HOME

不成就日にしてはいけない事!してしまった時の対処法!

不成就日にしてはいけない事は何なのでしょうか。

不成就日にしてはいけない事をしてしまった時の対処法を知りたいですよね。

日本では六曜の仏滅は縁起が悪い日としてよく知られており、不成就日は今、初めて聞いたという方もいるかも知れません。

しかし、日の吉凶が気になる方なら不成就日も知っておいた方がよいでしょう。

そこで今回は、不成就日にしてはいけない事をご紹介します。

スポンサーリンク

不成就日にしてはいけない事


不成就日にしてはいけない事は、簡単に言うとお祝い事全般になります。

不成就日は撰日という暦注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、何も成就しない、成功しないという意味の凶日になります。

そのため、特にお祝い事に関しては失敗を避けたいので、不成就日にはしてはいけない事とされています。

それでは具体的に、不成就日にしてはいけない事を見てみましょう。

・入籍や結婚式

・新規開店や開業

・契約

・引っ越し

・相談

・赤ちゃんの命名

・建築

・芸事始め

・願い事

契約や引っ越し、相談などお祝い事に含まれないものもいくつかありますが、どれも不成就日の意味から考えると避けたい事柄と言えますよね。

これ以外でも、悪い結果となることは避けたい場合は、不成就日にはしない方が賢明と言えるでしょう。

してはいけない事をしてしまった時は?


してはいけない事をしてしまった時は、どのように対処すればよいのでしょうか。

その日が不成就日だと知らなかった場合や、「これは不成就日に行っても問題ないだろう」と考えていたのに、後から避けた方がよい事柄だったとわかったら、どうしたらよいのか気になりますよね。

不成就日に入籍や結婚式をしてしまった

入籍や結婚式はお祝い事の中でも、とりわけ縁起の良さを気にする行事と言えます。

しかし、日本では多くの場合、六曜の大安(吉日)を日取りとして選ぶ、もしくは仏滅(凶日)は避けるのが一般的のため、不成就日はあまり気にしていない方が多いと言えます。

不成就日に入籍や結婚式をしてしまった時は、その日に他に吉日が重なっていないか確認してみましょう。

大安を始めとして吉日が重なっていた時は、不成就日の縁起の悪さを抑えることができると言われています。

そもそも、凶日に入籍や結婚式をしてしまったからと言って、その夫婦が必ず離婚してしまうわけではありません。

あえて困難を選んで打ち勝つべく、凶日を日取りに選ぶカップルもいますよ。

不成就日に引っ越しをしてしまった

引っ越しはお祝い事ではありませんが、入籍や結婚式と同じく、縁起を気にする方が多いです。

そのため、引っ越しも六曜の大安を日取りに選ぶ方が多いと言われています。

引っ越し業者でも、大安は料金が割高、反対に仏滅は料金が割引きといった対応をしているところが多いですが、不成就日を知っているところは少ないです。

引っ越しの場合も、他に吉日が重なっていれば縁起の悪さは抑えられますし、もし不成就日のみであっても、「縁起の悪い日に引っ越しをしたなら、後は運気が上がるだけ」と前向きに捉えてみてはいかがでしょうか。

不成就日に宝くじを買ってしまった

宝くじは縁起の良い吉日に買うのがよいと考えがちですが、実はとある宝くじの一等当選者の購入日を調べてみると、最も多かったのは凶日の仏滅という結果が出ています。

ちなみに2番目に多かったのは同じ凶日の赤口。

つまり、データ上では宝くじは吉日よりも凶日の方が当たりやすいことがわかっています。

不成就日に宝くじを購入するのは、当選確率はむしろ上がったと前向きに捉えられそうですよね。

それでもやっぱり気になってしまうという方は、大安などの吉日に改めて宝くじを購入するとよいかも知れません。

不成就日にしても大丈夫な事


不成就日にしても大丈夫な事もあります。



不成就日は何も成就しない、成功しないという意味の凶日です。

つまり、成就を願う事や失敗を避けたいことは、不成就日には行わない方がよいということになりますが、それ以外はあまり気にする必要はないとも言えます。

例えば、すでにお付き合いが始まっているカップルのデートであれば、成就済なので不安に思うことはありませんよね?

それでも心配だという方は、遠出や大きなイベントは避け、近場でのんびりと過ごしてみるのがよいでしょう。

このようなデートなら失敗する可能性は極めて低いと思われます。

不成就日は気にしなくてもいい?


不成就日は気にしなくてもよいものなのでしょうか。

不成就日を始めとした日の吉凶は、はっきりと言ってしまえば科学的根拠のない迷信です。

血液型占いや星座占いと同種のため、必ず当たるわけではありません。

不成就日などの暦注は日の吉凶占いとして利用されていた以外にも、現在の曜日のような役割をしていたと考えられています。

つまり、「今日は火曜日です」が「今日は不成就日です」として使われていた可能性もあります。

暦注に限らず、占いは信じる人は信じますが、信じない人はまるで信用しませんよね?

もちろん、その日の運勢を知り、上手く過ごすために活用するのは良いことですが、気にしすぎて身動きがとれなくなってしまうのは本末転倒と言えるかも知れません。

不成就日の過ごし方はどうしたらいい?


不成就日の過ごし方はどうしたらよいのでしょうか。

不成就日は何も成就しない、成功しない日なので、新しく何かを始めたり、願いを込めるのは避けた方がよいでしょう。

その代わりに、静かに落ち着いて一日を過ごしてはみませんか?

先ほども少し触れましたが、暦注は占いの側面以外にも曜日の感覚で使われていたと言われています。

不成就日が凶日であるなら、その日はむやみに動かず、ゆっくり休養するのが良い日と考えられますよね。

つまり、日曜日のような感じで、心身を労わる日と考えてみるのはいかがでしょうか。

不成就日は一ヵ月に5~6日程度あると言われているので、週に1~2日、骨を休める日を不成就日としてみるのも良さそうですよね。

不成就日と吉日が重なった場合、どちらを重視すればいい?


不成就日と吉日が重なった場合、どちらを重視すればよいのでしょうか。

これは人それぞれに考え方が違い、どのような吉日であっても不成就日が重なっていれば縁起が悪いとみなし、不成就日が重なっていない日を選ぶ人もいれば、吉日と重なることで不成就日の縁起の悪さが軽減されるので、むしろ縁起の良い日であると捉える方もいます。

とにかく縁起が最良の日を選びたいというのであれば、吉日が重なっていても不成就日は避けた方がよいかも知れませんね。

なお、天赦日という吉日に限ってはどのような凶日の影響も受けないので、不成就日と重なっていても日取りに選びやすいと言えます。

まとめ

不成就日にしてはいけない事は、入籍や結婚式、引っ越し、契約、赤ちゃんの命名などです。

不成就日が凶日ということを考えると、お祝い事全般は避けた方がよいそうですよね。

ただし、不成就日は何も成就しない、成功しないというのは、あくまでも吉凶占いにおける話。

実際に不成就日が縁起の悪い日であるという科学的根拠は存在ないので、信じすぎてしまう必要はないと言えます。

不成就日に結婚しても幸せに暮らしている夫婦はたくさんいますし、宝くじに当たった人もいるかも知れません。

日取りを決める一つの目安として覚えておく程度でよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました