HOME

仏滅にやってはいけないことは?普段から意識したほうがいい?

一般的に仏滅は縁起が悪い日として知られており、お祝い事は避けた方がよいと言われていますが、仏滅にやってはいけないことには具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

また、日ごろから縁起の良し悪しについて意識をしておいた方がよいのか、気になりますよね。

そこで今回は、仏滅にやってはいけないことをご紹介します。

スポンサーリンク

仏滅にやってはいけないことはなに?


仏滅は、中国が発祥の六曜の一つです。

六曜は暦注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、日本には鎌倉時代末期から室町時代に日本に伝わったとされ、現在でも六曜の吉凶によって日取りを決めることがあります。

六曜には4つの吉日と2つの凶日があり、仏滅は六曜の中で最も縁起が悪い凶日になります。

そのため、お祝い事の日取りには仏滅は避けられやすいと言われていますが、本当にお祝い事は仏滅だからという理由でやってはいけないのでしょうか。

また、お祝い事以外でも仏滅にやってはいけないことはあるのか調べてみました。

入籍や結婚

数あるお祝い事の中でも、その代表格とされるのが入籍と結婚式です。

日ごろは縁起の良し悪しを気にしていないという方でも、入籍や結婚式の日取りは縁起の良い大安に行いたいと考えることが多いようです。

一方で凶日となる仏滅は避けられる傾向にありますが、これは仏滅に入籍や結婚式をやってはいけないという意味ではありません。

縁起が気にならない方や、最近では仏滅が元々、物滅を書いていたことから、一旦物事が全て消え去り、0から新しいスタートが切れる日として、あえて入籍や結婚式の日取りとして選ぶ方もいます。

また、仏滅の入籍は役所が混みにくく、結婚式場の予約も取りやすくて、割引サービスを受けられることもあり、密かに人気となっているようです。

お通夜や葬式

お通夜や葬式なども仏事も、お祝い事と同様に縁起の悪い仏滅は避けた方がよいと考える方がいますが、仏教と六曜には何の関係もないので、お通夜や葬式が仏滅になっても特に問題はありません。

葬式の日取りで注意をしたいのは友引です。

友引は六曜の中では大安に次いで2番目に縁起が良い日なのですが、友を引くと書くことから、友引に葬式を行うと「冥土に友を連れて行く」となり、縁起が悪いと言われています。

友引の実際の意味は「共引き=勝負がつかない」なので本来であれば気にする必要はないのですが、日本では長く友引の葬式は避けられており、それに伴い火葬場も友引を定休日となっており、友引に葬式を行えないのが現状となっています。

法事

法事も、お通夜や葬式と同様に、仏滅だからと言って避ける必要はありません。

仏滅の仏の字が、仏教の仏と同じなので、仏滅(六曜)と仏教には繋がりがあると思っている方がいますが、仏教と六曜には何の関係もありません。

車の納車

車の納車はお祝い事ではないものの、縁起の良し悪しを気にする方が多く、またカーディーラー側でも特に指定がなければ大安に納車することが多いと言われています。

車は事故が不安に感じる方が多いので、縁起を担いで大安に納車を行いたいと思う方が多いのでしょう。

また、納車の後に神社に交通安全祈願に行く場合にも、大安であれば終日吉となるので、時間を問わずに神社に行くことができます。

ただし、こちらも仏滅には納車ができないというわけではありません。

都合上、仏滅に納車をしてもらいたいという場合や、大安の納車スケジュールが空くまで待ちたくない、すぐに納車してもらいたいという方は、その旨をカーディーラーに伝えるとよいでしょう。

宝くじの購入

宝くじ売り場に行くと、大安には「本日、大安吉日」と幟(のぼり)が掲げられ、縁起の良い日に購入を促すキャンペーンなどをよく見かけます。

購入する側の心理としても、縁起の悪い日よりも縁起の良い日に買った方が、当選確率が上がりそうですよね?



しかし、宝くじの一等当選者の購入日を調べたところ、何と一等の当選者が一番多かったのは仏滅だったことがわかりました。

このようなことから、宝くじの購入については縁起を担いで大安に買う人がいる一方で、データを信じて仏滅に買う人もいます。

大きな買い物

人生でそう何度もないような大きな買い物、例えば不動産の場合は、業界のしきたりとして仏滅を避け、大安を選ぶ傾向にあるようです。

大安が縁起の良い日であることはもちろんですが、不動産の場合、売り手と買い手が存在し、なおかつ金額が大きいので銀行が開いている平日に契約をすることが多くなっています。

会社員であれば基本的には平日は勤務となるので、「不動産の契約(購入)が大安である」というのは会社を休む際の大義名分となることから、大安を契約日とすることが多いと言われています。

ただし、こちらも必ず大安である必要はなく、仏滅であっても契約や購入をすることは可能です。

開業

開業の場合、日にちに思い入れがあり、どうしてもその日に開業したいのであれば、例え仏滅であっても開業する方が多いと言われています。

ただし、特に開業日にこだわりがなく、お客さんや取引先の中に縁起を気にする方がいるのであれば、縁起の悪い仏滅は避けた方がよいでしょう。

また、特に開業日を決めていなかった方は、縁起を担いで大安を開業日にすることが多いようです。

お参り

お宮参りは地域によって違いはありますが、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行うのが一般的のため、該当する日が仏滅であっても、その日にお参りをする方がほとんどのようです。

しかし、七五三は11月15日の前後1ヵ月(10月中旬~12月中旬)の期間内にお参りをするので、その期間内の大安などの吉日を選ぶ方が多いと言われています。

お宮参りや七五三の場合、両親が特に縁起を気にしていなくても祖父母が気にして、仏滅を避けるように助言することも少なくないようです。

お祝い事

お祝い事は基本的には大安などの吉日に行う方が多いですが、最近は六曜を知らない世代も多く、あまり気にせずに都合に合わせて日程を組む場合もあるようです。

また、正月やひな祭りなどもお祝い事ですが、あらかじめ日付が決まっているものに対しては、その日の縁起の良し悪しを特に気にする方はいません。

普段から仏滅を意識したほうがいい?


普段の生活の中で、仏滅であることを意識する必要はないと考えてよいのではないでしょうか。

例えば、スーパーに食料品を買いに行く時に、「今日は仏滅だから止めておこう」となる人はほとんどいないと思います。そもそも六曜には科学的根拠はなく、あくまでも日本で古くから続く風習に過ぎません。

大安だから必ず縁起が良いわけでも、仏滅だから必ず不幸が訪れるわけでもないので、あまり気にせずに生活をして構わないでしょう。

しかし、冠婚葬祭になると話は別です。

特に年配の方は、六曜によって日取りを決めることを重んじています。

中でも入籍や結婚式、お宮参り、七五三などは、自分は縁起が気にならないからと安易に仏滅を選んでしまうと、縁起を気にする人から反対されたり、トラブルの原因になることがあるので、事前に相談や承諾を得ておくことが大切になります。

まとめ

仏滅は六曜の中では最も縁起が悪い日のため、一般的にお祝い事の日取りには向かないと言われていますが、だからと言って入籍や結婚式を仏滅にしてはいけないというわけではありません。

最近は六曜を知らない方も多く、手続きで役所や混みにくい、予約が取りやすく料金の割引サービスがあるなどの理由で仏滅の入籍や結婚式も増えています。

ただし、年配の方にはまだまだお祝い事は大安に行うものという意識が強いため、自分の気持ちだけで決めてしまうと後でトラブルになることがあるので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました