HOME

amazonプライムビデオの同時視聴できる台数は何台?登録できる台数は?

Amazonプライムビデオを最大限活用する方法の一つが、アカウントを共有して一つのアカウントで同時視聴することです。

しかし、この同時視聴には台数制限があるのです。

今回はAmazonプライムビデオにおける同時視聴ができる台数は何台なのか、登録できる台数は何台までなのかをまとめていきます。

そもそも、対応しているデバイスは何なのかも確認していきましょう。



amazonプライムビデオの同時視聴できる台数は何台?


Amazonプライムビデオにおける同時視聴台数は3台までです。

また、Amazonプライムビデオは1つのアカウントを2台までダウンロードして視聴することができるので、ダウンロードした作品も同時に見るというスタイルならば5台まで見ることが可能と言えるでしょう。

ただし、2020年現在動画配信サービスは非常に多くその動画配信サービスは同時視聴できることや同時視聴できる台数で差をつけようとしている傾向にあります。

動画配信サービスを提供しているものは非常に多いのでサービス名を列挙してみましょう。

「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」「FODプレミアム」「Netflix」「Hulu」「dTV」「Paravi」「TSUTAYATV」「dアニメストア」「auビデオパス」など数多くあります。

この中でも同時視聴サービスを実現しているのは「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」「FODプレミアム」「Netflix」「Hulu」です。

「U-NEXT」は月額契約料金が1990円で4台

「Amazonプライムビデオ」は月額契約料金500円で3台

「FODプレミアム」は月額契約料金888円で5台

「Netflix」は月額契約料金1200円のスタンダードプランが2台までで
月額契約料金1800円プレミアムプランで4台

「Hulu」は月額契約料金933円で2台

値段と同時視聴可能台数がすべてではありませんが、一つの目安とはなりますので一緒に見る人が多いという人こそぜひ参考にしてください。

amazonプライムビデオに登録できるデバイスの台数は?


Amazonプライムビデオに登録できるデバイスの数は無制限という声もありますが10台までという声もあります。

10台までという声が非常に多かったので自分も10台までという声を信じていたのですが、どうやらこの最大10台までという根拠はAmazonプライムのサービスの一つである「Primeミュージック」での規約であり、Amazonプライムビデオの規約にはこの10台という上限については記載されていないようです。

なので、Amazonプライムビデオはデバイス登録は無制限だと考えたほうがいいでしょう。

個人的には登録しているデバイスが増えすぎるとちょっと気になりますので、不要となったデバイスに関しては削除したほうがいいと思っております。

amazonプライムビデオにデバイスを登録する方法


Amazonプライムビデオにデバイスを登録する方法はAmazonプライムビデオのアプリをインストールしてログインするだけなので非常に簡単です。

パソコンでデバイス登録する場合はブラウザからAmazonサイトにログインしてプライムビデオを見るだけとこちらも簡単です。

別のやり方としてはAmazonプライムビデオにログインして右上にある「メニュー」にタップして表示された項目の下部にある「設定」をタップして、出てきた画面にある「デバイス」をタップし、「新しいデバイスを登録する」をタップするだけです。

するとコード入力画面になりますが、このコードはAmazonプライムビデオを登録したい端末でログインして「Amazonウェブサイトで登録」を選びコードを表示させましょう。

ここで出てきたコードを登録ページに表示されたコード入力欄に入力してください。

amazonプライムビデオに登録したデバイスを削除する方法


Amazonプライムビデオに登録しているデバイスを削除する方法もかなり簡単です。



アプリを使うという人はAmazonプライムビデオのアプリを開いて右上にある「メニュー」をタップし、その中にある「メニュー」をタップして、[アカウント設定]に表示されている「デバイス」を選び、そこに表示されているデバイスの中から消したいデバイスの欄に表示されている「登録の解除」を選択するだけです。

ブラウザで登録を解除する場合はブラウザからAmazonにログインして「トップページ」の「アカウント&リスト」を選択するところからスタートです。

その後は「アカウントサービス」を選択して「PrimeVideoの設定」の「Primeビデオの設定」を選択し、そこに表示されている「登録デバイス」の「登録の解除」を選ぶだけです。

ダウンロード機能は複数のデバイスでできる?


Amazonプライムビデオにおけるダウンロード機能は便利ですが1つのアカウントで2台までが上限です。

こちらの機能を使えば、Amazonプライムビデオで同時に5台まで動画やアニメを見ることが可能となります。

ただし、Amazonプライムビデオにおけるダウンロードは1ヶ月で25回と回数が決まっていますので、ダウンロードを家族で多用すると一瞬で終わってしまいます(規約によると15本までとなっている地域もあるようです)。

最大ダウンロード数に達してしまうと「プライム会員のダウンロード可能最大数に達しました」と表示されるのでダウンロード数が限界になったのだとすぐにわかります。

また、注意点ですがダウンロードは有効期限が存在しており視聴開始から48時間以内に見終わらないとアウトとなっているのです。

たとえ動画を見ていないという人でも30日という期限があるので、ダウンロードをしていたけど見るのを忘れていたため放置されていた作品は1ヶ月以内に見れなくなってしまうのです。

また、注意点としてはAmazonプライムビデオにおけるダウンロードはテレビやパソコンでは不可能となっていることでしょう。

ダウンロードの利点はあるの?

ダウンロードにはダウンロードならではの利点があります。

動画配信サービスは基本的にストリーミングを採用していますが、実はこのストリーミングはダウンロードに比べると使う通信量が多いので、Wi-Fi環境が確保できていないために4Gや5Gを当たり前のように使っているという人にとってはストリーミングでの動画再生はかなりきついのです。

しかしダウンロードならばかなり通信容量を抑えることができるので通信容量が気になる状況にある人の大きな味方となります。

パソコンやテレビではダウンロード機能は活かせませんが、スマホにダウンロードしてお出かけ先で見るというスタイルも可能となっており、お出かけするけど出先で暇になることが多いという人の大きな味方となってくれるでしょう。

amazonプライムビデオ対応のデバイスは?


基本的にパソコン・メディアストリーミング端末・iOSデバイス・ゲーム機・スマートテレビ・Amazon Fireタブレット・ブルーレイレコーダー・ブルーレイプレーヤーなら対応可能なのです。

ただし、パソコンの場合はChromeならば59以降とかFirefoxならば53以降と推奨ブラウザというのが存在しているので、必ず最新版にアップデートする癖をつけてください。

Amazonプライムビデオの対応端末を調べたいという方はこちら。

公式サイト
「Amazon.co.jp ヘルプ: 対応デバイス(https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GKE2YYEA6GB62ULS)」

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はAmazonプライムビデオにおける端末登録台数や登録する方法及び解除法について記載しました。

AmazonプライムビデオはAmazonプライムの特典で見ることができる非常に便利なサービスの一つなので、うまく活用したいところです。

しかし、Wi-Fiを使わず大量に見ていると通信容量がすごいことになってしまいますので、通信容量を節約するためにもダウンロードをうまくつかってください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました