HOME

一粒万倍日に神社にお参りをすると運気アップ?日取りの決め方は?

一般的に縁起が良い日として知られているのは大安ですが、一粒万倍日もお参りにお勧めの日となっています。

神社にお参りに行く時は縁起の良い日を選ぶ方が多いと思いますが、大安だけではなく一粒万倍日を知っていると都合のよい日取りを決めやすいと思いますよ。

一粒万倍日に神社にお参りに行くと運気がアップすると言われていますが、それはどうしてなのでしょう?

そこで今回は、一粒万倍日と神社のお参りについて調べてみました。

神社へのお参りの日取りの決め方なども、合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

一粒万倍日に神社にお参りをすると運気アップ?


一粒万倍日は撰日という暦注の一つで、吉日になります。

暦注とは暦に掲載される吉凶占いのことで、日本では六曜がとても有名です。

六曜と言われてもピンとこなくても、大安や仏滅は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

日本では昔から冠婚葬祭など重要な行事の日取りを決める時には、六曜を元に日の吉凶を占い、縁起の良い大安や友引を選ぶ(縁起の悪い仏滅は避ける)のが風習となっています。

一粒万倍日は六曜とは別の撰日に含まれる吉日で、縁起の良さは大安に匹敵すると言われています。

一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われているため、一粒万倍日に神社にお参りをすると願ったことが叶いやすくなる、お祈りが神様に伝わると言われています。

神社へのお参りの日取りの決め方は?


お宮参りや七五三など、お参りに行く時期がある程度決まっているものであれば、その時期で赤ちゃんやお子さん、お母さんの体調が良い日、参列者の都合がつきやすい日を選ぶとよいでしょう。

大安や一粒万倍日など吉日にお参りをするのはよいですが、日取りにこだわりすぎてしまうと体調が後回しになってしまいがちなので、お宮参りや七五三は特にお子さん(とお母さん)の体調を中心に日取りを決めることが大切です。

行事が伴わないお参りについては、都合のよい日を選んで構いません。

なお、今回は神社にお参りに行く縁起の良い日についてご紹介していますが、神社は必ず縁起の良い日にお参りをしなければいけないわけではありません。

一粒万倍日や大安などの暦注は、神社(神道)とは何ら関係がないので、神社側には吉日にお参りに行かなければいけないという決まりはありません。

神社に日取りについて問い合わせをしても、「吉凶は気にせずお参りをしても大丈夫です」と言われます。

お祝い事だから縁起にこだわりたいというのは構いませんが、絶対に吉日にお参りをしなければいけないということではないので、あまり気にしすぎないことも大切です。

神社へのお参りに縁起のいい日はいつ?


暦注には様々な種類があり、種類によって吉日と凶日があります。

そのため、一粒万倍日以外にも暦上には吉日が存在しています。

ここでは一粒万倍日以外の、神社のお参りに縁起のよい日をご紹介します。

大安

大安は六曜という暦注の中で、最も縁起の良い日になります。

一日中吉となるので、神社にお参りに行くタイミングを自由に選ぶことができます。

ただし、六曜の大安が吉日というのは一般的によく知られているので、大安のお参りは神社が混雑しやすく祈祷は直前では予約が取れないこともあります。

友引

友引も六曜の中の吉凶日で、午前11時~午後1時を除く時間帯はすべて吉となります。

先勝

先勝も六曜の一つで、午前中が吉となる日です。

神社へのお参りは午前中(朝早い時間が特によい)に行うのがよいと言われているので、午前中が吉となる先勝はお参りにお勧めの日となります。

天赦日

暦注下段という暦注の一つで、暦の上で最上の吉日となります。



百神が天に昇り、万物の罪を赦すという意味があり、この日は何をしても許される日、上手くいく日と言われています。

母倉日

暦注下段の一つで、母が子を育てるように天が人を慈しむ日、という意味がある吉日になります。

特に神仏祭祀やお参りがよいというわけではありませんが、その意味からお宮参りや七五三のお参りに向いている日と言えるでしょう。

十二直という暦注の一つで、12の吉凶の中で最も縁起が良い日になります。

特に神仏祭祀は縁起が良いと言われており、神社のお参りの日取りにもお勧めです。

神社へのお参りに縁起の悪い日はいつ?

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り何をしても成就しない、成功しない日という意味があります。

そのため、神社のお参りにもふさわしくない日と言えるでしょう。

受死日

暦注下段の一つで、暦の上の大凶日となります。

葬式以外は全て避けた方がよいと言われているので、神社へのお参りの日取りにもふさわしくありません。

十死日

受死日の次に縁起の悪い凶日とされ、葬式も避けた方がよいと言われています。

神社のお参りも避けた方がよいでしょう。

一粒万倍日にすると縁起の良い事は?

銀行口座の開設

一粒万倍日に銀行口座を開設すると、お金がどんどんと貯まると言われています。

お財布を購入する、使い始める

一粒万倍日に財布を購入したり、事前に購入した財布を使い始める日にすると、財布にお金が貯まりやすくなると言われています。

宝くじの購入

一般的に宝くじの購入に向いているのは大安と言われていますが、一粒万倍日もお勧めの日になります。

また、撰日と六曜はそれぞれ違う暦注のため、一粒万倍日と大安が重なる日もあり、その日はかなり縁起が良い日となるので狙ってみるのもよいでしょう。

習い事や塾

一粒万倍日に新しいことを始めると、知識や経験をどんどんと得られてよいと言われています。

習い事や受験のために塾に通う時は、縁起を担いで一粒万倍日を選んでみるのもよいかも知れません。

開店や開業

お店や事業を始める時に、開店日を一粒万倍日にするのもお勧めです。

また、一粒万倍日は契約日にも向いているので、お店の不動産購入や賃貸などの契約を一粒万倍日にしてもよいでしょう。

一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になる、という意味がある日です。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、新しいことを始めるのに向いていますが、中でもお金に関することは特によいと言われています。

一粒万倍日にやらないほうがいい事は?

喧嘩

一粒万倍日に喧嘩をすると、事が大きくなり、収まらずに長引いてしまうと言われています。

失言

一粒万倍日に失言をすると、取返しがつかなくなると言われています。

近年はSNS上での気軽な呟きが炎上してしまうなど、社会問題にもなっていますよね。

Twitterやインスタグラムなどの使い方を、改めて見直す日にしてみるとよいかも知れません。

ローンや借金

一粒万倍日はお金に関することが吉となる日ですが、ローンや借金については借りた分がどんどん増えてしまうと言われています。

まとめ

一粒万倍日は、「この日に始めたことは後に大きな収穫を得る」と言われている吉日のため、神社のお参りも運気アップによい日となります。

一般的に縁起の良い日として知られているのは大安ですが、大安のお参りは神社内が混み合うことが多く、祈祷の予約も取りにくいため、「縁起の良い日にお参りをしたいけれど、混雑は避けたい」という時は一粒万倍日を日取りに選ぶのもお勧めです。

ただし、神社のお参りの日取りはそもそも、日の吉凶に左右されるものではありません。

仏滅や不成就日にお参りをしても神様は平等にお願い事を聞いてくれるはずなので、あまり難しく考え込まないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました