HOME

天赦日と一粒万倍日が重なるとかなりの吉日!それぞれの意味は?

2020年の天赦日と一粒万倍日が重なる日はいつ?

大安を凌駕する吉日として有名な天赦日と一粒万倍日ですが、カレンダーにその表記がされることは少なくなっているのでいつなのかわからないという人も多いでしょう。

今回は天赦日と一粒万倍日について詳しく解説し、この二つが重なる最高の吉日についてお話したいと思います。

2020年だとそれはいつなのかもしっかりとチェックしていきましょう。



天赦日と一粒万倍日が重なるとかなりの吉日?


天赦日と一粒万倍日が重なる日は1年でも1回か2回しかない、超貴重な吉日です。

天赦日は
「立春から立夏の前日までの戊寅の日」と
「立夏から立秋の前日までの甲午の日」と
「立秋から立冬の前日までの戊申の日」と
「立冬から立春の前日までの甲子の日」
というルールがありまる。
一粒万倍日は二十四節気を基準に考えられており
「立春から啓蟄前日までの丑午の日」と
「啓蟄から清明前日までの寅酉の日」と
「清明から立夏前日までの子卯の日」と
「立夏から芒種前日までの卯辰の日」と
「芒種から小暑前日までの巳午の日」と
「小暑から立秋前日までの午酉の日」と
「立秋から白露前日までの子未の日」と
「白露から寒露前日までの卯申の日」と
「寒露から立冬前日までの午酉の日」と
「立冬から大雪前日までの酉戌の日」と
「大雪から小寒前日までの子亥の日」と
「小寒から立春前日までの子卯の日」
というルールがあります。

このルールを確認したうえで二十四節気に詳しい方が見ると、一粒万倍日と天赦日が重なる日は1年に2回程度しかないことがすぐにわかるでしょう。

大安に並ぶ吉日と称されている一粒万倍日と最高の吉日といわれている天赦日が組み合わされた日は、幸運で満たされており物事がいい方向に進みやすい日となります。

天赦日と一粒万倍日の意味は?


それでは具体的に天赦日と一粒万倍日の意味はどのようなものなのかを見ていきましょう。

なんとなく、漢字から意味を推察できる人もいるでしょうが明確な意味を理解したほうがわかりやすい部分もありますので掘り下げていく必要があります。

天赦日

天赦日の意味は「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」であり「万(よろず)よし」とされている最高の吉日です。

陰陽道における1年で最良の吉日とされており「百神が天に昇る禁忌するところがない日」とされています。

ただし、この天赦日の幸運というのは日本に住んでいる方々ならばまんべんなく受けられるものとなっておりますので、自分一人が特別に幸運になっているわけではないことをしっかりと認識する必要があります。

一粒万倍日

一粒万倍日の意味は「一粒蒔いた種籾が万倍に実る」という意味で、何事を始めるにも良い日とされている吉日です。

自分の行動による結果が倍になって返ってくる日と考えるとわかりやすいでしょう。

ただし、この一粒万倍日は数がかなり多く他の暦注と重なることもかなりありますので他の吉日と被ることでさらに効果が倍増するという見方が多数あります。

いわゆるセット運用でより輝く吉日ということです。

また、「一粒蒔いた種籾が万倍に実る」というのは良いことだけではなく悪いことも当てはまってしまいますので、自分の行動をしっかりと顧みる必要はあるでしょう。

2020年の天赦日と一粒万倍日が重なる日はいつ?


2020年の天赦日と一粒万倍日が重なる日は2020年1月22日(水)と6月20日(土)の2日だけです。

もともと2020年の天赦日は1月22日・2月5日・4月5日・6月20日・9月2日・11月1日・11月17日の7日間だけなので、そこから一粒万倍日が重なる日を絞ると2日しかなくなってしまいます。

一粒万倍日は大安のようにそれなりの数がある吉日となりますが、天赦日のほうはこのようにもともとの数が少ないので、二つが重なる日がどれだけ貴重な日なのかがわかります。

2018年のカレンダーがどうなっているのかもついでにチェックしてみましたが、天赦日と一粒万倍日が重なっていたのは2月1日と7月1日と9月13日の3日間だけだったので、多くても3日程度しかかぶらないと考えたほうがいいでしょう。

どんなことをしたらいいの?


天赦日は基本的に何をやってもプラスに働く日なので、ギャンブルや犯罪行為以外は何でもokな日となっており、あまり気にすることなく行動できます。

ちょっと制限が発生するのは一粒万倍日です。

一粒万倍日は「一粒蒔いた種籾が万倍に実る」という何事を始めるにも良い日ですが、自分の行動による結果が倍になって返ってくる日でもありますので、倍になって返ってきては困る行動はできません。

なので、推奨される行動は仕事始め・回転・種まき・願掛け・開運グッズの購入・趣味などでしょう。

とにかく何らかの行動を開始することが推奨される日となっておりますので、行動を起こすことが重要になるのです。

特に金運が上昇するという意見が多いので銀行口座を開いたり宝くじを購入することを推奨する人もかなりいます。

また、種まきに最適な日となっていますので言葉でいうところの「種をまいた」につながる行動も良しとされているようです。

たとえば、誰かに好意を示すことで好意の種がまかれて後に華が咲く可能性があるので「○○さんのそういうところは頼りになる」とか「信頼している」という言葉を投げかけるのにも最適な日という意見もあります。

この解釈はなかなか面白いです。

ちなみに、趣味や開業のための出費は必要経費に該当するのでここではokとされています。

駄目なのはそれ以上の出費です。

やってはいけないことはある?


天赦日は基本的に全部が幸運につながるのでNG行動は少ないのですが、しいて言うなら犯罪行為とギャンブルがNGです。

天赦日は前述したように日本に住んでいる方々に等しく幸運が訪れるので、自分一人だけ運気がアップしているのではありません。

なので、競馬や競艇といったギャンブルをしても周りの人たちの運気も上がっているので勝てる確率が向上するものではないのです。

また、一粒万倍日は悪いことも倍になって返ってくるので、NG行動もかなり増えます。

例えば、借金をしてしまうと借金の額も結果的に倍以上になる恐れもありますし、借りを作るとその借りを返す労力も増えてしまう恐れがあるのです。

無駄な浪費をしてしまうと消費が増える恐れがありますので、これもNG行動に該当してしまいます。

他にもSNSなどを使って失言をしてしまったり他人を攻撃してしまうと、争いの種を自らまいてしまうことになりますので一気に華開いて大変なことになってしまう恐れもあるのです。

このように一粒万倍日にはかなり制限もありますので、きちんと自分の行動を顧みる必要があります。

不幸の種や争いの種、不和の種をまかないように行動や言動に細心の注意を払って行動するようにしましょう。

SNSは身近にありすぎるツールなので、ついつい使い続けてしまいますが、そこから何らかの種がまかれることは多々あるのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は天赦日と一粒万倍日について詳しく解説しました。

天赦日のほうがそこまで制限はないのですが、一粒万倍日は結構制限があります。

自分がやったことが倍以上になって返ってくるというのがポイントなのですが、何らかの種をまくとそれが返ってくるようになっているので、いろいろと気を付ける部分が多いのです。

気が付かないうちにいろんな種をまいてしまうのが人間なので、その日は自分が張れるアンテナを最大限に広げながら行動してください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました