HOME

大明日と仏滅が重なると縁起的にはどうなの?

大明日はあまり知られていませんが、歴史の古い吉日の一つです。

それに対し仏滅は、一般的によく知られている凶日ですよね。

大明日と仏滅はそれぞれ日の吉凶の決め方が違うため、実は暦の上で重なってしまうことがあります。

大明日と仏滅が重なった場合、縁起はどうなるのでしょうか?

そこで今回は、大明日と仏滅が重なった時の縁起について調べてみました。

吉日と凶日が重なる理由なども合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

大明日と仏滅が重なると縁起的にはどうなの?


大明日は暦注下段という暦注の一つで、『天地が開けて、隅々まで太陽の光が照らされる』という意味の吉日です。

一方の仏滅は、六曜という暦注の一つで、『仏も滅するほどの凶日』という意味の凶日になります。

暦注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いの総称で、暦注下段や六曜の他にも十二直、二十八宿、九星などがあります。

後に詳しく解説していますが、暦注は種類によって日の吉凶の決め方が違うため、同じ日に吉日の大明日と凶日の仏滅が重なることがあります。

大明日と仏滅が重なった場合、大明日が仏滅の影響を受けることで縁起の良さが半減してしまうと言われています。

これは反対に、仏滅は大明日の影響を受けることで縁起の悪さが少し良くなる、と捉えることもできます。

つまり、大明日のみの日に比べて大明日に仏滅が重なった方が縁起は悪くなってしまいますし、仏滅のみの日に比べて仏滅に大明日が重なった方が縁起は良くなるというわけです。

大明日と仏滅が重なった場合、どちらの日を重要視したほうが良いの?


大明日と仏滅が重なった場合、どちらの日を重要視するかは人によって違います。

例え凶日が重なっていても、吉日を日取りを選ぶことに意味があると考える方であれば、大明日を重要視して日取りを決めますし、逆にどんな吉日であっても凶日が重なってしまうことはマイナスでしかないと考える方であれば、仏滅が重ならない日を探します。

ただし、人は悪い方に意識を引っ張られる傾向にあると言われているので、仮に大明日と仏滅が重なった日を選んだとして何か嫌なことが起こってしまうと、「やっぱり仏滅が重なっていたからだ」と思ってしまいがちです。

大明日が重なっていたからこれくらいで済んだ、と前向きに考えることは少ないと言われているので、自分は小さいことで気になってしまう、考え方がネガティブだと自覚している場合には、重要な行事などの日取りは、仏滅を始めとした凶日が重なっていない日を選ぶのがよいかも知れません。

2022年で大明日と仏滅が重なる日は?


大明日は年間150日ある吉日で、仏滅も一ヵ月に5~6日巡ってくることから、大明日と仏滅が重なる日は多くなります。

ここでは2022年で大明日と仏滅が重なる日をご紹介します。

1月7・19・31日

2月22日

3月17日

4月26日

5月7・19日

6月22日

7月15日

8月7・19・25日

9月4・16日

10月9・21・25日

11月12日

12月5・17日

吉日と凶日が重なる理由は?


吉日と凶日が重なるのは、暦注は種類によって日の吉凶の決め方が違うからです。



暦注には暦注下段、六曜、十二直、二十八宿、七曜、九星、撰日があり、それぞれに吉凶の決め方が異なります。

大明日は暦注下段に含まれる吉日ですが、暦注下段は十干十二支の組み合わせによって日の吉凶を決めています。

十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類から成るもので、対する十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類から成るものです。

十二支は一般的に「干支」として知られていますが、実は干支は十二支だけではなく、これに十干を組み合わせた十干十二支で表したものになります。

十干十二支は年(干支)を表すだけではなく、暦の日付を表すものとしても使われていました。

例えば、申子や戌辰と言った組み合わせを日付として読んでいたのです。

十干と十二支の組み合わせは60通り(※)あり、大明日はその中の甲辰・甲申・乙未・乙丑・丙辰・丙午・丁卯・丁未・戊辰・己卯・己酉・庚戌・辛未・辛酉・辛亥・壬午・壬申・癸巳・癸酉が該当する日となります。(諸説あります)

一方で仏滅(六曜)は、旧暦の1月と7月の1日は先勝、2月と8月は友引、3月と9月は先負、4月と10月は仏滅、5月と11月は大安、6月と12月は赤口と、その月の始め(1日)の吉凶日があらかじめ割り振られています。

その上でさらに、先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→先勝・・の順番を繰り返すものになります。

旧暦の6月1日は仏滅と決まっているので、これを新暦に直した後、旧暦の6月1日に当たる日から順に仏滅→大安→赤口・・と続きます。

このように、大明日(暦注下段)と仏滅(六曜)だけを比べてみても、吉凶の決め方に大きく差があることがわかりますよね。

そのため、暦注下段では大明日の吉日なのに、六曜では仏滅の凶日となってしまう日が出てしまうのです。

暦注は大きなジャンルに分けると占いの一種になります。

占いには星座占いや血液型占い、六星占術、タロットなど様々にあり、それぞれが全く違う結果となることも珍しくなく、暦注でも同じことが起こってしまうのです。

(※)十干(10種類)と十二支(12種類)の組み合わせは10×12で120通りが正解では?と思うかも知れませんが、十干(10)と十二支(12)は数に2つのズレがあるため、絶対に出会わない組み合わせがあります。

そのため、十干十二支の組み合わせは10×12ではなく、10と12の最小公倍数である60になります。

吉日や凶日は気にした方がいい?


普段はその日の縁起の良し悪しなどほとんど気にしていないという方でも、冠婚葬祭の日取りを決める時には日の吉凶が気になってしまうものです。

また、本人はあまり気にならなくても、親や周囲から助言されることもあるでしょう。

特にお祝い事に関しては、日本では六曜の吉日に行うのが風習として今も受け継がれていため、入籍や結婚式などは大安を始めとした吉日に行うべきという風潮があるのが事実です。

しかし、先ほども少し触れましたが、暦注は言ってしまえば占いと一緒のもの。

吉凶において科学的根拠はなく、迷信に過ぎません。

そのため、吉日だからと言って必ず良い日となるわけでも、凶日だからと言って必ず悪い日になるわけでもありません。

もしかしたら、今日は吉日だからと注意散漫で歩いていて怪我をするかも知れませんし、凶日だからと注意深く過ごしていて平穏に終わることもあるかも知れません。

つまり、吉日や凶日という結果は正直なところ、そこまで重要ではないと言えます。

それよりも、吉凶が物事を前向きに捉えられたり、挑戦する気持ちになったり、いつもよりも慎重にしてみようと思う切っ掛けになることの方が大事ではないでしょうか?

凶日だから今日はツイてない・・ではなく、その中でもできることを考えることができれば、凶日も素敵な一日になるはずです。

まとめ

大明日と仏滅が重なると、大明日の縁起の良さが仏滅の影響で半減してしまうと言われています。

これは言い換えれば、仏滅の縁起の悪さを大明日が回復してくれるということにもなりますよね。

どちらに捉えるかは人それぞれになりますが、これらの暦注はあくまでも占いの一つです。

あまり深く考えすぎずに、毎日の生活に上手く取り入れていくことが最も必要だと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました