HOME

赤口に入籍をしても大丈夫なの?時間帯はいつがいい?

赤口の入籍について!縁起が悪いって本当?離婚しやすくなる?

お祝い事はお日柄のよい時に・・と言っても、縁起が良い大安は6日に1日ほどでしか巡って来ないため、入籍の日取りを決める際に待てないという場合もありますよね。

それでは大安以外の日、例えば赤口に入籍をするとしたら、縁起はどうなのでしょうか。

一説には赤口の入籍は縁起が悪いと聞きますし、離婚しやすくなるという噂も・・。

そこで今回は、赤口の入籍について調べてみました。

赤口に入籍をしてもよいのか?縁起はどうなのか?という疑問はもちろんのこと、赤口に入籍する場合の時間帯や、気にしない考え方などをご紹介したいと思います。



赤口に入籍をしても大丈夫?


赤口に入籍をしても、特に問題はありません。

冒頭でも言いましたが、日本にはお祝い事は大安に・・という暗黙の了解のような空気がありますが、だからと言って大安以外に入籍をしないのがいけないということではありません。

そもそも、赤口や大安などは六曜と呼ばれる中国から伝わった暦注の一つで、簡単に言うと占いの一種になります。

星座占いや血液型占い、動物占いなど、日本人はとても占いが好きだと言われていますが、だからと言って全てを占い通りにして生きている人はほとんどいませんよね?

六曜もそれと同じで、例え大安だからと言って世の中全ての人の運気が良いわけではないように、赤口だからと言って運気が悪いわけでもありません。

また、六曜を気にしていない方にとっては、大安だろうが赤口だろうか関係なく、好きな時に入籍をしています。

そのような点から、赤口に入籍をしても何ら問題はないと言えます。

入籍をする時間帯はいつがいい?


2人にとっての記念日に入籍をしたい、と思うのはカップルにとってごく当たり前のことですよね。

しかしそれが赤口だった場合、後述していますが「縁起が悪い」という意味で周囲から反対されるケースもあります。

それでもどうしても赤口に入籍をしたい時は、吉となる時間帯に的を絞って婚姻届けを提出にしにいくのがよいでしょう。

赤口は、終日凶日というわけではなく、2時間だけですが吉となる時間帯が存在します。

この時間帯に合わせて婚姻届けを提出することができれば、縁起が悪いとして反対されていたとしても納得してもらえるのではないでしょうか。

ちなみに、赤口の中で吉となるのは11~13時のみとなっています。

婚姻届けを提出する地域にもよりますが、お昼の時間帯は混み合う場合もあるため、早めに役所に着いて11時を過ぎたらすぐに提出できるようにするとよいかも知れません。

赤口に入籍すると縁起が悪い?


赤口は六曜の中で、仏滅に匹敵するほど縁起が悪いと言われている日です。

六曜には、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つがありますが、これを縁起の良い順に並べると大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅となります。

赤口は先ほども触れた通り、11~13時は吉となっているので終日凶日の仏滅よりは縁起が悪くない、という見方もありますが、一方では仏滅は「物滅に通じることから、全てが滅びることで0になり、新しいスタートを切るには良い日」とも言われており、その意味では赤口の方が縁起が悪いとされています。

このようなことから、入籍日に選ぶ日取りとしては圧倒的に赤口は少なめとなっているのが現状です。

結婚式とは違い、入籍日はある程度融通が利く分、縁起が悪いと言われてしまうと気になって、別の日に変更してしまうカップルが多いようです。



離婚しやすくなるって本当なの?


赤口に入籍をすると離婚しやすくなるという噂があるようですが、これは嘘です。

なぜそう言えるのかと言うと、最近の若い世代は六曜を気にしないという方も多く、赤口や仏滅を入籍日に選ぶ方も増えています。

もし、赤口に入籍をすると離婚しやすくなるというのが本当だったら、離婚数は増えるはずですが、ここ10年で離婚数は減っているからです。

ただし、一昔前に比べて赤口や仏滅に入籍するカップルが増えたことにより、その2人が離婚したとなると「それは赤口に入籍したからだ」と思うことは多くなったのかも知れません。

しかし実際には、圧倒的に大安に入籍するカップルが多かった時代の方が離婚数は多かったので、赤口に入籍をしたからと言って離婚しやすくなるということはありません。

赤口だからといって気にしない!


六曜は科学的根拠のない迷信ですが、慣習として今も受け継がれている部分もあるため、「入籍はお日柄の良い日に」と言うのがある意味では当たり前となっている現状があります。

とは言え、結婚する2人にとって大切な意味のある日を、赤口を避けるという理由だけで変更してしまうのは、何だか本末転倒のような気がしないでしょうか。

2人が「その日に籍を入れたい」と思った日こそ、最良の日であるはずです。

もちろん、縁起を担ぐことで気持ちが清々しくなる方や、元から大安に入籍しようと思っていた場合はそれで構わないと思います。

しかし、縁起を担ぐことばかりに気を取られてしまうと、せっかくの良き日が重荷になってしまうこともありますよね。

そのため、「赤口はあくまでも占いの一つ」というスタンスで、「この日に入籍したい!」と思う日が赤口だったとしても、気にしすぎないようにするのがよいでしょう。

ただし、本人達が気にしなくても、年配者の中には「入籍は縁起が良い大安にするべきだ」と思っている方が今も多くいます。

そのような場合は、どうして赤口に入籍をしたいのかを伝え、理解してもらうことも必要と言えるでしょう。

なお、六曜は固定されていないため、毎年日付が同じでも変わります。

つまり、入籍した年が赤口であっても、翌年は大安になるということもあるのです。

六曜の中で入籍に適している日は?


六曜は迷信なのだから信じる必要はない、と言っても、縁起が気になる方もいますし、記念日などではなく縁起が良い日に入籍をしたいと思っている方もいますよね。

六曜の中で、最も入籍に適している日は大安になります。

大安は「大いに安し」が由来となっていて、その意味は万事うまくいく、縁起の良い日になります。

終日吉日となっているので、大安であればいつ入籍しても問題ありません。

大安の次に縁起が良いのは友引です。

友引は11~13時は凶となりますが、それ以外は吉なのでこちらも時間帯をあまり気にすることなく、入籍の手続きを行うことができます。

また、友引という字が(幸せに)友を引くという意味に捉えられるので、婚姻届けの証人欄を友人や知人に埋めてもらうと、その人にも良縁を運ぶとも言われています。

友引の次は先勝、もしくは先負が縁起の良い日になります。

この2つは吉となる時間帯が異なり、先勝は午前中、先負は午後が良い日となっているのですが、勝つという字が入っている先勝の方が、先負に比べて縁起が良いと思われる場合が多いようです。

まとめ

赤口に入籍をしても特に問題はありませんが、六曜では仏滅に匹敵するほど縁起が悪い日となっているため、身内や親戚などに縁起を気にする人がいる場合には、反対される可能性もあります。

そのような時には、赤口であっても入籍したい理由を伝え、納得してもらうようにしましょう。

結婚は2人だけの話ではなく、お互いの親や親戚と縁を繋ぐものになるため、強行突破をして後からトラブルにならないよう注意が必要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました