HOME

仏滅に婚姻届を出しても大丈夫?メリットやデメリット!

2人にとっての記念日に婚姻届を出そうと思ったら、その日が仏滅で困ってしまった、なんてことはありませんか?

仏滅に婚姻届を出すのは、止めた方がよいのでしょうか。

そもそも仏滅とは何なのでしょう?

仏滅は何となく縁起が悪い日とは知っていても、詳しいことはよくわからない方も多いですよね。

そこで今回は、仏滅に婚姻届を出すことについて調べてみました。

スポンサーリンク

仏滅に婚姻届を出しても大丈夫?


仏滅は、中国が発祥の歴注(暦に掲載される吉凶占い)の一つである六曜の中の凶日になります。

凶という字が物語るように、仏滅は六曜の中で最も縁起が悪い日となります。

そのため、入籍を始め、結婚式やお宮参り、七五三などのお祝い事では、仏滅は避けられやすい日となっていますが、そもそも六曜は、仏教や神道とは何の関係もないことから、冠婚葬祭において六曜を気にする必要はないと言われています。

その一方で、長い間、日本ではお祝い事は縁起の良い大安に行うことが風習として受け継がれてきたため、今でも年配者の中には「入籍や結婚式は大安に行うもの」という意識を強く持っている方もいます。

身内や親戚などに縁起の良し悪しを気にする人がいる場合は、結婚する2人だけのことと片付けず、みんなに祝福してもらえるように婚姻届の提出日を考える必要があると言えます。

ただし、仏滅に婚姻届を出すことができないというわけではありません。

役所に書類を提出しても受け付けてくれるので、そこは安心して下さいね。

仏滅に婚姻届を出す時のオススメの時間帯は?


仏滅は一日中凶となる日のため、「この時間帯は吉になるので縁起が良い」という時間帯はありません。

そのため、仏滅に婚姻届を出す場合は時間を気にする必要はないのですが、六曜の順番が先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口(また先勝に戻る)となっており、仏滅の次は六曜の中で最も縁起の良い大安となっています。

これがいつしか、仏滅の午後は大安の運気が入り込んでくるので、運気が上向きになり縁起が良いと言われるようになりました。

どうしても都合がつかず仏滅に婚姻届を出す必要がある場合、午後の遅い時間であれば大安の運気によって縁起が良くなるというわけです。

ただし、この考え方だと、大安の次は縁起の悪い赤口なので、大安の午後は運気が下がって縁起が悪くなってしまいます。

このようなことから、仏滅の午後は縁起が良くなるという話は、あくまでも仏滅という日を気分よく過ごすための捉え方の一つとして認識しておく程度がよいでしょう。

仏滅に婚姻届を出す時のメリットとデメリット

メリット

役所が混雑しにくい

普段は縁起を気にしていなくても、婚姻届の提出(入籍日)においては縁起の良い日に行いたいと思う方が多いため、必然的に仏滅に婚姻届を出す人は少なくなるので、役所が混雑して手続きまで長い時間待たされる、といったことはほとんどありません。

待つことや人が多い場所が苦手な方には、仏滅の入籍はお勧めと言えるでしょう。

考え方によっては新しいスタートを切る最良の日

仏滅は本来、物滅と書いていたと言われており、物が滅びると書くことから一旦全ての物が滅びて消え去り、0から始まるという意味に捉えられるとされ、最近は敢えて入籍や結婚式の日取りに選ぶ方が増えています。

また、最悪の凶日から結婚生活を始めることで、これ以上落ちることはない、上向きの人生!と考えることができるとする方もいます。

このような前向きな考え方ができるなら、仏滅は入籍日としてお勧めの日と言えそうですよね。

デメリット

先ほども触れた通り、年配者の中には「入籍や結婚式は大安に行うべき」と考えている方が多くいらっしゃいます。



そのため、当事者の2人がいくら仏滅に婚姻届を出したいと言っても、縁起が悪いからと反対されてしまう可能性があります。

祖父母や両親に仏滅の入籍を反対された場合(もしくは反対されることが予想できる場合)は、どうして仏滅に入籍したいのか、きちんと説明をして理解や納得をしてもらう必要があるでしょう。

六曜を気にした方がいいの?


日本では現在でも、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りは、六曜による縁起の良し悪しを元に決めることが多いですよね。

しかし、発祥の国である中国ではもう六曜は使われていません。

また、六曜は日本に伝わってから幾度となく名称や意味が変わっており、大安も元々は最も縁起の良い日ではありませんでした。
(諸説ありますが、先勝が最も縁起の良い日だったと言われています)

このようなことから、仏滅は縁起が悪い、大安は縁起が良いというのもあくまでも今の話であり、この先はまた変わっている可能性もあります。

何より仏滅に入籍をしたカップルはみんな不幸になり、大安に入籍をしたカップルはみんな幸せになっているわけではありませんよね。

せっかくのお祝い事なので縁起の良い日に婚姻届を出したいという気持ち自体は問題ないですが、六曜にこだわりすぎるあまり、喧嘩や言い合いが増え、2人が険悪な雰囲気になってしまっては本末転倒です。

婚姻届の提出にオススメの日は?


婚姻届を縁起の良い日に出したい場合、どのような日を選んだらよいのか気になりますよね。

そこでここでは、婚姻届の提出にお勧めの日をご紹介します。

大安

六曜の中で最も縁起が良い日であり、一日を通じて吉となるので時間帯を選ぶことなく婚姻届を出すことができます。

友引

大安に次いで六曜で2番目に縁起の良い日ですが、午前11時~午後1時の午の時刻のみは凶となるので、婚姻届を出すのは午前11時までか午後1時以降がお勧めです。

友引は「福に友を引く」と言われており、婚姻届の保証人欄に友人の名前が入っていると友達にも幸福が訪れると言われています。

先勝

先んずればすなわち勝ちの意味で、午前中が吉、午後からは凶となる日なので、婚姻届を出すなら午前中がお勧めです。

一粒万倍日

一粒万倍日は六曜ではなく、撰日という歴注の一つなのですが、一粒の籾(もみ)が万倍に実り稲穂になるという意味があり、この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われています。

婚姻届の提出日にも向いており、さらに縁起を担ぎたい方は一粒万倍日と大安が重なる日を選ぶのもよいでしょう。

天赦日

百神が天に昇り、万物の罪を許すという意味があり、何をしても上手くいく日、成功する日と言われています。

暦の上で最上の吉日となっています。

婚姻届の提出を避けた方がいい日は?

赤口

六曜では大安、友引、先勝、先負が吉日、赤口、仏滅が凶日となっています。

赤口は午前11時~午後1時のみ吉に転じるため、終日凶の仏滅よりは縁起が良いと言われていますが、赤という字が血や火を連想させるため、刃物による怪我や事故、火事などに注意をする日と言われており、捉え方によっては仏滅よりも不吉で縁起の悪い日とされています。

不成就日

撰日の一つで、言葉の通り何をしても成功しない、成就しない日となっています。

婚姻届の提出も避けた方がよいと言われています。

まとめ

仏滅に婚姻届を出しても問題はありませんが、身内や親戚の方が「入籍は大安に行うもの」と考えている場合は、安易に決めてしまわずに仏滅に入籍をしたい理由などを丁寧に伝える必要があるでしょう。

また、仏滅以外にも赤口や不成就日など縁起の悪い日があるので、縁起を担いで婚姻届を出したい場合は注意をして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました