HOME

赤口に引っ越しはよくないって本当?縁起が悪いの?

赤口に引っ越しを避けられないときの対処法は?

新しい生活のスタート、もしくは新しい人生の幕開けとなるような大きな転機の中で迎える引っ越しは、縁起が良い日取りにしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

一般的に縁起が良い日として知られているのは六曜の中では大安なので、当然ながら予約が埋まりやすく、なかなか希望する日時が取れない可能性があります。

そうなると別の日に引っ越すしかなくなるのですが、赤口に引っ越すことになった場合、縁起がよくないという話を聞きますよね。

そこで今回は、赤口の引っ越しについて調べてみました。

赤口の引っ越しは縁起がよくないと言われる理由や、赤口に引っ越しをしなければならない時の対処法はもちろん、料金が安くなるメリットなども合わせてご紹介します。



赤口に引っ越しをするのはよくない?

日本では、行事を行う際にお日柄を気にする人が多いと言われています。

それでは、そのお日柄はどのように決めているのかと言うと、暦注の一つである六曜を元にしています。

カレンダーに大安、先勝、友引などの文字が書かれているのを見たことがあると思いますが、それが六曜です。

一般的によく知られているのは、六曜の中で最も縁起の良い大安と最も縁起の悪い仏滅です。

結婚式や入籍などのお祝い事に選ばれるのは大安になるのですが、お祝い事はこれらに限らず、引っ越しや納車においても日取りを気にする人は少なくありません。

そのため、引っ越しでも大安を始め、大安の次に縁起の良い友引、その次に縁起の良い先勝・・という具合に予約が埋まっていきます。

一方で赤口はと言うと、六曜の中では仏滅に匹敵するほど縁起が悪い日とされているため、お日柄的には避けた方がよいと言われています。

また、最近では仏滅は物滅に通じることから、全てが滅びることで0からのスタートとなるとされ、引っ越しによって新しい生活を始める上では縁起が良い日と捉えられることも増えてきており、赤口が最も避けるべき日という見方をする人も多くなっています。

引っ越しを赤口にするのは縁起が悪いと言われる理由は?


赤口が六曜の中で仏滅に匹敵するほど縁起が悪いと言われているのは、先ほどご紹介した通りなのですが、それがどうしてなのかと言うと、赤口の由来や意味が大きく関係しています。

赤口は、赤舌神の指示によって六神が6日ごとに王都の門番をする際に、3番目の羅刹が横暴だったことから羅刹が守護をする時は大人しく過ごし、結婚などのお祝い事を控えるようにとされたのが始まりと言われています。

また、赤口の赤が血や火事を連想させることも、赤口が縁起の悪いと言われる理由となっています。

このようなことから、赤口はお祝い事はもちろんのこと、何事も行わずに過ごすのがよいとされています。

どうしても赤口を避けられないときの対処法はある?


縁起を担ぐなら、赤口の引っ越しは避けたいところですが、なかなか思うようにいかないことも多々あります。

そこで、どうしても赤口に引っ越しせざるを得ない場合は、次の対処法を行うことで厄払いをすることができます。

先に荷物を運ぶ

引っ越し先が近場なら、あまり使わない荷物を先に新居へと運び入れてしまいましょう。

業者による大掛かりな引っ越しが赤口であっても、例えば着ていない衣服やしばらく使う予定のない食器などを小さな段ボールなどに詰め、それを新居に運び入れた日が大安であれば、引っ越しは大安に行ったということになります。

この時、一泊をするとよいと言われていますが、それが無理でもとにかく荷物を運んでしまえば、引っ越し日を赤口から変更することができます。



塩を盛る

引っ越し先が遠く、事前に荷物の運び入れができない場合は、引っ越し当日に荷物を新居に入れる前に、玄関に盛り塩をしてお清めを行いましょう。

また、万年青(おもと)という植物を玄関に飾ると縁起が良いと言われています。

赤口に引っ越しをするメリットはある?


これまで、赤口の引っ越しの悪い部分ばかりをご紹介してきましたが、縁起の良し悪しが気にならないという人や、例え縁起が悪い日でもそれを上回るメリットがあるなら、赤口に引っ越しをしてもよいと思う人もいますよね。

そこでここでは、あえて赤口に引っ越しをする場合のメリットをご紹介したいと思います。

料金が安い

縁起が良い大安や友引は予約が埋まりやすいため、必然的に料金も割高となってしまいます。

最近は引っ越し業者や働き手の不足から、特にこの傾向が強くなっていると言えますが、一方で赤口は引っ越しの日取りとしては避けられやすいため、予約が埋まりにくいことから料金が割引されることが多くあります。

しかしこれも、繁忙期(2~4月)は別の話です。

また、土日は赤口であっても予約が埋まりやすいことから、必ずしも割引をされるというわけではないのですが、閑散期(2~4月以外)の平日の赤口はかなりの確率で、引っ越し業者が割引をしてくれると言われています。

日取りしやすい

大安は土日以外であっても予約が入りやすいですが、赤口は平日なら比較的直近でも予約がとりやすいと言われています。
(ただしこれも閑散期の話です)

急に引っ越しが決まった場合でも、赤口なら希望の日に引っ越しできる可能性は高いと言えるでしょう。

六曜と引っ越しの関係について!


赤口と引っ越しの関係についてはわかったものの、他の六曜と引っ越しはどのようになっているのか気になりますよね。

そこでここでは、赤口以外の六曜と引っ越しの関係についてご紹介します。

・大安

六曜の中で最も縁起が良い日とされ、結婚や入籍はもちろん、引っ越しや納車なども最良の日と言われています。

そのため、大安の引っ越しは人気があり、予約がなかなか取れなかったり、繁忙期では他と比べて割高になることもあります。

・友引

大安に次いで縁起が良いと言われている日です。

ただし、11~13時は凶となっているので、縁起を担ぎたい場合はその時間帯は作業を中断するなど、対処をする必要があります。

また、友を引くと書くことから、新居の隣人などに恵まれる運気を運んでくるとも言われています。

・先勝

先ずれば勝ちという由来から、午前は吉、午後が凶となっており、引っ越しをするなら午前がよいと言われていますが、午前中に作業を開始した分については午後に跨いでも問題はないと言われています。

午後からの引っ越しは避けた方がよさそうです。

・先負

先勝とは逆に、午前は凶、午後は吉となる日です。

そのため、引っ越しを行うなら午後からがよいでしょう。

・仏滅

仏も滅するほど縁起の悪い日として、六曜の中では凶日となっています。

しかし最近は、物滅に通じることから「全てを滅ぼすことで0からのスタートとなる日」と捉えられ、引っ越しにおいては縁起が良いという見方をする人が増えています。

まとめ

赤口は縁起が悪い日のため、縁起を担いで引っ越しをしたいという方にはお勧めできません。

しかし、六曜はあくまでも暦注の一つであり、科学的根拠がありません。

そのため、あまりにも気にしすぎてしまうのもよくないでしょう。

例え引っ越しが赤口にしかできないとしても縁起を担ぐ方法はあるので、都合がよいのではあればそれを無理に変更する必要はないと思われます。

また、赤口の引っ越しは料金が安くなったり、希望する日の予約がしやすいなどのメリットもあります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました