HOME

amazonプライムビデオに登録できるデバイスは?上限はある?

amazonプライムビデオにデバイスを登録・削除する方法を教えて!

Amazonプライムビデオに登録できるデバイスはいろいろとありますが、実は登録上限があります。

今回はAmazonプライムビデオにおける登録できるデバイスの種類について紹介しつつ、その上限や登録する方法、複数デバイスの同時視聴はできるのかを調べてまいります。

Amazonプライムに登録している方はぜひこのデバイス複数登録からAmazonプライムビデオを楽しんでもらいたいです。



amazonプライムビデオに登録できるデバイスは?


Amazonプライムビデオに対応しているデバイスを知りたいという方はAmazonの「デジタルサービスヘルプ」の項目にある「Amazon.co.jp ヘルプ: Prime Videoプロフィールに対応しているデバイスは何ですか?(https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GA7N9HHHWX58YDDN)」をご覧ください。

ここに記載してあるデバイスを引用すると2020年10月の段階では以下の通りになっております。

1.モバイル/タブレット(AndroidおよびiOS)

2.ウェブ(デスクトップ、モバイルウェブ、およびAmazonショッピングアプリ)

3.リビングルームデバイス(よく利用されるデバイスは次の通り: PlayStation 4(PS4)、Roku Premiere(4620)、Roku Premiere+(4630)、Roku Ultra(4640、4660、4670)、Roku Ultra LT(4662)、4K Roku TV 7000X、Samsung Smart TV(2018年以降)、LG Smart TV(2018年以降)、Panasonic Television 2019 MTK MT5813、TP Vision Television 2019 MediaTek 5806、Apple TV(第2世代および第3世代)、およびChromecast)

注: Apple TV第2世代および第3世代では、プロフィールの切り替えのみできます。プロフィールの管理(作成、編集、削除)には、現在のところ対応していません。

4.Fire TVのPrime Videoアプリ

要するにパソコン・ iPhone・スマートフォン・iPad・Fireタブレット・Fire TV Stick 4K・プレイステーション・AppleTVなど様々なデバイスに対応しているということです。

このように対応しているデバイスが多くなっており、Amazonプライムビデオを楽しめる環境が整っているという人も多いのです。

うまく活用することで1つのアカウントでAmazonプライムビデオを楽しむことも可能でしょう。

amazonプライムビデオに登録できるデバイスの上限は?


Amazonプライムビデオの登録できるデバイス上限は10個となっています。

これはあくまでも一つのAmazonプライムのアカウントで登録できるデバイス追加上限数であり、同時に視聴可能な数とは異なっています。

こちらの同時に視聴可能数は3台ですので、親と子供という3人家族や4人家族という家庭ならば3台で足りるでしょう。

使う人数がもっと多いという人は、ダウンロードしてオフラインで視聴するというスタイルにすれば問題なく楽しめます。

視聴時間が重なってしまう可能性があるという方はオフラインでも見られる体制を整えておくとかなり役に立ちます。

ただし、ダウンロード回数にも実は25回という上限がありますので使い過ぎにも要注意です。

amazonプライムビデオにデバイスを登録する方法


Amazonプライムビデオにデバイスを追加登録する方法は追加したいデバイスでAmazonプライムビデオのサービスページにアクセスしてサインインすることからスタートします。

サインインするとAmazonプライムビデオの「設定」が開けますので、そこから「新しいデバイスを登録する」とクリックしましょう。

後は新規で登録したデバイスでprimevideoのアプリを開いて、「Amazonウェブサイト」で登録を選択してください。

この作業が終わると登録コードが表示されるので、こちらの登録コードをAmazonプライムビデオの登録ページに表示されているコード入力欄に入力しましょう。

これが一連の流れとなります。

まとめますと以下の流れになります。



Amazonプライムビデオのサービスページにアクセスしてサインインする⇒

Amazonプライムビデオの「設定」を開いて「新しいデバイスを登録する」とクリックする⇒

登録するデバイスでprimevideoアプリを開いて、「Amazonウェブサイト」で登録を選択して登録コードが表示させる⇒

登録コードをAmazonプライムビデオの登録ページにあるコード入力欄に入力する

文字にするとちょっと長く感じますが、作業時間は非常に短く作業内容も難しくありません。

また、登録できるデバイスの種類は先ほど紹介した通りですので、そちらのデバイスからチョイスしてください。

登録したデバイスを削除する方法


登録デバイスの削除は登録よりもさらに簡単です。

やり方は以下の通りになります。

Amazonプライムビデオのサイトで「設定」をクリック⇒

「デバイス」を選択⇒

登録されているデバイスが一覧が表示されるのでそこから削除したいデバイスを見つけて「登録の削除」をクリック⇒

「本当によろしいですか?」という質問がされるのでOKということでもう一度クリック

ちなみに、アカウントから登録が削除されてもAmazonストアから購入したコンテンツはクラウド上に残りますので、再度ダウンロードは可能です。

複数のデバイスを登録することができる?


複数のデバイスを登録することももちろん可能ですが、1つの端末で2つ以上のアカウントにデバイス登録するのはNGです。

つまり、アカウントをまたぎながらの動画視聴はできないということです。

どういうことかというと、Amazonプライムビデオをアカウント○○にスマートフォンA・スマートフォンB・スマートフォンC・スマートフォンDと4つ登録したとします。

しかし、生活の時間帯やリズムが一緒のためスマートフォンA・スマートフォンB・スマートフォンC・スマートフォンDで動画を見るタイミングが一緒だと考えてください。

すると必ずどれか1台が見れなくなります。

ここで他のAmazonプライムに登録しているアカウント××を持っている人がいたので、そちらのアカウントをつかってスマートフォンDに端末登録をしようとしたとします。

これがNGであり「1つの端末で2つ以上のアカウントにデバイス登録する」という行為に該当します。

この場合はアカウント○○におけるデバイス端末登録を削除してから、新たにアカウント××におけるデバイス端末登録をしてください。

複数のデバイスで同時視聴することができる?


Amazonプライムビデオにおける同時視聴可能台数は3台です。

4台目で再生しようとすると「最大ストリーミング数に達しています」という警告メッセージが出てきます。

ただし、注意点として「同じ作品の同時視聴は2台まで」というルールがAmazonプライムビデオにはあります。

こちらも3台で同じ動画を見ようとすると「最大ストリーミング数に達しています」というエラーメッセージが出てきます。

ちなみに、U-NEXTは同時視聴台数が4台で、FODプレミアムは5台、Huluは2台となっています。

Netfixは契約内容によって同時視聴台数が異なります。

800円のベーシックは1台まで、1200円のスタンダードは2台まで、1800円のプレミアムは4台までとなっているので、家族で見るという方はプレミアム契約が推奨されます。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はAmazonプライムビデオにおけるデバイス登録のやり方や登録上限、並びに対応しているデバイスについての紹介もしてまいりました。

Amazonプライムビデオのような動画配信サービスに対応しているスマートテレビの登場により、かなり身近な存在となりました。

それ故に同時視聴台数がかなり気になるようになってきましたので、今一度契約している動画配信サービスの同時視聴台数を確認しておきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました