HOME

赤口とは?読み方を教えて!縁起が悪いのは本当?

赤口の意味や由来は?

縁起が良い日として知られる大安と、縁起が悪い日として知られる仏滅。

どちらも六曜と呼ばれる暦注の一つなのですが、その中に「赤口」というのがあるのをご存知でしょうか。

赤口は大安などと比べて知名度が低いため、意味や由来を知らないという方も多いのではないかと思います。

もしかしたら、読み方もよくわからないかも知れませんね。

日本では、結婚式や入籍などのお祝い事を行う時に日取りを気にすることが多いですが、赤口の時にやっても良いことややってはいけないことはあるのでしょうか。

そこで今回は、赤口について調べてみました。

お祝い事だけではなく、葬式や通夜などの弔事、納車や引っ越しなど生活に密着した出来事まで、赤口に行っても問題がないのかご案内したいと思います。



赤口とは?読み方は?


赤口は、中国から伝わった暦注の六曜の一つです。

暦注とは日時や方角における吉凶を表すもので、簡単に言うとその日の運勢占いのようなもの。

六曜は中国では曜日のように使われていたと言われていますが、鎌倉時代後半から室町時代に日本に伝わった後、現在のように吉凶を占うものに変わっていったと言われています。

なお、読み方は「しゃっく」または「しゃっこう」と読みます。

「あかくち」や「せきぐち」とは読まないので注意しましょう。

赤口の意味や由来は?


赤口は中国発祥の六曜の一つで、その日の吉凶を表すものとなっています。

六曜は日本に伝わってから、時代とともに使われる漢字や意味が変化していて、例えば「大いに安し」が由来とされ、縁起が良い日として知られる大安も、元々は泰安と記され、本来は「平穏に過ごせる日」と言う意味合いだったと言われています。

そのため、赤口についても元来の意味や由来は別にあったと考えられるのですが、大安のように由来となった漢字は不明のようです。

ただ、六曜が日本に伝わった当初は、その日一日の吉凶ではなく、六曜で一日を6つに分けて割り当たった時間の吉凶を占うものだったとされていて、赤口は午前2~4時を指していたものと言われています。

この時間は丑三つ時に重なり、不吉なことが起こるとされていたことから、赤口には「よくないことが起こる」イメージがついたのでは?と考えられています。

また、陰陽道では羅刹神が支配する日(赤舌日と言います)は凶日とされていたのですが、これが六曜の赤口と混同されてしまい、赤口が凶日となったとも言われています。

つまり、赤口が縁起が悪いというのは、元からそうだったかどうかが定かではない上、言葉の持つイメージや、似た言葉との混同などによって形成されたと言えます。

さらに、六曜では「大いに安し」だから大安で吉、「仏も滅する」から仏滅で凶と言うように、広まりやすいものはすぐに広まったものの、逆に赤口のように読み方すらわからないものは、今もなお「よくわからない」と答える人が多く、その由来や意味すらはっきりとしていないのが現状です。

赤口は本当に縁起が悪い日なの?


六曜には、大安、仏滅、先勝、友引、先負、赤口の6つがありますが、これらを縁起の良い順に並べ替えると、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅になります。

つまり、六曜の中で最も縁起が良いのは大安、最も縁起が悪いのは仏滅と言うことになります。

結婚式や入籍などのお祝い事を行う時は大安を選び、仏滅を避けるべきと言われるのはこのためです。

赤口が仏滅よりも縁起が良い位置にあるのは、仏滅のように一日中凶日ではなく、11~13時の時間帯だけは吉日となるからです。

しかし最近は、「仏滅は全てが滅びて0になり、新しいスタートを切れる」とも捉えられることから、仏滅は縁起が悪い日とは言えないと考える人が増えています。

その一方で赤口は、赤と言う字が血や火事を連想させることから、「死」に結びつきやすく、仏滅よりも凶日と考える人も少なくありません。

どちらにしろ、赤口は六曜の中では縁起が悪い日と言われています。

ただし、六曜にはそもそも科学的根拠がなく、赤口に必ず不幸なことが起こるわけではありません。

明治時代には「六曜は迷信」として政府が使用を禁止した経緯があることを考えると、「絶対に赤口を避けなければならない」ということではないとわかります。

やってはいけないことは何?


仏滅に匹敵する凶日と言われている赤口は、お祝い事は行わない方がよいと言われています。

そのため、結婚式や入籍などは避けられる傾向にありますが、赤口だから結婚式は挙げられない、婚姻届は受理されないというわけではありません。

ただし、いくら六曜が迷信だとしても、縁起が気になってしまう人にとっては、せっかくの行事を赤口に行うことで心から楽しむことができなくなってしまうかも知れません。

そのような方は、結婚式や入籍などのお祝い事以外であっても、行事を赤口に行うのは避けた方がよいと言えます。

なお、赤という字から連想される血や火事にちなんだことは、避けた方がよいと言われていますが、地域によっては頭に血が上りやすい人=喧嘩っぱやい人との接触は、避けた方がよいとされているところもあるようです。

やっても大丈夫なのは何がある?


赤口は、11~13時までは吉となっていますが、一説には仏滅よりも縁起が悪い日とも言われているので、基本的には赤口には予定を入れず、大人しくしているのがよいでしょう。

とは言え、六曜には信ぴょう性がなく、単なる迷信であるため、気にして行事を避けること自体、する必要がないという人も多くいます。

縁起の良し悪しを意識しない人にとっては、赤口だからと、やっても大丈夫なことは何かをいちいち気にする必要はなく、やりたいことをやっても問題がないとも言えるでしょう。

要は、六曜を信じるか信じないかで状況は大きく変わるというわけです。

もちろん、その中には「結婚式や入籍は縁起の良い日にしたいけれど、他は別にいつでも構わない」という考え方もあると思います。

六曜はこうしなければいけないというよりも、自分はこう考えるからこうしようというスタンスでいる方が、気負いなく縁起を担ぐことができるのではないかと思います。

結婚式は縁起が悪い?


一般的には、赤口に結婚式を行うのは縁起が悪いとされています。

人によっては、六曜の中で最も縁起が悪い仏滅は、全てが滅び0からのスタートとなるからむしろ結婚式を行うなら日取りが良いと思う人もいるので、そのような場合は赤口は仏滅よりも縁起が悪く、お祝い事には大凶日と考えられています。

また、結婚式にはキャンドルサービスやケーキカットがありますよね。

キャンドルサービスでは火を使いますし、ケーキカットでは刃物を使うので血を連想させることから、赤口は特に避けたいと思う人が多いと言われています。

結婚する本人達が赤口に結婚式を行うことについて、特に気にしていないという場合であっても、参列する身内や親戚からは、上記の理由から反対意見が出ることが多いでしょう。

せっかくの門出の日に、わざわざ縁起が悪い日を選ぶ必要がないと考える方が多いので、納得してもらえるような理由がないなら(2人の記念日で、どうしてもその日に式を挙げたいなど)、安易に赤口に結婚式を予定するの止めた方がよいかも知れません。

なお、六曜は全く気にならず、身内、親戚からも特に反対がないという場合は実は嬉しいメリットがあります。

それは、希望する日に予約しやすいことと、挙式費用が割引かれる可能性があること。



大安や友引といった人気の日取りは予約が早いうちに埋まってしまいますが、赤口は避ける人が多いので比較的短い日程であってもすんなりと予約ができるケースが多いと言われています。

さらに、あらかじめ挙式費用を割引したプランが販売されていたり、契約に至る交渉で値下げをしてくれる式場が多いと言われているので、お得に結婚式を挙げたいと思っている人には赤口はよい点もあります。

入籍しても大丈夫?


赤口に入籍をしても特に問題はありません。

2人の記念日に入籍をしようと決めていて、それが赤口だったとしても役所の方で婚姻届が受理されないなどはないため、安心してその日を迎えて下さい。

ただし、結婚式と同様に、赤口の入籍については身内や親戚から「避けるべきでは?」と言われてしまう可能性があります。

結婚式では大安を希望しても予約をとることができなかったということはよくありますが、入籍については受付に待たされることはあっても、混み過ぎていてその日に入籍ができないということはないでしょう。

結婚式よりも選べる自由は格段に上がるため、「せっかくの門出の日に・・」という思いは、結婚式よりも強く持たれてしまうかも知れません。

このようなことから、赤口に入籍をするなら、事前にきちんと説明をしておくことが大切になります。

新しい人生のスタートとなる日のため、自分達だけではなく周囲にも理解してもらい、晴れ晴れとした気持ちで婚姻届を提出できるよう整えましょう。

葬式はしてもいい?それとも避けたほうが良いの?


赤口はお祝い事には不向きと言われていますが、葬式やお通夜などの弔事については特に問題がないと言われています。

火葬では火を使いますが、これに関しても気にする必要はないでしょう。

六曜の中で、葬式を行うにあたって気にしなければいけないのは友引です。

友引は、元々は留連という言葉が由来となっていて、その意味は勝負がつかない、引き分けるというものでした。

そのため、友引であっても葬式を行うことに問題はなかったのですが、時代の移ろいとともに使われる漢字が変化し、留引→共引→友引となってからは、友引は友を引くと受け取れることから、友引に葬式を行うと故人が冥土に友を引いていくとなり、縁起が悪いと言われるようになりました。

元の意味は違いますが、長く慣習として定着しているため、現在では葬儀社や火葬場の定休日は友引になっていて、「六曜は気にしていないから、友引に葬式を行いたい」と言っても、できないのが現状となっています。

このようなことから、友引に葬式があたってしまう場合は、お通夜を2回して日程をずらすなどして対処を行う必要が出てくるので注意しましょう。

お通夜はしても大丈夫?


赤口にお通夜をしても大丈夫です。

葬式と同様に、赤口は弔事を行う分には特に問題がないとされています。

お通夜や葬式を行う際に気を付けたい六曜は、大安と言われています。

なぜなら、大安は縁起が良い日となっているため、お通夜や葬式を行う日が大安だと不謹慎と感じる人がいるからです。

先ほどの友引とは違い、大安は葬儀社や火葬場が定休日ではありませんが、あまり深く考えずに大安にお通夜や葬式を行ってしまうと、トラブルの原因になってしまうこともあるので、万が一重なってしまう場合には周囲と話し合っておくのがよいでしょう。

なお、友引の葬式に関連しますが、六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→先勝・・の順で巡ってくるため、お通夜が先勝にあたると翌日の葬式が友引になってしまいます。

そのため、お通夜や先勝になる場合には、あらかじめ仮通夜と本通夜の2回お通夜を行うなど、対処が必要となることがあります。

納車は大丈夫?


仏滅に納車を避ける人は多いようですが、赤口は六曜の中でもあまり知名度がないため、仏滅ではないから大丈夫と思っている人も多いそうです。

しかし、縁起の面から言うと、実は仏滅よりも悪いと言われているのが赤口です。

中でも血や火事を連想させることは避けた方がよいと言われているため、事故の危険がある車は赤口には納車をしない方がよいと言われています。

セールマンの多くは、納車は縁起の良い大安にできるよう調整してくれるものですが、希望の日に納車ができない時は大安以外になることもよくありますよね。

その場合、仏滅は避けても赤口は気にしていないというセールマンも割と多いと言われているので、縁起を担ぎたい場合は赤口の納車も避けるように話しておくのがよいでしょう。

なお、赤口は11時~13時までは吉となっているので、この時間帯に納車ができれば縁起の悪さを回避することができますが、短い時間なので焦ったりそわそわすることで事故を起こしやすくなることも考えられることから、あまりお勧めはできません。

都合が合わず、どうしても赤口に納車となってしまう場合には、車の契約日や登録日を大安にするなどして、縁起を担ぐ方法もありますし、神社でお祓いをしてもらうことで厄払いもできます。

神社のお祓いについては、六曜の中で日取りが悪いということはないので、赤口であってもお祓いをしてもらうのは可能となっています。

引っ越しはしてもいい?それとも避けたほうが良いの?


以前までは、結婚式や入籍を避けるのと同様に、仏滅の引っ越しも行わない方がよいと言われていました。

しかし最近は、「滅びた後に再生する」という解釈から、縁起は悪いものの日取りとしては悪くないと言われるようになりました。

それでは、赤口の引っ越しはどうなのでしょうか。

赤口も仏滅と同様に縁起が悪い日とされている上、血や火事を連想させるため、隣人とのトラブルをイメージしやすくなり、引っ越しは避けた方がよいと言われています。

もちろんこれは、六曜を信じている(縁起を担いでいる)人に当てはまることで、六曜が気にならない人であれば赤口に引っ越しをしても問題はありません。

また、六曜が気になるという人でも、万が一赤口にしか引っ越しの予約が取れなかった場合でも、縁起の悪さを回復するための対処法というのがあります。

① 小さい荷物を先に運び入れる

業者が入って大きな荷物を運び入れる引っ越しが赤口であっても、その前に使っていない衣服や観葉植物、食器など、手に持って運べるものを新居に運び入れたら、その日が引っ越し当日になるという解釈です。

これによって、例えば最初に荷物を入れたのが大安なら、大安に引っ越しをしたことになり、赤口の縁起の悪さを回避できると言われています。

② 盛り塩をする

引っ越し先が遠方で、小さい荷物をあらかじめ運び入れることが出来ない場合は、引っ越し当日に新居の玄関に盛り塩をすることで厄払いを行うことができます。

それから引っ越しをすれば、厄が落ちているので縁起の悪さを回避することができると言われています。

まとめ

赤口は、中国から伝わった暦注である六曜の一つで、「しゃっこう」もしくは「しゃっく」と読みます。

六曜の中では、仏滅に匹敵するほど縁起が悪いと言われていますが、仏滅のように知名度が高くはありません。

赤口と言う漢字の意味合いから、血や火事などを連想させるため、場合によっては仏滅よりも避けるべきとされていますが、六曜そのものに科学的根拠がないので、基本的には特に気にする必要はないと言えます。

ただし、結婚式や入籍などのお祝い事など、普段は縁起を気にしなくても特別な日は縁起を担ぎたくなるのが心情ですよね。

また、納車や引っ越しなども縁起にこだわる場合もあるかも知れません。

赤口にしたことで気になって行事を楽しめない事態になるよりは、いくら迷信とは言え、最初から赤口を避けた方が何事も気持ちよく行うことができるでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました