8時30分 – 16時30分

三室戸寺のあじさいについての詳細はコチラ

三室戸寺のあじさいの開花情報や見ごろは?ライトアップやハートのあじさい!

あじさい園ライトアップ
期間:6月中旬~下旬の土・日曜日のみ
時間:19時 – 21時(20時30分受付終了)
場所:京都府宇治市菟道滋賀谷21
電話:0774-21-2067

アクセス:京阪 「三室戸」駅より東へ徒歩15分

車の場合

京滋バイパス「宇治東」ICより約3分

三千院のあじさい

三千院のあじさいの動画


三千院は京都市左京区大原ののどかな風景が広がる中にある天台宗の寺院。

初夏になるとみずみずしい青もみじが輝き、青苔も生き生きとした様子を見せます。

京都市街からかなり離れているところにもかかわらず、この季節は特に多くの参拝客が訪れます。

三千院のあじさい苑では、6月上旬の小あじさいに始まり、7月中旬まであじさいが咲き誇ります。

あじさいの見頃は、6月中旬から7月上旬。境内には3000株以上のあじさいが開花します。

一般的なあじさいのほかに、山あじさいや額(ガク)あじさい、珍しい星アジサイなど種類も豊富。

金色に輝く阿弥陀三如来座像、境内を流れていく小川、苔の上で微笑むわらべ地蔵…そんな癒しの光景とともにアジサイは訪れる人を楽しませてくれます。

なお、あじさい祭りの期間中京都・滋賀をはじめ全国の高僧・名士の方々のご協賛をいただき、チャリティー墨蹟展を行い特別価格で即売会があり、収益金は社会福祉事業団などに寄付されるようです。



期間:6月中旬~7月中旬
時間:8:30~17:00
※三千院のあじさい祭りの詳細
住所:京都府京都市左京区大原来迎院町540
電話:075-744-2531
アクセス:JR京都駅からバス50分、バス停:大原→徒歩10分

車の場合

名神高速[京都東IC]より“国道161・湖西道路”経由、[真野IC]で下りて、《途中》方面へ、《途中》を経由して《大原》方面へ。

善峯寺(よしみねでら)のあじさい

善峯寺のあじさいの動画


絶景!「善峯寺」の「あじさい苑」はまるで天空の花園。

眼下に広がる色とりどりのあじさいと京都の町の眺めはすがすがしい気分にしてくれます。

あじさいの見頃は、例年6月中旬から下旬です。山に近いので京都の市街地よりはちょっとだけ開花が遅い程度でしょうか。

山の斜面に植えられたあじさいの数は約1万本。京都でも1、2を争う規模なんです。

「あじさい苑」は、小道があるので間近でも遠方からでも見学可能です。

また、斜面に咲くことから見上げたり、見下ろしたりとさまざまなアングルの景色を楽しむことができます。

もともとこのあじさい苑のあったエリアは、善峯寺を開いた源算上人が写経のための墨をすったとされる湧き水「白山名水」のあった所です。

「あじさい苑」の近くで約330年前から祀られているという「幸福(しあわせ)地蔵」へのお参りも忘れずに。

ちなみに「善峯寺」は、JR東海の「そうだ京都、行こう。」キャンペーンでは桜と紅葉の名所として紹介され、一躍有名になった寺院です。

住所:京都市西京区大原野小塩町1372
電話:075-331-0020
拝観時間:8:00~16:30
駐車場:あり
アクセス:

電車
JR
JR向日町駅下車(JR京都線)、阪急バス66番(善峯寺行き)30分、終点「善峯寺」下車、徒歩8分。

阪急電車
阪急東向日駅下車(阪急京都線)、阪急バス66番(善峯寺行き)30分、終点「善峯寺」下車、徒歩8分。

車での行き方マップ

map

藤森神社のあじさい

藤森神社のあじさいの動画


勝運と馬の神様として競馬関係者の参拝も多い「藤森神社」

6月になると愛らしいアジサイが咲き誇ります。

森のような境内には「紫陽花苑」が2箇所。

あじさいの開花状況に応じて境内にある2カ所の紫陽花苑が公開されます。

約3500株の紫陽花が植えられ、青色から赤紫色へのグラデーションが美しいです。

西洋あじさいや額あじさいをはじめ、柏葉あじさい、おたふくあじさい、アナベルなど種類が豊富です。

花の発色が一層際立つ梅雨の晴れ間がおすすめです。

「紫陽花の宮」と呼ばれるにふさわしい初夏の景色が広がります。

社務所には「あじさい鈴守り」(500円)というかわいらしいお守りもあるのでお見逃しなく。

期間:6月上旬より開花予定(約1ヶ月間)
時間:9:00~16:00
住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609
電話:075-641-1045
拝観時間:9:00~16:00
アクセス:京都駅からJR奈良線「藤森」下車徒歩5分
京阪三条から京阪電車「墨染」下車徒歩7分
駐車場:無料 バス10台 自家用車50台



コメント

タイトルとURLをコピーしました