HOME

不成就日に宝くじを買わないほうがいい?吉日と重なると?

不成就日に宝くじを買わないほうがよいのか調べてみました。

宝くじは、縁起の良い日に購入したいと思う方が多いのではないでしょうか。

宝くじを購入する時に、吉日を選ぶと当選確率が上がりそうですよね。

そのため、凶日である不成就日は宝くじを買わないほうがいい?と悩んでいる方もいるようです。

また、不成就日と吉日が重なった場合はどうしたらよいのか知りたいですよね。

そこで今回は、不成就日の宝くじの購入についてご紹介します。

スポンサーリンク

不成就日に宝くじを買わないほうがいい?


不成就日に宝くじは買わないほうがよいのでしょうか。

不成就日は撰日という暦注の一つ。

暦注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いのことで、日本では六曜が最も有名です。

不成就日や撰日を、今、初めて聞いたと言う方もいらっしゃるかも知れませんね。

不成就日はその言葉の通り、成就しない日、成功しない日という意味がある凶日。

一般的に考えると縁起の悪い日に宝くじを購入するのは避けたいと思うのではないでしょうか。

しかし、不成就日は六曜の大安や仏滅ほど知名度が高いわけではなく、知らない方も多い凶日です。

そのため、宝くじを購入する時に、不成就日を気にして避ける方は少ないのではないかと思われます。

また、凶日は不成就日以外にもあるので、徹底的に縁起の良い日にこだわって宝くじを購入するなら、暦注の全ての凶日を気にする必要が出てきます。

このようなことから、不成就日に宝くじを買わないほうがよいのかという点については、人それぞれに考え方が違うということになります。

よく知られている六曜による吉凶のみを信じ、仏滅などの凶日を避ければOKとする方もいれば、不成就日も宝くじの購入日にはふさわしくないと考える方もいるでしょう。

自分はどう思うのかによって、不成就日に宝くじを買うのか買わないのかは変わってきます。

不成就日と吉日が重なっていても宝くじを買ってはいけない?


不成就日と吉日が重なっていても、宝くじを買ってはいけないのでしょうか。

凶日の不成就日は宝くじの購入を避けたいと思う方も多いですよね。

しかし、不成就日に吉日が重なっていたら、縁起が良くなるのでは?と考えてしまいます。

不成就日に吉日が重なっていると、不成就日の縁起の悪さが吉日の影響を受けて上向きになると言われています。

つまり、不成就日のみの日よりも、不成就日と吉日が重なっている日の方が縁起は良いということになります。

ただし、不成就日に吉日が重なっていても、縁起が良い日(吉日)になるというわけではないようです。

そのため、縁起の良い日に宝くじを購入したいのであれば、例え不成就日と吉日が重なっていても避けた方がよいと言えそうです。

宝くじの購入に縁起のいい吉日!


宝くじの購入に縁起の良い吉日をご紹介します。

不成就日を避け、縁起の良い日に宝くじを購入したいと思っている方も多いですよね。

そこでここでは、宝くじの購入にお勧めの吉日を調べてみました。

大安

日本で最も知名度の高い暦注である六曜の中で、最も縁起の良い日になります。

宝くじの購入に限らず、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りには欠かせない吉日と言えます。

宝くじの売り場には、大安の日には「本日、大安吉日」と購入意欲が高まる幟(のぼり)が掲げられることもあります。

一粒万倍日

不成就日と同じ撰日の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味がある吉日です。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、お祝い事全般に向いていますが、特に宝くじや財布の購入、銀行口座の開設などお金に関することを行うとよいと言われています。



天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の大吉日となります。

天赦日以上の吉日は存在しないので、とにかく縁起の良い日に宝くじを購入したいという場合は天赦日を選ぶことをお勧めしますが、天赦日は一年に5~6日ほどしかないので、実際に天赦日に宝くじを購入するのはかなり難しいと言えるでしょう。

寅の日

寅は千里の道を行って千里の道を戻ると言われていることから、この日に使ったお金がすぐに返ってくると言われています。

また、寅の黄金色の毛並みが金運アップの効果があるとも言われています。

寅の日とは日の干支のことで、昔は干支を日付として使っており、寅の日は12日に一日巡ってきます。

巳の日

巳はヘビのことで、ヘビが弁財天の遣いであることから金運の象徴とされます。

寅の日と同様に巳の日は12日に一日巡ってきますが、十干と十二支の組み合わせである己巳の日は60日に一日しか巡ってこないので、巳の日よりもさらに金運が上がる日と言われています。

宝くじの購入に縁起の悪い凶日!


宝くじの購入に縁起の悪い凶日は、不成就日以外にもあります。

そこでここでは、宝くじの購入を避けたい凶日をご紹介します。

赤口

六曜の中の凶日の一つです。

赤という字から血や火を連想させることから、刃物による怪我や事故、火事に注意をする日と言われています。

人によっては後述している仏滅よりも不吉な日として、お祝い事や大切な日などの日取りには選ばないようです。

仏滅

六曜の中で最も縁起の悪い日になります。

仏も滅するほどの凶日という意味があり、この日は葬儀以外は凶となる運気です。

験を担いで宝くじを購入したい場合は、仏滅は避けた方がよいでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日になります。

葬儀以外は大凶となるため、縁起の良い日に宝くじを購入を購入したい場合には不向きな日となります。

十死日

暦注下段の一つで、受死日に次いで縁起の悪い凶日になります。

受死日は葬儀を行っても大丈夫ですが、十死日は葬儀もNGとなります。

十二直という暦注の一つで、運気は大凶となります。

打ち破る日、破壊の日という意味があり、契約、結婚、旅行、勝負事などは特に避けた方がよいと言われています。

そもそも宝くじの購入日に縁起は関係ないと言われるけど?


宝くじの購入日に縁起は関係ないと言われています。

その理由は、実際に宝くじを購入して一等に当選した人が、宝くじを購入した日を調査したことで明らかになりました。

とある宝くじの一等当選者に、当選した宝くじをいつ買ったのか尋ねたところ、最も多かったのは仏滅でした。

仏滅は六曜の中で最も縁起の悪い日であることから、験を担いで宝くじを購入したい人は避ける日です。

しかし、一等当選は他の六曜と比べて最も多いという結果が出たのです。

さらに仏滅に次いで一等当選者が多かったのは、六曜の中ではこれまた凶日の赤口。

つまり、調査結果では吉日よりも凶日の方が宝くじの当選確率が高いことがわかったのです。

このようなことから、宝くじの購入日に縁起の良し悪しは関係ないと言われています。

何気なく「今日、宝くじを買ってみようかな」と思った日が凶日であっても、日の吉凶ではなく直感を信じてみるのもよいかも知れません。

もちろん、縁起を気にして吉日に購入することも悪くはありません。

当選確率は仏滅よりも下がりますが、大安に購入した人も一等に当選しているからです。

どちらを信じるかは、自分次第ということになりそうですね。

まとめ

不成就日は凶日ですが、宝くじの購入を避けた方がよい日というわけではないことがわかりました。

不成就日だからと言って、当選確率が著しく下がるということもないようです。

また、不成就日と吉日が重なると、不成就日の縁起の悪さが吉日の影響を受けて少し上向きになります。

とは言え、縁起の良い日になるわけではないので、縁起の良い日に宝くじを購入したい場合は、例え吉日と重なっていても不成就日に宝くじを購入するのは避けた方がよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました