HOME

赤口に結婚式を挙げても大丈夫?縁起が悪い理由はなに?

赤口に結婚式を挙げるならこの時間帯!日取りはどうしたらいい?

結婚式を赤口に挙げると言ったら、もしかしたらご両親や親戚から反対されるかも知れません。

その理由は、赤口は縁起が悪い、日取りが悪いと言われているからです。

でも、結婚式や入籍などの時によく聞く「日取り」は、一体どこからきているのか気になったことはありませんか?

また一方で、赤口に結婚式を挙げると料金が割引になるとも言われています。

赤口も時間帯によっては結婚式を挙げてもよいなど、様々な話は耳にするものの、何が本当なのかよくわからないという人も多いと思います。

そこで今回は、赤口の結婚式について調べてみました。



赤口に結婚式を挙げても大丈夫?


赤口に結婚式を挙げようとしたら、家族や親戚から「やめた方がよい」と止められたという話は実際に割とよくあるようです。

しかし、赤口に結婚式を挙げることは何の問題もありません。

つまり、赤口に結婚式を挙げるか挙げないかは、結婚する2人とその家族、親戚の考え方によると言ってもよいでしょう。

上記のように本人達は気にせずに赤口に結婚式を挙げようと思っても、親戚から反対されてやめた例もありますし、逆に本人達が気にして最初から日程をずらすことも十分にあり得ます。

もちろん、本人達も親戚も特に気にしなかったため、赤口に結婚式を挙げたというカップルも多くいます。

それでは、赤口に結婚式を挙げなかったのは、どういった理由があるからなのでしょうか。

それは次でご紹介します。

結婚式を赤口にすると縁起が悪い?その理由は?


赤口に結婚式を挙げないのは、縁起が悪いからです。

日本人は縁起を気にするため、特に結婚式のようなお祝い事は縁起の良い日に行うのが一般的となっていますよね。

なお、縁起が良い、悪いというのは、六曜という暦注の中の話で、六曜は中国から伝わったその日の吉凶を占うものです。

六曜には先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つがあり、この中で最も縁起が良いのが大安で、最も縁起が悪いのは仏滅です。

六曜をあまり詳しく知らないという方でも、大安が吉日、仏滅が凶日ということは知っているのではないでしょうか。

結婚式以外にも入籍やお宮参り、納車、引っ越しなどあらゆる人生の転機に大安は選ばれており、六曜は普段の生活にとても馴染んでいると言えます。

そのような中、赤口は仏滅に次ぐ(もしくは匹敵する)縁起の悪い日となっているため、赤口に結婚式を挙げるのを避けるのです。

とは言え、最近の若い世代は六曜自体をよく知らないため、赤口であっても気にしない場合が多いのですが、親世代、祖父母世代となるとそうはいきません。

そのため、「せっかくの晴れの日にどうしてそんな縁起の悪い日を選ぶのか・・」と反対されてしまうことがあるのです。

挙げても大丈夫な時間帯はいつ?


仏滅と並ぶほどの凶日とされる赤口ですが、実は一日の中で吉となる時間帯が存在します。
(仏滅は終日凶であるため、仏滅と赤口を比べると仏滅の方が縁起が悪いとされています)

それは、11~13時のお昼の時間。

この時間は吉となるので、結婚式をしても縁起が悪いということにはなりません。

しかし、実際に結婚式を行うとすると、2時間では余裕が持てないですよね。

そのため、あえてこの時間帯に合わせて結婚式を行うという人は、あまりいないと言われています。



結婚式の日取りを納得してもらうためには?


2人にとっての記念日に結婚式を挙げたいというカップルは多いと思いますが、万が一にもその日が赤口だとしたら・・。

ご両親や親戚をどう言って納得させたらよいのか、頭を抱えてしまうと思います。

結婚式は結婚する2人だけのことではなく、これまで育ててくれた両親や親戚などに感謝を伝える日でもあるため、結婚式の参列においてわだかまりを残したくないよね。

それでは、赤口に結婚式を挙げたいと思ったら、どのように周囲を納得させたらよいのでしょうか。

① 六曜は迷信であることを伝える

六曜には科学的根拠はなく、言ってしまえば迷信の一つです。

そのため、大安に結婚式を挙げたからと言って必ず幸せになるわけでも、仏滅に結婚式を挙げたからと言って必ず不幸になるわけでもありません。

大事なのは、これから夫婦として2人でしっかりと歩んでいく強い決心であることを、伝えてみましょう。

ただし、慣習を大切にしている人に「これは迷信だから信じない」と言ってしまうと、話し合いにならなくなる可能性があるため、「縁起が悪い日にあえて結婚をすることで、より固い結びつきができると思っている」などのように、六曜を頭ごなしに否定しない姿勢も重要だと言えます。

② 記念日であることを強調する

その日が2人にとって他には変えがたい記念日であるということを話し、納得してもらいましょう。

また、結婚式を挙げる当日が赤口であっても、翌年の同じ日がまた赤口になるとは限りません。

そのことも踏まえて話をしてみるとよいかも知れません。

結婚式の料金が割引されるって本当?


結婚式の日取りとして人気の大安は、当然ながら誰もが挙式を挙げたいと思うため予約が殺到しやすく、料金も割高となっている場合がほとんど。

それに対し、赤口や仏滅は比較的直近でも予約が取りやすいだけではなく、式場によっては料金を割引しているところもあるようです。

繁忙期と言われる6~7月は難しいかも知れませんが、それ以外の閑散期であれば、式場としても挙式料金を下げてでも予約を入れたいと思うのは、当たり前のことですよね。

結婚式を行う日付が違うだけで料金が割引されるなら、あえて赤口や仏滅を狙うというのもアリなのかなと思えますよね。

赤口の日の結婚式で気を付けておきたい事や注意点は?


赤口は、赤という字が血や火事を連想させることから、それにちなんだものは避けた方がよいと言われています。

結婚式ではケーキカットの時にナイフを用いたり、キャンドルサービスを行うことがありますが、少しでも縁起を担ぎたいというのであれば、それらはやめた方がよいかも知れませんね。

また、血=赤がイメージとして強いので、赤色のドレスのお色直しなども避けた方がよいかも知れません。

ただしこれは、あくまでも六曜や赤口が気になってしまうという方のみです。

結婚式を赤口に挙げると決めた時点で、このようなことはあまり気にせずに、結婚式が無事行えることや、参列者や両親に感謝の気持ちを一番に思いながら、晴れの日を素敵な時間にするよう笑顔で過ごすのがよいと思います。

まとめ

赤口は六曜の中で仏滅に次いで縁起が悪い日と言われているため、一般的には結婚式は避けられる傾向にありますが、一方で最近は、六曜を気にしないという人も増えており、赤口であっても結婚式を挙げるカップルが多くなっています。

ただし、家族や親戚の中には日本で古くから続く慣習を気にする人が多いのも事実です。

そのため、2人で決めずに周囲に相談し、赤口に結婚式を行うことを納得してもらうのが大切になります。

なお、赤口は大安に比べて結婚式の予約が埋まりにくいことから、式場によっては挙式料金の割引サービスを行っているところもあるようです。

新居の家具や新婚旅行に十分なお金を使いたいという場合は、赤口に結婚式を挙げて挙式料金を抑えるというのも、賢いやり方の一つと言えるのではないでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました