HOME

amazonプライムビデオを家族で共有する時のやり方や注意点は?

amazonプライムビデオは家族同時に視聴できる?別居の家族は?

自宅で過ごす時間が長くなると、気になる映画や昔のドラマなどをゆっくり見たいと思うことはありませんか?

そのような時にお勧めなのが、amazonプライムビデオです。

amazonプライムビデオは、インターネット通販最大手のamazonが手掛ける定額制動画配信サービスで、映画やテレビ番組などの動画が見放題になります(プライム特典に含まれているもののみ。一部有料)。

そのため、amazonプライムビデオは、家族であってもアカウントを一人一つ持って視聴するのが基本となりますが、実は同じAmazonアカウントを使用して一度に3本までのビデオを同時にストリーミング再生することが可能となっています。(規約にも記載されています)

つまり、家族の誰かがプライム会員だった場合、そのアカウントを使って映画やテレビ番組を見ることができるというわけです。

それでは、amazonプライムビデオはどのように共有すればよいのでしょうか。

ここではやり方などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

amazonプライムビデオを家族で共有する時のやり方


amazonプライムビデオは、amazonプライム会員が受けられるサービスの一つとなっています。

amazonプライム会員になると、プライムビデオ内の映画やテレビ番組が見放題になりますが、プライム会員の紹介によって家族会員になった場合、プライムビデオの見放題のサービスは受けることができません。

プライムビデオの見放題サービスを受けるには、あくまでも本人のアカウントの取得が必要となります。

しかし、プライムビデオの規約には「同じAmazonアカウントを使用して一度に3本までのビデオを同時にストリーミング再生することができます」とあり、実際には家族が同一のアカウントを使ってプライムビデオを利用することができるのです。

プライムビデオの家族の共有とはこれを示すものになります。

つまり、本会員となっている家族のアカウントを使ってログインをすれば、プライムビデオを利用することができます。

家族でamazonプライムビデオを共有する時の注意点


家族にamazonプライム会員の人がいれば、その人のアカウントを使ってプライムビデオを利用することができると言いましたが、共有で利用する場合にはいくつか注意が必要となります。

視聴履歴など全ての情報が共有される

同一アカウントでログインをするため、当然ながら同じアカウントを使っている家族には視聴履歴が知られることになります。

また、プライム会員ではAmazonの購入履歴なども共有されます。

端末は3台まで共有できる

同一アカウントで、最大3台の端末がアクセス可能となっています。

パソコン、スマホ、タブレットが自宅にあるなら、それぞれの家族がそれぞれの端末からログインが可能となります。

ただし、別の端末から同じ動画を視聴することはできません。

1アカウントにつきダウンロード数が15本か25本が上限

プライムビデオは、ストリーミング視聴の他に端末にダウンロードをして映画やテレビ番組などを見ることができますが、一アカウントでダウンロードできる数が15~25本と上限が決まっているため(ダウンロードできる本数については地域などによって異なります)、同一アカウントを利用する別の家族が多数のダウンロードをしてしまうと、いざ自分がダウンロードしたい商品があっても、ダウンロード不可となることがあります。

有料作品は契約者に請求がいく

プライムビデオには、特典で見放題の動画と、さらに追加料金を払ってレンタル、もしくは購入をして見られる作品があります。

同一アカウントを家族で使用する場合、プライム会員となっている本人以外が追加で作品をレンタル・購入すると、その請求はプライム会員が行います。

「許可をしていないのに勝手に購入した」「自分に相談なく追加で作品をレンタルしていた」などの理由で、料金を支払いたくないと言っても、支払いを免れることは規約上できません。



amazonプライムビデオは家族同時に視聴できる?


プライムビデオは、同時に3つの端末まで視聴することが可能となっています。

そのため、例えばお父さんはパソコン、お母さんはスマホ、子どもはタブレットのように違う端末であれば視聴ができます。
(端末の種類が違うのが条件ではなく、iphoneとアンドロイドのように同じスマホでも視聴はできますし、パソコン3台でも視聴可能です)

ただし、これはそれぞれ違う作品を見ていることが条件となります。

端末が違っても、同じ作品を3台が同時に視聴することはできないので注意して下さい。
(同じ動画を視聴できるのは2台までです)

なお、端末の登録自体は3台以上でも可能です。

別居の家族は共有できるの?


amazonプライム会員の規約では、家族会員は同居している家族に限っています。

つまり、別居の家族は対象外となります。

しかし、実際には別居している家族が、同一アカウントを使ってログインし、プライムビデオを見ているケースもあるようです。

規約ではNGですが、システム的には別居の家族であっても視聴は可能というわけですね。

ただし、これは明確な規約違反となるため、Amazonからアカウントの停止などの措置がされる可能性もあります。

そのため、基本的には別居の家族は家族会員にはなれず、プライムビデオの共有はできないと覚えておくのがよいでしょう。

動画の視聴履歴の削除方法


同一アカウントでログインし、プライムビデオを視聴する場合、他の家族に視聴履歴を見られてしまう可能性があります。

視聴履歴を見られたくない時は、視聴履歴を削除しましょう。

削除の方法は端末によって異なります。

パソコンの場合

AmazonのWebサイトにアクセスし、右上の「設定」をクリックすると「視聴履歴」が表示されるので、削除したい動画の作品名の下にある「動画の視聴履歴からこれを削除」をクリックします。

また、視聴途中の作品や再生途中となっているものは、視聴履歴から「次に観る」リストに表示されています。

こちらは、AmazonのWebサイトにアクセス後、右端に表示されている「編集」をクリックして「×」を選択すると削除になります。

スマホ、タブレットの場合

スマホやタブレットの場合も、AmazonのWebサイトにアクセスして同様の作業を行って下さい。

視聴途中の動画を削除するなら、「次に観る」に表示されている作品を長押しして、メニューの中の「リストから削除」をクリックすれば削除ができます。

なお、アプリからは視聴履歴を削除することができないので、必ずPCサイトのアクセスして下さい。

FireTVの場合

ホーム画面を開き、「最近見た商品」を表示させます。

そして、リモコンの「=」ボタンを押してメニューを押し、「最近のアイテムから削除」を選択します。

視聴途中の作品は、メニューの中の「リストから削除」を選んで終了です。

まとめ

amazonプライムビデオは、プライム会員のみが受けられるサービスとなっており、家族会員はサービスの除外となっています。

しかし、プライム会員のアカウントでログインすることで、実質的には家族であってもプライムビデオを利用することが可能となっています。

ただし、その場合は視聴履歴が共有されることや、有料で購入したコンテンツの料金はプライム会員へと請求されます。

本人は視聴していなくても、家族がご自身のアカウントを使ってログインして購入(レンタル含む)したものは、規約上支払いの義務が生じるため、家族はもちろん、友達や恋人などに気軽にアカウントを教えるのはやめた方がよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました