HOME

六曜について疑問が多いQ&Aを一挙ご紹介!

結婚式は?納車は?六曜についてのよくある疑問

カレンダーには日付や曜日以外にも、大安、先勝、仏滅などが書かれていますが、「これって何なのだろう?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。

これらは六曜と呼ばれる中国から伝わった暦注の一つで、簡単に言うとその日の吉凶を表したものとなっています。

六曜には、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つがあり、その中で最も縁起が良いのが大安、縁起が悪いのは仏滅です。

俗に言う「お日柄が良い」とは、大安のことを指しているのですが、それではそのお日柄によって予定を決める時に、選ぶとよいのはどれなのでしょうか。

そこで今回は、六曜についての疑問と答えを合わせてご紹介していきたいと思います。

ちなみに、六曜を縁起の良い順で並べると、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅となります。

その点も踏まえてお読み頂くとわかりやすいと思います。



六曜に関するQ&A


大安や仏滅の意味は何となく知っていても、実際に「結婚式はいつがいいの?」「葬式やお通夜は縁起には関係がない?」など疑問に思うことも多いのではないかと思います。

また、六曜は捉え方によって人それぞれ“縁起の良さ”が変わってきます。

ここでは、「このような時はどうしたらいいの?」という疑問に、できるだけ細かくお答えしていきたいと思います。

結婚式や入籍はいつがいい?

結婚式や入籍は、縁起の良し悪しが非常に重要となる行事の一つです。

昔から「お祝い事は大安に行うもの」と考えられているため、当然ながら結婚式や入籍は六曜の中で最も縁起の良い大安に行うのが一般的です。

とは言え、月に4~5回ほどしか大安はないので、結婚式を挙げたい人がそこに集中してしまうと、予約が取れないこともあります。

そのような時は、大安の次に縁起が良いと言われている友引も、結婚式や入籍を行うのにお勧めです。

友引の場合は、友を引くと書くことから友人や知人に結婚式や婚姻届の証人になってもらうと、幸せのお裾分けになると言われています。

なお、最近はあえて最も縁起の悪い仏滅に結婚式や入籍を行うカップルも増えています。

その理由としては、これ以上下がりようのない底の状態で結婚をすることで、後は上昇するしかないという前向きな意味合いが含まれているからのようです。

仏滅の結婚式は大安に比べて予約がしやすいことや、挙式費用が割引になるなど、メリットも多いと言われています。

葬式やお通夜はいつが縁起が悪い?

葬式やお通夜は特に縁起を気にする必要がないため、六曜の中で最も縁起が悪い仏滅や、仏滅に匹敵するほど縁起が悪い赤口に行っても問題はありません。

むしろ、仏滅や赤口は弔事に向いている日と言われています。

ただし、大安については「葬式やお通夜を縁起の良い日に行うのはいかがなものか」と考える人も少なくありません。

また、友引に関しては、「故人が冥土に友を引いていく」という意味合いから、縁起が悪いとされています。



本来の友引は「引き分ける日」という意味のため、上記のような意味はないのですが、古くからの慣習により友引を定休日としている葬儀社や火葬場が多いことから、友引に葬式を行おうとしても実際に行うことが難しい場合があります。

引っ越しはいつがいいの?

引っ越しはお祝い事と捉える人が多いため、大安と友引の人気が高くなっています。

特に繁忙期となる2~4月の大安は半年前くらいから予約が埋まっていくため、希望する日はほとんど取れないのが現状です。

ただし、最近は仏滅が最適と考える人も増えてきています。

その理由としては、仏滅が物滅に通じることから、すべての物が滅びて0になって新しくスタートを切れる、と考えられるからです。

引っ越しでは使わなくなったものや新居で必要のないものなどを、断捨離することが多いと思いますが、不要なものをそぎ落とすことで大事なものだけがしっかりと見えてくるなど、元々の仏滅の意味合いとは異なる解釈をすることで、あえて引っ越しを仏滅にする場合も増えているようです。

仏滅の引っ越しは大安に比べて予約がしやすい上、料金も割引となることが多いなど、メリットも多くあります。

なお、大安の予約が取れなかった場合には、引っ越し業者による荷物の搬出・搬入の前に、持ち運べる荷物を自ら新居に持ち込むことで、その日を引っ越し初日と考えることができます。

例えば、引っ越し当日は仏滅であっても、その前の大安に荷物を新居に入れればその日が引っ越し日となるため、縁起を担ぐことができます。

納車はいつしたほうがいい?

納車も引っ越しと同じようにお祝い事として考えることが多く、特に意識していなくてもセールスマンの方から「大安に納車しますね」と声をかけてくれることもあるくらいですが、その分大安は予約で混み合ってしまいやすくなります。

納車が遅くなってしまうと困るという方は、大安の次に縁起が良い友引に納車をすることが多いです。

ただし、大安の次に縁起の良い友引に関しては、友を引く=友を轢くとなることから、縁起が悪いとして避ける方も多くいます。

友引本来にはそのような意味はありませんが、気になる人は止めた方がよいでしょう。

また、縁起を担ぐという点では、六曜の中で最も縁起が悪い仏滅よりも、赤口の方が納車には不向きという見方もあります。

なぜなら、赤という字が血や火事をイメージさせるため、事故と連想しやすく、縁起が悪いとされるからです。

なお、どうしても納車が赤口や仏滅になってしまうという場合には、車両の登録日を大安にすることで縁起を担ぐことができると言われています。

まとめ

結婚式や入籍を始め、引っ越しや納車など、一般的にお祝い事とされる行事については、やはり六曜の中で最も縁起が良い大安を選ぶのがよいと言われています。

一方で、葬式やお通夜などの弔事は特に縁起を気にする必要はなく、むしろ縁起の良い大安を選ぶのは不謹慎と考える人も少なくありません。

六曜は科学的根拠がない、いわば迷信の一つなのですが、それでも長い間日本の生活に根付いていることから、常識と考えている人も多くいるため、特に親戚が集まる行事においては気を配る必要があるかも知れません。

ただし最近は、六曜を気にしない人も増えていますし、本来の意味とは異なる独自の解釈で前向きに捉える場合も多くなっていることから、あまり気にしすぎないようにすることも大事と言えるでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました