HOME

寒中見舞いはいつからいつまで?年賀状との違いは?

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまでか

「ニュースで今年は雪が多いって言ってたけど、北国に住む〇〇さんは元気なのかしら・・」

「今年は喪中で年賀状が出せないけど、ご挨拶はしたいな・・」

「年賀状を出していない相手から年賀状が届いたから今からでも年賀状出した方がいいよね?」

このような時、あなたならはどうしますか?年賀状を出しますか?・・答えは、不正解です。

上記3つの場合、出すべきなのは「寒中見舞い」です。

しかしこの寒中見舞い、「暑中見舞いはよく聞くけど、寒中見舞いは初めて聞いた」という人がいるようで、以外に存在そのものを知らないという方が多く、また知っていたとしても出し方や使い方を間違っている場合もあるようです。

では、そんな寒中見舞いとは一体どのようなものなのでしょうか。



寒中見舞いを出すときはどのような時?

kanitsu2
寒中見舞いを出すケースは3つほどあります。

まず1つ目は、豪雪地帯などに住んでいる方へ寒さや体調を気遣うために出すものです。

日本の慣習の一つとして昔から行われていたもので、年賀状とは別に出します。

次に、喪中のため年賀状が出せない相手にも寒中見舞いを使います。

似たようなケースではこちらの不幸を知らずに年賀状を送ってくださった方にも寒中見舞いをお返しします。

そして最後に、年賀状は一般的に松の内(1月7日)までのやり取りをするものですので、それ以降に、出し忘れなどに気付いた時は年賀状の代わりとして寒中見舞いを出します。

その際には年賀状を出していない事を一言お詫びする一言を添えるのもよいかも知れません。

 

関連記事:寒中見舞いの書き方や例文!喪中の方にはどう書けばいいの?



 

寒中見舞いを出す時期は、いつからいつまで?

kanitsu3
寒中見舞いはその名の通り、寒中に出すものです。

寒中とは、二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までを指しますので、その時期(1月7日以降)に届くように送ります。

また、寒中見舞いは年賀状とは違うため、新年の挨拶として使うのはやめましょう。あくまでも季節のご挨拶として使うのが正しい方法です。

寒中見舞いと年賀状の違いは?

kanitsu4
年賀状は、新年の挨拶と共に前年にお世話になった事への感謝や、近況などを郵便はがきやカードに添えて送るものです。

現在の郵便はがきが作られるようになったのは1873年ですが、それ以前の平安時代から日本には文書による年始の挨拶が行われていたとされています。

そして寒中見舞いは、主に寒さを気遣って送るはがきの事で、1月5日以降に送るのが通常となっています。そして立春の2月4日までの寒中に出すものとされています。

ちなみに2月4日を過ぎてから送る寒中見舞いを「余寒お見舞い」といい、こちらは2月の下旬頃まで出す事が出来ます。

まとめ

寒中見舞いは、相手への気遣いを込めたものとなります。

年賀状とは別に毎年送られている方がいる一方で、寒中見舞いそのものを知らない方もいらっしゃるようなので、是非これを機会に知って頂けたらと思います。

年賀状の関連記事

年賀状が元旦に届くにはいつまで出せばいいの?投函期限は?

謹賀新年の意味といつまで使えるのか?恭賀新年との違いは?

余った年賀状(はがき)の有効活用法!換金や交換の仕方



コメント

タイトルとURLをコピーしました