HOME

amazonプライムビデオは1人のIDで何人まで登録できるの?

amazonプライムの家族会員とは?プライムビデオを楽しむ方法!

月額500円(年会費4,900円)でAmazonプライム会員になると、Amazonで購入した商品の「お急ぎ便」や「お届け日時指定」が無料になったり、プライムリーディング、プライムミュージックなどのサービスが利用できます。

また、amazonプライムビデオの動画視聴も、Amazonプライム会員が受けられる特典の一つです。

自宅で過ごす時間が長い今、定額で映画やドラマが見放題(一部有料作品もあります)なのは嬉しいですよね。

しかし、amazonプライムビデオの驚くべきところは、プライム会員のIDで家族会員の登録が可能な点です。

これは他の動画配信サービスにはないため、家族みんなが映画やドラマ好きなのであれば、登録しておくのがよいでしょう。

ただし、家族会員に登録できる人数は無制限ではありません。

また、本来、家族会員ではamazonプライムビデオの利用を行うことができないのですが、IDを共有することで家族会員であってもプライムビデオの利用が可能となります。

スポンサーリンク

amazonプライムビデオは1人のIDで何人まで登録できる?


amazonプライムビデオは、プライム会員のIDで同居する家族であれば2人まで登録することができます。

冒頭で少し触れましたが、Amazonプライム会員になると数多くのサービスを受けることができます。

・お急ぎ便が無料

・お届け日指定便が無料

・プライム会員限定先行セール

・amazonパントリー

・amazonフレッシュ

家族会員になると、プライム会員と同様に上記のサービスを受けることができますが、実はここにプライムビデオの利用は含まれていません。

しかし、同居する家族であれば、プライムビデオの利用が事実上可能となっています。

その理由については、次でご紹介します。

amazonプライムの家族会員とは?何人まで登録できる?


家族会員はプライムビデオの利用が特典に含まれていないため、プライムビデオを見るには自分のアカウントをとるためにプライム会員になる必要があります。

しかし、実際にはプライム会員にならなくても、家族会員のままでプライムビデオを利用することができます。

amazonプライムの家族会員とは?

amazonプライムの家族会員とは、同居する家族がプライム会員の場合に、月額(年会費)を払わずに同様のサービスを受けることができるものです。

家族会員に登録をするだけで、様々なサービスが利用できるようになります。

何人まで登録できる?

家族会員になれるのは2人までです。

プライム会員を含めて3人が、amazonプライム会員のサービスを受けることができることになります。
(プライム会員と全て同じサービスが受けられるわけではありません)

家族会員のメリット

家族会員の一番のメリットは、登録をするだけでプライム会員と同様のサービスを受けることができることです。

Amazonプライム会員になるには、月額500円ないし年会費4,900円を支払いますが、家族会員が別に会費を払う必要はありません。

つまり、月額500円でプライム会員を含めた家族3人が、様々なサービスを受けることができるというわけです。

家族会員でプライムビデオを楽しむ方法

家族会員の利用できるサービスの中には、プライムビデオを利用は含まれていません。

そのため、プライム会員以外がプライムビデオを利用したい場合は、家族会員をやめて本会員になる必要があります。

しかし、プライムビデオでは同一アカウントで端末3台までの同時視聴を許可しています。

これは言い換えれば、本会員以外の家族が本会員のアカウントで端末にログインすれば、プライムビデオを利用できるということになります。

amazonプライム会員は何人まで同時視聴することができる?


amazonプライムビデオの規約では、同一のアカウントで3台まで同時視聴が可能となっています。

家族がそれぞれ見たい動画が違う場合、プライム会員のアカウントで別々の端末からログインすれば、3台までは同時に見ることが可能になります。

例えば、お父さんはパソコンで映画、お母さんはスマホでドラマ、子どもはタブレットでアニメ、のような利用の仕方が可能ということになります。



なお、これはあくまでもストリーミングでの視聴の場合です。

amazonプライムビデオにはダウンロード機能があるので(作品によってはストリーミングのみ)、事前にダウンロードをしておけば、3台同時にストリーミングで動画を視聴していても、4台目で好きな動画を見ることができます。

amazonプライムビデオに登録できるデバイスは?


amazonプライムビデオに登録可能なデバイス(端末)は次のようになっています。

スマホ

スマホでamazonプライムビデオを利用するには、アプリのダウンロードが必要となります。

なお、動画のダウンロードが行えるのはアプリからとなっており、スマホにもダウンロードが可能です。

タブレット

スマホと同様にアプリを起動しての動画視聴となり、ダウンロード機能を利用することができます。

ただし、作品によってはストリーミングのみの場合もあります。

パソコン

パソコンで動画を視聴する場合は、アプリではなくwebサイトへのログインが必要となります。

アプリからではなく、webサイトからの視聴になるのでダウンロード機能は利用できません。

ゲーム機

PS3、PS4、XBOX oneが対応機種となっています。

プライムビデオのアプリをダウンロードして利用して下さい。

メディアストリーミングプレイヤー

Fire TV StickやChromecastなどの、メディアストリーミングプライヤーを利用して動画の視聴が行えます。

使い方も簡単で、テレビのHDMIに端末を差し込むだけでOKです。

ブルーレイプレイヤー

プライムビデオ対応のブルーレイプレイヤーなら、他に機器を用意する必要なくプライムビデオを楽しむことができます。

現在、プライムビデオ対応のブルーレイプレイヤーを販売しているのは、パナソニック、LG、SONY、サムソンなどがあります。

スマートテレビ

インターネット接続ができるスマートテレビも、プライムビデオの対応機種であれば動画を見ることができます。

SONY、LG、パナソニックなどが対応メーカーとなっています。

amazonプライムビデオは何台まで登録することができる?


amazonプライムビデオを利用する端末の登録は、無制限となっています。

一般的な家庭でも最近は、家族それぞれがスマホやパソコンを持っているなんてことは珍しくありませんが、その全てを登録することが可能です。

ただし、同一の端末に複数のアカウントを登録することはできないため、プライム会員が2人以上いる場合には、利用する端末のアカウントを認識しておくようにしましょう。

複数端末で同時視聴できる動画配信サービス


amazonプライムビデオ以外にも、複数の端末で同時視聴ができる動画配信サービスがあります。

Netflix

Netflixはプロフィールを最大5人まで分けることができ、それぞれが別の端末で動画を視聴することができます。

ただし、プランによって同時視聴可能な人数が異なり、ベーシックでは0台、スタンダードでは2台、プレミアムは4台となっています。

U-NEXT

amazonプライムビデオのように同一アカウントでの同時視聴はできませんが、親アカウントと子アカウントにアカウントを分けることで、最大4人までの同時視聴が可能になります。

ビデオマーケット

ビデオマーケットも複数端末の同時視聴が可能となっています。

しかし、これはあくまでも「見ることができる」のであって、公式的には推奨されておらず、動画視聴を利用する場合は一人ずつアカウントをとるのが正式となっているようです。

そのため、同一アカウントでの同時視聴がバレてしまうと、アカウント停止などの措置がとられる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

amazonプライムビデオは、プライム会員のみが受けられるサービスの一つですが、アカウントを共有することで会員以外の同居する家族(家族会員)でも、動画の視聴を行うことができます。

家族会員は2人まで加入することができ、規約上はプライムビデオの利用はできませんが、IDを共有することで事実上、家族もプライムビデオの利用が可能となっています。

また、家族会員になると、お急ぎ便やお届け日時指定を無料で行えるなど、プライム会員と同等のサービスを受けることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました