HOME

先負が開業日でも大丈夫なの?開業日の決め方はどうしたらいい?

お店や会社を開業する時、開業日をいつにするか悩む方が多いのではないでしょうか。

縁起の良い日には大安がありますが、開業したいと思っている日が大安ではなかったら、開業日を変更した方がいいのか考えてしまいますよね。

また、大安や仏滅は名称や意味が広く知られていますが、先負は馴染みがない方も多く、開業日でも大丈夫なのか気になる方も多いと思います。

そこで今回は開業日の決め方や、開業日に向いている吉日などについて調べてみました。

スポンサーリンク

先負が開業日でも大丈夫なの?


先負は「負(ける)」という字が入っているため、なんとなく縁起が悪い日のイメージがありますが、六曜の中では大安、友引、先勝に次いで4番目の吉日となります。

そのため、先負に開業をしても縁起が悪いということはありません。

ただし、気を付けたい点が一つだけあります。

先負は『先んずればすなわち負け』という意味から、急いで物事を行うのは控えた方がよい日とされ、午前中は凶、午後からは吉となる運勢の日です。

つまり、大安のように一日中吉日ではないので、先負に縁起を担いで開業を行うなら午後からがお勧めとなります。

午前中に開業・開店を行いたい場合や、終日通じて縁起がよい日を選びたいということであれば、先負は避けた方がよいかも知れません。

また、不動産関連など縁起を気にする業界の場合、契約や開業は「必ず大安」にこだわる方がいらっしゃるので、配慮が必要なケースもあるでしょう。

開業日の決め方はどうしたらいい?


開業日の決め方は人によって違い、区切りのよい月初の1日からとする方を始め、自分の誕生日や29(肉)などの語呂合わせなど様々です。

また、開業する日付に特にこだわりがないという場合でも、多くの方が気にするのが縁起です。

新しいスタートとなる日ですから、縁起が悪い日よりは縁起のいい日に始めたいというのは、誰もが思うところですよね。

縁起の良し悪しを決めるのに、一般的に広く使われているのが『六曜』です。

六曜は中国が発祥の歴注の一つで、日本には鎌倉時代末期から奈良時代に伝わりましたが、庶民に浸透したのは江戸時代で、そこから名称や意味を変化されつつ現在のような形になったのは戦後と言われています。

大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」の6つから成り、大安が最も縁起がよい吉日となります。

宝くじ売り場などでも「今日は大安吉日です」と縁起のよい日であることをアピールしていることがあるので、見かけたことがある方も多いと思いますが、一方で最近はあまり気にしない方も増えているようです。

とは言え、一部の業界においては今でも六曜に基づいた縁起の良し悪しにこだわることが多い場合もあり、開業するなら必ず大安を選ぶべきという慣習が残るところもあります。

先負の日を避けたほうがいい行事は?


先負は午前中は凶ですが、午後からは吉となる日のため、入籍や結婚式などのお祝い事を行っても特に問題ありません。

入籍や結婚式の日取りでは大安の人気が高いものの、役所が混雑しやすいので婚姻届を出すのに時間がかかったり、結婚式の予約も早くから埋まりやすく、希望の日をとることが難しいと言われています。

並んで待つのが嫌という方や、大安にこだわらず少しでも早く結婚式を挙げたいという場合は、先負なら役所は大安ほど混雑しないで済みますし、結婚式場の予約も比較的スムーズに行うことができます。

また、七五三やお宮参りも午後からであれば縁起がよいので大丈夫ですが、お子さんによっては午後より午前の方が機嫌がよい、午後はお昼寝の時間が長く、参拝のタイミングによっては寝てしまうかも・・などの心配があることがありますよね。

そのような時はお子さんの体調などの最優先し、午前中に参拝することをお勧めします。



縁起にこだわるなら先負は避け、別の日に予約するのがよいでしょう。

開業日に縁起のいい六曜はどれ?

大安

六曜の中で最も縁起がよい日とされ、入籍や結婚式、七五三、お宮参りなどのお祝い事のお日柄に選ばれやすい他、宝くじの購入や契約、引っ越し、納車などにも選ぶ方がいます。

午前、午後を問わずに一日中吉日となるので、開業日としてもとてもふさわしい日となります。

友引

大安に次いで縁起がよい日なのが友引です。

ただし、午の時刻(午前11時~午後13時)は凶となるので注意して下さい。

午前11時までと午後13時以降は吉となりますが、顧客や取引先などで吉凶を気にする方が多い場合は避けた方がよいかも知れません。

先勝

「先んずればすなわち勝ち」の意味で、午前中は吉、午後からは凶となります。

大安、友引に次いで3番目の吉日ですが、時間によって吉凶が分かれるので、先負や友引と同様に顧客や取引先などによっては避けた方がよいでしょう。

開業日に向いている吉日!


吉凶の指標となるのは六曜以外にもあります。

そこでここでは、開業日に向いているお勧めの吉日をご紹介します。

一粒万倍日

一粒の籾から万倍の稲が実という意味があり、開業だけではなく、何事を始めるのに良い日となっています。

特にお金に関係することを行うのに向いている日と言われています。

一ヵ月に5日ほどあります。

一粒万倍日の意味や由来!読み方はどうやって読む?
2020年の一粒万倍日はいつ?縁起の悪い日と重なったらどうなる? 一粒万倍日は六曜と比べるとちょっと知名度に劣りま...

天赦日

数ある吉日の中でも最も縁起がよい日と言われています。

どのような罪も神様が許してくれるという意味があり、開業を始め、結婚や引っ越し、口座の開設、財布の新調などを行うと運気が上がると言われています。

一年に5~6日しかない稀の日のため、わざわざこの日に合わせて開業日を設定する方もいらっしゃいます。

一粒万倍日、天赦日だけでも縁起が良い日になりますが、これらに大安が重なる日も存在します。

また、一粒万倍日と天赦日が重なる日もあることから、「とにかく最高に縁起の良い日に開業したい」ということであれば、その日を開業日にするのもよいでしょう。

天赦日の意味や由来と読み方!したほうがいいことは?
天赦日にしたほうがいいことやしてはいけないことはある? その日の吉兆を簡単に表すものとして選日というものがあります...
天赦日と一粒万倍日が重なる日はかなり良いの?それぞれの意味は?
2021年の天赦日と一粒万倍日が重なる日はいつ? 大安を凌駕する吉日として有名な天赦日と一粒万倍日ですが、カレンダ...

開業日には向いていない凶日!

赤口

六曜の中の凶日で、午の時刻(午前11時~午後13時)のみ吉となりますが、それ以外の時間帯は凶日となります。

赤という字が血や火を想像させるため、事故や火事に注意する日とされています。

六曜では赤口よりも仏滅の方が縁起の悪い日なのですが、新規開店や開業においては仏滅よりも赤口の方が縁起が悪く、避けた方がよいと言われています。

仏滅

六曜の中で最も縁起が悪く、「仏も滅するほどの凶日」という意味があります。

結婚式などのお祝い事を始め、開業も避けた方がよいと言われていますが、最近は仏滅が物滅に通じることから、一旦物事を0にして新しいスタートを切るという解釈がされるようになり、あえて結婚式や開業の日取りに仏滅を選ぶ方もいるようです。

不成就日

読んで字の如く、何事も成就しない日とされ、開業を始め、結婚や引っ越し、契約などあらゆることを行うのに避けた方がよい日と言われています。

不成就日とは?意味や由来と読み方や吉日と重なったらどうなる?
不成就日と吉日が重なったらどうなる? 不成就日は六曜や七曜や十二直といったカテゴリーが決まっているものの一つではあ...

まとめ

先負は午前中は凶、午後からは吉となる運勢の日です。

午後であれば縁起がよい日という見方ができますが、一方で業種によっては開業日は大安に限ると決まっているところがあるのも事実です。

お店や会社を新しく始める場合、自分としては開業日が先負であっても特に気にならないという場合でも、顧客や取引先の意見を取り入れ、先負は避ける必要が出てくることもあります。

また、縁起のよい日は大安以外にもあり、一粒万倍日や天赦日は大安よりも運気のよい日と言われています。

「とにかく最高に縁起のよい日に開業したい」ということであれば、一年に1~2日程度しかありませんが、一粒万倍日と天赦日が重なる日を選ぶこともできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました