HOME

不成就日に財布を買うと縁起が悪い?縁起のいい日が重なるとどうなる?

不成就日に財布を買うと縁起が悪いのか調べてみました。

不成就日に縁起の良い日が重なると、どうなるのかも気になりますよね。

財布を新しく買い替える時に、その日の吉凶を知りたいと思う方は多いようです。

財布の購入するタイミングを選ぶことで、財布に良い運気が流れ、お金が貯まりやすくなると言われているのが主な理由のようですね。

そこで今回は不成就日の財布の購入について解説していきます。

スポンサーリンク

不成就日に財布を買うと縁起が悪い?


不成就日に財布を買うと縁起が悪いと言えるでしょう。

不成就日にはあまり知られていませんが凶日の一つです。

言葉の通り、何も成就しない、成功しない日という意味があり、縁起が悪い日となっていますよ。

日本では一般的に日の吉凶と言えば六曜の知名度が高いですよね。

そのため、縁起の悪い日=六曜の凶日である仏滅、と思っている方がほとんどのため、不成就日を避けることはありません。

しかし、日の吉凶を占うものは六曜以外にもあり、不成就日を含む撰日もその一つ。

なお、暦に掲載される吉凶占いを総じて暦注と呼び、日本では昔から主に冠婚葬祭の日取りを決める時に役立ててきました。

財布の購入は冠婚葬祭ではないものの、「お金が貯まりますよう」という願いを込めて縁起の良い吉日に購入したいと思う方は多いもの。

験を担いで財布を購入するなら、不成就日は凶日なのでふさわしくありません。

不成就日に財布を使い始める場合は?


不成就日に財布を使い始める場合も、不成就日は凶日のため縁起が悪いと言えます。

実は、財布の購入よりも使い始めの日の方が縁起的には重要と言われており、財布の購入が吉日であっても実際に使い始めたのが不成就日などの凶日になると、財布の運気は下がってしまうと言われています。

このようなことから、しっかりと運気の良い財布にしたい場合は、財布の購入だけではなく、使い始めの日が不成就日にならないように注意をする必要があります。

財布を買ってすぐ使い始める場合は、財布の購入と使い始めが同日になりますが、不成就日でないことを確認するのがよいでしょう。

不成就日と縁起のいい日が重なっていたらどうなる?


不成就日と縁起の良い日が重なっていても、財布を買うのは避けた方がよいのでしょうか。

不成就日と縁起の良い日が重なっていると、吉日の影響を受けて不成就日の縁起の悪さが半減すると言われています。

つまり、不成就日のみの日よりも、不成就日と縁起の良い日が重なっている方が、縁起は良くなると言うわけです。

しかし、あくまでも縁起が悪い日であることは変わりないので、凶日が吉日に変わるというほどではありません。

そのため、縁起の良い日に財布を買いたい場合は、例え不成就日と縁起の良い日が重なっていても、購入は止めた方がよいでしょう。

ただし、縁起の良い日の中でも天赦日だけは例外になりますよ。

次で詳しく説明していますが、天赦日は吉日の一つ。

他の吉日とは違い、天赦日は重なった凶日の影響を受けないので、不成就日と重なっても吉日のままになります。

財布を買うのに縁起の良い吉日は?


財布を買うのに縁起の良い吉日が知りたいですよね。

財布を吉日に買うと、財布の運気が上がってお金が貯まりやすくなると言われています。

そこでここでは、財布の購入にお勧めの吉日をご紹介します。



大安

六曜の中で最も縁起の良い吉日になります。

六曜はよく知らないという方でも、大安が縁起の良い日と言うことは知っているのではないでしょうか。

大安は万事に吉となる日で、特に入籍や結婚式などのお祝い事の日取りに選ばれますが、財布の購入日としても良いでしょう。

一粒万倍日

不成就日と同じ撰日の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があります。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、お祝い事の他に、特にお金に関することを始めるのに良い日です。

そのため、財布の購入日としてもとてもお勧めになります。

一粒万倍日に財布を買ったり使い始めると、お金がどんどん貯まると言われています。

天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の大吉日になります。

百神が天に昇り、万物の罪を許すという意味がある縁起の良い日で、この日は何をしても成功すると言われています。

天赦日以上の吉日がないことから、とにかく縁起の良い日に財布を買いたいという場合は天赦日を選ぶのがよいでしょう。

寅の日

寅は千里の道を行って、千里の道を戻ると言われていることから、この日に使ったお金はすぐに戻ってくると言われています。

また、寅の黄金色の毛並みが金運アップに良いと言われています。

寅の日とは日の干支のことで、昔は日付ではなく干支(十干と十二支の組み合わせ)を日付のようにしていました。

巳の日

巳の日も寅の日と同様に、日の干支の一つになります。

巳とはヘビのことで、ヘビは弁財天の遣いであることや、脱皮を繰り返して成長する様子がお金が増える様子に例えられることから、金運の象徴と言われています。

なお、巳の日は12日に一度巡ってきますが、己巳の日は60日に一度しか巡って来ないため、巳の日よりもさらに縁起の良い日となりますよ。

財布を買わない方がいい縁起の悪い凶日は?


財布を買わない方がいい縁起の悪い凶日は、不成就日以外にもあります。

そこでここでは、財布の購入を避けたい凶日をご紹介します。

仏滅

六曜の中で最も縁起が悪い日になります。

仏も滅するほどの凶日という意味があり、葬儀以外は凶となる日です。

財布の購入はお祝い事などではありませんが、験を担ぎたい場合は避けた方がよいでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上で最悪の大凶日になります。

葬儀以外は大凶となるので、財布の購入も止めた方がよいでしょう。

財布の買い替えのタイミングはいつ?


財布の買い替えのタイミングに迷っている方も多いですよね。

財布はどのタイミングで買い替えるのがよいのでしょうか。

汚れや劣化が目立つ財布

財布はお金にとって家です。

家が汚れていたり古くなっていると、お金は住み心地が悪いと感じて寄り付かなくなるといわれています。

汚れや劣化が目立つ財布は、買い替え時と言えるでしょう。

使い勝手が悪い財布

レシートやカード類が思うように整理できず、いつもごちゃごちゃになっている財布は要注意です。

上記と同様の理由で、お金にとって居心地が悪いので寄り付かなくなってしまいますよ。

付録や景品などの安い財布

お金はお金がたくさん集まるところを好むと言われています。

安い財布全般が悪いわけではないのですが、付録や景品でもらった財布は愛着を感じにくかったり、粗雑に扱ってしまうこともありますよね。

もし、このような財布を何となく使っているのなら、きちんとした財布を買うタイミングと言えるでしょう。

購入から1,000日以上経過している財布

財布の持つ運気は、購入から1,000日でなくなると言われています。

例え金運アップの効果がある財布であっても、1,000日を過ぎていると運気の上昇が見込めないので、買い替えのタイミングと言えるでしょう。

まとめ

不成就日に財布を買うのは縁起が悪いでしょう。

不成就日はあまり知られていませんが凶日だからです。

そのため、縁起の良い日に財布を購入したい場合は不向きな日となります。

また、縁起の良い日が重なっていても、凶日が吉日になることはありませんが、不成就日のみの日よりは縁起が上向きになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました