HOME

仏滅に引っ越しをしても大丈夫?縁起が悪い?

仏滅の引っ越しについて!実は大安よりもいい?料金が安くなりやすい?

引っ越しの日取りを気にする人は多いですが、中でも避けたいのが仏滅ではないでしょうか。

仏滅は縁起が悪いと言われていることから、仏滅に引っ越しをしてもいいの?と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

六曜では縁起の良い大安が引っ越しの日取りとして人気ですが、人気があるということは予約が難しいため、それも悩みの原因となっている場合もあります。

そこで今回は、仏滅の引っ越しについて調べてみました。

仏滅の引っ越しには、実は対策方法があります!

場合によっては安い料金で引っ越しができる可能性もあるので、引っ越しの日取りの決め方の参考になさってみて下さい。



仏滅に引っ越しをしてもいいの?


仏滅に引っ越しをしても問題ありません。

そもそも仏滅とは、中国から伝わった六曜という暦注の一つで、曜日などのようにその日を示すものとして使われていたそうです。

日本に伝わったのは鎌倉時代後期から室町時代と言われていますが、広く庶民に知られるようになったのは江戸時代とされ、その頃に今のようなその日の吉凶を占うものに変わっていったと言われています。

つまり、本来の六曜には縁起が良い悪いと言った解釈がなかったのです。

また、仮に現在知られている六曜を元に引っ越しを考えた場合でも、六曜には科学的根拠がないため、単なる迷信と片付けることができます。

このようなことから、仏滅に引っ越しをしても問題がないと言えます。

なお、仏滅は物滅が語源とされ、全ての物が一旦滅び、新しく再生する日という意味にも捉えられると言われています。

この意味だと仏滅はむしろ引っ越しにふさわしい日とも言えますよね。

引っ越しを仏滅にすると縁起が悪い?


仏滅は六曜の中で最も縁起が悪いとされる日のため、結婚式や入籍などのお祝い事を行うのは避けた方がよいと言われています。

引っ越しはお祝い事に入るのか?と思うかも知れませんが、新しい生活を始める上で縁起を担ぎたいという気持ちになるのはわかる気がしますよね。

そのため、引っ越し日は大安がとても人気で、予約をしたくてもなかなか取れないくらいです。

一方で、仏滅は縁起が悪い日のため、引っ越しの日として選ぶ人は少ないと言われています。

しかし、先ほどもお伝えしたように、六曜は迷信のため、仏滅が縁起が悪いという話には根拠はありません。

黒猫が前を横切ったら縁起が悪い、箸が折れたら縁起が悪い、13日の金曜日は縁起が悪い・・など、私達の周りには縁起が悪いとされることが数多くありますが、仏滅はそのような話と同じと考えてよいでしょう。

実は大安よりも仏滅のほうがいいって本当?そのメリットは?


六曜に科学的根拠がないとしても、それでも担ぎたくなるのが縁起ではないでしょうか。

特に大安は、六曜を知らなくても「縁起が良い日」として世間一般によく知られているため、引っ越しの験担ぎに大安を選ぶということは往々にしてあります。

そのため、引っ越し日として圧倒的に人気があるのは大安になり、おのずと予約が取りにくい状態になっています。

しかし、仏滅なら引っ越し件数が多い2~3月を除けば、比較的直近でも希望する日を予約することができると言われています。

引っ越しをする理由は様々にあると思いますが、新しい生活の始まりはできるだけ自分の都合に合わせた日にしたいですよね。

仏滅の引っ越しなら、そのような要望も通りやすく、スムーズに引っ越しをすることができると思います。

ただし、引っ越し件数が多い2~3月は仏滅であっても予約はとりにくくなります。



この時期は六曜に関係なく、早めに希望日を予約しておくことをお勧めします。

本当に引っ越し料金が安くなるの?


仏滅に引っ越しをするメリットは、希望する日に予約がしやすいことだけではありません。

ピーク時以外の仏滅の引っ越しでは、引っ越し料金を割引している業者が多いため、引っ越し料金を節約することができるかも知れません。

もちろん、業者によって割引の割合などが違いますし、中には最初から割引後の料金を提示していることもあるので、必ずしも割引があるとは言い切れませんが、交渉によってもさらに割引と言うことがあり得るのも仏滅の引っ越しのメリットと言えます。

同じ場所に、同じ業者を使って引っ越しをするのに、大安と仏滅の違いだけで料金が変わるなんてちょっと驚きですが、安く済ませた分家具や電化製品が買えたら嬉しいですよね。

仏滅に引っ越しをする場合の対処法!


それでもやっぱり仏滅の引っ越しは避けたいと思っていたのに、どうしてもその日しか予約が取れなかった、という場合には、次のような方法で対処するとよいでしょう。

①引っ越し日の前に荷物を運び出す

引っ越し先が近場などの場合は、大きな荷物を搬出・搬入する前に、段ボールなどに入れた小さな荷物を引っ越し先に置きに行くと、その日が引っ越し初日となるため、引っ越し日=仏滅を避けることができます。

縁起にこだわるなら、大安や友引を選んで荷物を運びましょう。

荷物の大きさや種類は特に問わないので、使っていない物があればそれでもよいですし、箸や食器などを先に運んでよいでしょう。

②塩を盛る

引っ越し先が遠方で、事前に荷物を運び入れることが出来ない場合は、引っ越し当日に新居に塩を盛ってお清めをしてから作業を開始しましょう。

お清めによって厄払いができます。

引っ越しの日取りの決め方について!六曜との関係は?


これまで仏滅と引っ越しの関係についてお話してきましたが、あるアンケート調査によると引っ越しの日取りについて「気になる」と答えた人は全体の2割ほどにとどまったそうです。

つまりは8割の人はさほど気にしていないというわけです。

最近は特に六曜そのものを知らない人も増えているため、仏滅に引っ越しをしてもそれを縁起が悪いと感じることは少なくなっていくかも知れません。

なお、仏滅以外の六曜と引っ越しの関係は次のようになっています。

大安

六曜の中で最も縁起が良いと言われていることから、引っ越しの予約が埋まりやすく、特にピーク時は数ヵ月先に予約をしないと取ることができません。

また、人気のため料金設定も高くなりやすく、少しでも安く引っ越しをしたいという方にはお勧めできません。

友引

友引は大安に次いで縁起が良いとされていますが、11時~13時までは凶のため、この日に引っ越しをする場合は11時~13時までは作業を中断して休むとよいでしょう。

先勝

「先ずれば勝ち」の意味から、午前中は吉、午後は凶となっています。

引っ越しをする場合は、午前中で終わらせるか、午後は休んで別の日に作業を再開するとよいでしょう。

先負

先勝とは逆で午前は凶、午後は吉となる日のため、午後に引っ越す分には問題はありません。

赤口

赤という字が血や火事を連想させるため、お祝い事は避けるべきとされています。

また、仏滅には物滅の意味から引っ越しするのに良い日と言う捉え方もできますが、引っ越しにおいては仏滅以上に縁起がよくないとして避ける人が多いと言われています。

まとめ

仏滅に引っ越しをしても問題はありませんが、縁起が気になる場合は引っ越しの前に小さい荷物を、引っ越し先に搬入するとその日が引っ越し初日となり、仏滅の引っ越しを回避することができます。

また、業者によっては大安よりも引っ越し料金を割引しているところもあるので、少しでも安く済ませたいという方は仏滅の引っ越しを検討してみるのがよいでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました