HOME

【2020年】赤口の日一覧カレンダー!

赤口について疑問が多いQ&Aを一挙ご紹介!

お祝い事は大安、お悔やみ事は仏滅のように、日本では昔からお日柄にこだわる風習があります。

しかし、大安や仏滅は知っているものの、赤口はよくわからないという人が多いのではないでしょうか。

赤口や大安は、中国が発祥の暦注の一つ(六曜)で、最も縁起が良いと言われている大安に対し、赤口は仏滅に匹敵するほど縁起の悪い日となっています。

そのため、結婚式や入籍を始め、納車や引っ越しなどでも避けられることが多いのですが、いつが赤口なのかがわかると、来年の計画が立てやすいですよね。

そこで今回は、2020年の赤口を調べて一覧にしてみました。

結婚式や入籍はもちろんですが、それ以外にも大きな行事の予定がある方は、「赤口カレンダー2020」を活用して下さい。



2020年赤口の日一覧カレンダー

2020年1~12月の赤口が一目でわかるよう、月ごとに一覧にしています。

赤口がいつなのか前もって知ることで、大きな行事の計画が立てやすくなると思いますので、ぜひ活用してみて下さい。

1月


(画像はhttps://illustimage.com/のものを使用しています。
こちらは無料画像となっていて、リンクなどの必要もありません)

1月の赤口の日

・1月1日(水曜)

・1月7日(火曜)

・1月13日(月曜)

・1月19日(日曜)

・1月30日(木曜)

2月


2月の赤口の日

・2月5日(水曜)

・2月11日(火曜)

・2月17日(月曜)

・2月23日(日曜)

・2月28日(金曜)

3月


3月の赤口の日

・3月5日(木曜)

・3月11日(水曜)

・3月17日(火曜)

・3月23日(月曜)

・3月27日(金曜)

4月


4月の赤口の日

・4月2日(木曜)

・4月8日(水曜)

・4月14日(火曜)

・4月20日(月曜)

・4月25日(土曜)

5月


5月の赤口の日

・5月1日(金曜)

・5月7日(木曜)

・5月13日(水曜)

・5月19日(火曜)

・5月25日(月曜)

・5月31日(日曜)

6月


6月の赤口の日

・6月6日(土曜)

・6月12日(金曜)

・6月18日(木曜)

・6月22日(月曜)

・6月28日(日曜)

7月


7月の赤口の日

・7月4日(土曜)

・7月10日(金曜)

・7月16日(木曜)

・7月21日(火曜)

・7月27日(月曜)

8月


8月の赤口の日

・8月2日(日曜)

・8月8日(土曜)

・8月14日(金曜)

・8月24日(日曜)

・8月30日(月曜)

9月


9月の赤口の日

・9月5日(土曜)

・9月11日(金曜)

・9月21日(月曜)

・9月27日(日曜)



10月


10月の赤口の日

・10月3日(土曜)

・10月9日(金曜)

・10月15日(木曜)

・10月20日(火曜)

・10月26日(月曜)

11月


11月の赤口の日

・11月1日(日曜)

・11月7日(土曜)

・11月13日(金曜)

・11月17日(火曜)

・11月23日(月曜)

・11月29日(日曜)

12月


12月の赤口の日

・12月5日(土曜)

・12月11日(金曜)

・12月16日(水曜)

・12月22日(火曜)

・12月28日(月曜)

赤口に関するQ&A


赤口は、大安や仏滅に比べて知名度が低いため、疑問に思うこと、知らないことが多いという方もいるかも知れません。

そこでここでは、赤口に関するQ&Aにお答えしていこうと思います。

赤口に葬式をしてもいいの?

赤口は仏滅に次いで六曜の中で縁起が悪い日とされているので、結婚式や入籍などのお祝い事では避けられるものの、弔事については特に問題はないと言われています。

六曜の中で、葬式を避けた方がよいと言われているのは友引です。

友引の本来の意味は「勝負がつかない」や「引き分ける」なのですが、友を引くと書くことから友引に葬式を行うと、故人が冥土に友を引いていくとなり縁起が悪いと言われています。

なお、六曜は迷信であるため、友引に葬式を行ってもそのようにはなりませんが、慣習によって葬儀社や火葬場は友引を定休日としており、葬式を行うことはできないのが現状となっています。

お通夜はしても大丈夫?

葬式同様、赤口にお通夜をしても構いません。

お通夜で避けるべきは先勝です。

六曜は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順番で巡るため、お通夜が先勝にあたると翌日の葬式が友引となり、葬式を行うことができなくなってしまいます。

なお、このような場合には先勝に仮通夜、友引に本通夜を行い、仏滅に葬式を行うことで友引の葬式を回避することができます。

結婚式や入籍は縁起が悪い?

赤口は六曜の中で縁起が悪い日となっているので、結婚式や入籍の日取りとしては避けられています。

ただし、大安や友引に比べて予約が埋まりにくい赤口では、挙式料金を割引している結婚式場も多いようで、最近は六曜を気にしない世代が、挙式料金を抑えるためにあえて赤口に結婚式を挙げるケースも増えていると言われています。

なお、赤口に結婚式を行う場合は、赤という字から連想される血や火事を想像させるものは避けた方がよいと言われています。

例えば、ケーキカットでは刃物を使いますし、キャンドルサービスでは火を使いますよね。

もちろん、何も気にしないのであれば両方とも行って何ら問題はないのですが、他に空いている日がなくしかたなく赤口に行う場合などには、少しでも縁起を担ぎたいのであればそれらを避けることでカバーができると言われています。

引っ越しは避けたほうがいい?

赤口は縁起の良い日ではないので、縁起を担ぎたい場合は引っ越しも避けた方がよいでしょう。

結婚式や入籍ほどではないものの、引っ越しも大安、友引を狙って予約する人が多く、赤口はあまり人気がありません。

しかし、挙式料金の割り引きのように、引っ越しにも赤口を予約すると割引サービスを設けている業者が多数あります。

また、業者による引っ越しが赤口でも、それ以前に小さな荷物などを自分で運び入れていたら、その日を引っ越し初日とできるため、引っ越し先が近場で荷物の運び入れができる状況であれば、さほど赤口の引っ越しを気にする必要はない場合もあります。

赤口の前日が大安になっているので、食器類や衣服などを前もって新居に運び入れていれたら、引っ越しは大安ということになり、縁起を担ぐことができます。

引っ越し先が遠方の場合でも、当日に塩を盛って作業を行うと厄払いになり縁起を気にする必要がなくなりますよ。

納車はしてもいい?

赤口は赤と言う字が血や火事を想像させるため、事故を連想させることから、納車は避けた方がよいと言われています。

六曜の中で最も縁起が悪いのは仏滅ですが、納車においては仏滅よりも赤口の方が縁起が悪いとも言われているので、少しでも気になる人は避けた方がよいでしょう。

なお、納車でも人気の日取りは大安になっています。

赤口は直近でも納車の予約をとりやすいと言われているので、六曜が全く気にならず、一日でも早く納車をして欲しいという方は赤口の納車を検討してみるのもよいかも知れません。

まとめ

赤口は六曜の中で仏滅に匹敵するほど縁起が悪いとされ、結婚式や入籍などのお祝い事はもちろんのこと、納車や引っ越しなども避けられることが多いです。

しかし、六曜を全く気にしないという方では、比較的日数に余裕がない場合でも赤口なら結婚式や引っ越しの予約が取れたり、料金が大安に比べて割引されていることがあります。

引っ越しであれば、業者が入って荷物を運び出す以前に、小さい荷物で構いませんので、新居に運び入れておくとその日が引っ越し初日となるので、赤口の縁起の悪さを回避できるだけではなく、引っ越し料金も抑えられるので、大安にこだわらないという方は覚えておくとお得かも知れません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました