HOME

仏滅に宝くじを買うと当選しやすい?買いに行く時間帯は?

一攫千金を夢見て宝くじを購入する時、縁起の悪い日よりも縁起の良い日の方が当選しやすいような気がしますよね。

一般的に縁起の良い日として知られているのは大安ですが、一方で縁起が悪い日としてよく目にするのが仏滅です。

縁起の良し悪しで言えば、宝くじを買うのは断然大安がお勧めと言えそうですが、実際には仏滅の方が宝くじの当選確率が高いと言われています。

そこで今回は、仏滅に宝くじを買うと本当に当選しやすいのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

仏滅に宝くじを買うと当選しやすい?


仏滅は日の吉凶を占う六曜において、最も縁起が悪い日になります。

そのため、入籍や結婚式などのお祝い事は仏滅を避けると言うのが、日本の昔からの風習として今も受け継がれていますよね。

これに対して、大安は六曜の中で最も縁起が良い日となります。

お祝い事はもちろんのこと、納車、引越し、そして宝くじの購入などにもお勧めの日と言われています。

宝くじの売り場に行くと、大安の日には「今日は大安吉日」と幟(のぼり)が出ているのを見かけたこともあるのではないでしょうか。

しかし、宝くじの一等当選者がいつ宝くじを買ったのかを調べてみたら、実は一番多かったのが仏滅だったということがわかりました。

つまり、仏滅は六曜の中では最も縁起の悪い日にも関わらず、一等当選者が最も多い日ということになります。

このようなことから、仏滅に宝くじを買うと当選しやすいと言われています。

買いに行く時間帯は?


仏滅は一日を通じて凶となり、吉となる時間がありません。

しかし、そんな仏滅であっても、宝くじを買うのにお勧めの時間があると言われています。

午前9~11時

一日の中で太陽のエネルギーが最も強くなる(頂点)となるのは正午という考えにより、正午になる前、つまり太陽が頂点に昇り切る前の午前9~11時は、頂点に向かってエネルギーがどんどんと溜まっている運気と言え、宝くじを買う時間にお勧めと言われています。

それなら頂点に達する正午の方がよいのでは?と思いますが、正午を頂点とするとそこから1分でも過ぎてしまえば、頂点から落ちている運気になるので、あまりお勧めとは言えないようです。

夕方以降

六曜の順番は、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→先勝・・となっています。

そのため、仏滅は別名「大安前日(イブ)」となり、仏滅の遅い時間は大安の良い運気が入り込むため、縁起が上向きになってくると考えられています。

このような発想は大阪を中心に広がりを見せており、縁起の良い大安よりも、どんどんと運気が上向きになる大安イブ(仏滅の遅い時間)に宝くじを買う人が増えています。

宝くじを買う日の決め方


宝くじを買う日の決め方は人それぞれですが、自分はこんな感じで買っているけれど、他の人はどんな風に買っているのか気になるという方も多いと思います。

そこでここでは、宝くじを買う日の決め方をご紹介します。

縁起の良い日

縁起の良い日として一般的に知られているのは六曜の大安ですが、大安以外にも暦に掲載されている縁起の良い日があります。(次で詳しく解説しています)

記念日

誕生日や入籍日など、自分や家族にとって大切な記念日に、記念として宝くじを購入する方が多いようです。

嫌なことがあった日

嫌なことがあると、次は幸せが訪れると言われていることから、敢えて気分の悪い日に宝くじを買う方もいるようです。

妊娠中

妊娠をすると運が良くなると言われていることから、身内が妊娠した時に縁起を担いで宝くじを買う人がいるようです。

直感

偶然、売り場を通りがかった時などに、いつもなら見向きもしないはずが、その時に「買おう」と思うことがあります。

そのような直感に従って宝くじを買う方も多いようです。



宝くじが当選しやすいオススメの日


先ほども触れた通り、宝くじの一等の当選確率が多いのは仏滅というデータもあります。

しかし、だからと言って大安などの縁起の良い日は、全く当たらないというわけではありません。

宝くじを買う時はやっぱり縁起を担いで、吉日に行いたいと思っている方も多いのではないかと思うので、ここでは宝くじの購入にお勧めの縁起の良い日をご紹介します。

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍に実り、稲穂になるという意味があり、この日に始めたことは後から大きな収穫を得ると言われています。

入籍や結婚式などのお祝い事の他、財布を買う、財布を下ろす(使い始める)、契約をする、宝くじを買うと言ったお金にまつわることを行うのに向いている日と言われています。

一ヵ月に5~6日あり、大安と重なることもあります。

天赦日

百神が天に昇り、万物を許すという意味があり、何をしても上手くいく最良の日と言われています。

あらゆる歴注(暦に掲載される吉凶日、占いのこと)の中で、最も縁起の良い大吉日のため、縁起を担いで宝くじを買うには最適の日と言えますが、一年に5~6日ほどしかない貴重な日になります。

寅の日

虎の黄金色の毛並みが金運アップをもたらすと言われており、さらに虎は「千里を行って千里を戻る」と言われていることから、使ったお金がすぐに戻ってくるので宝くじの購入にお勧めの日と言われています。

巳の日

ヘビは金運を司る弁天財の使いと言われていることや、脱皮を繰り返して成長することから、巳の日に財布を新調したり、宝くじを購入すると、使ったお金が大きくなって戻ってくると言われています。

なお、巳の日は12日に一度巡ってきますが、己巳の日は60日に一度しか巡って来ない貴重な日になるので、巳の日よりもさらに金運が上がると言われています。

宝くじの購入に向いていない日


縁起を担いで宝くじを購入するなら、仏滅は避けた方がよい日になります。

さらに、仏滅以外にも運気が悪いため避けた方がよいと言われている日があります。

不成就日

文字通り、何をしても成功しない、成就しない日とされ、宝くじの購入も避けた方がよいと言われています。

大禍日

大禍日は、何か物事を始めると後から争いの元となる、とされる日で、万事に凶となる運気の日と言われています。

受死日

葬式以外は万事避けた方がよいと言われている凶日です。

六曜と宝くじの関係は?


六曜は中国が発祥の歴注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、日本へは鎌倉時代末期から室町時代に伝わったと言われています。

中国から伝わった当時は時間を占うものでしたが、時代の流れの中で現在のような日を占うものに変わっていったと言われています。

また、現在の大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6つの吉凶日からなる六曜は、戦後になってからと言われています。

それ以前まで六曜は名称や意味が幾度となく変わり、例えば大安は当初は小吉のような意味合いで、先勝の方が縁起の良い日であったと言われています。

このようなことから、六曜には一貫性はなく、もちろん科学的根拠もありません。

そのため、六曜の縁起の良し悪しに従って日取りを決めたからと言って、必ず成功するとも失敗するとも言えません。

宝くじの購入においても、仏滅が一等の当選確率が高いというデータもあり、最も縁起の良い大安の当選確率は他の赤口や先負などとあまり変わらないことがわかっています。

つまり、六曜における縁起の良し悪しと宝くじの当選確率には、何の関係性もないことがわかります。

とは言え、日ごろから縁起を担いで日取りを決めている方にとっては、宝くじの購入日も同じように縁起が気になってしまうもの。

当選確率は変わらないからと言って適当な日に買って後からモヤモヤするくらいなら、良き日に購入して発表までの時間をドキドキ、ワクワクとしながら過ごした方がいいですよね。

まとめ

仏滅は六曜の中では最も縁起が悪い日ですが、ある調査によると宝くじの一等当選者が一番多い日だということがわかっています。

このようなことから、仏滅に宝くじを買うと当選しやすいと言えるでしょう。

とは言え、他の日と比べて飛び抜けて仏滅だけが当選しやすいというわけではないので、六曜はあまり気にせずに購入しても良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました