HOME

amazonプライムビデオのアプリが開かない原因と対処法を教えて!

スマートフォンやタブレットでAmazonプライムビデオを鑑賞している人も多いでしょうが、そんな人たちにとって困ることがアプリケーションエラーが発生して動画が見られなくなってしまうことです。

今回はこのアプリケーションエラーの中からそもそもAmazonプライムビデオのアプリが開かなくなってしまったというトラブルについて焦点を当てていきます。

なぜ急にアプリが開かない状態になってしまうのでしょうか。



amazonプライムビデオのアプリが開かない原因


Amazonプライムビデオがエラーで開かないとか動画が再生しないといったトラブルはネット社会になった現代では、逐一SNSで報告が上がるようになっているので過去の履歴や情報をたどることでその解決方法に結び付くことがあります。

実際にどういったトラブルがあったのかをiPhoneとAndroidに分けてみていきましょう。

Amazonプライムビデオが見られないトラブルには様々な原因が考えられますが、アプリそのものが開かない場合は原因はある程度特定されているのです。

iPhoneの場合

基本的にアプリそのものが開かない場合はアプリ側の不具合である可能性が高いです。

特にiPhoneの場合はAmazonプライムビデオの最新バージョンにアップデートした結果、アプリが起動しなくなったり開いたとしてもすぐに強制終了で落ちるといったトラブルが発生していたという情報がネット上に散見しています。

つまり、原因はユーザー側というよりもアプリを提供している側にある可能性が高いということです。

ただし、アプリそのものがアップデートで正常になっていたとしても使っているiPhoneのバージョンが古すぎるゆえに最適化されずにエラーで落とされるようになっているというケースもあります。

アプリが開くけど再生できないというケースだとまた原因は異なってくるのです。

Androidの場合

Android側でも基本的にアプリが開かないといったトラブルが発生したときは、iPhoneと同じ理由が考えられます。

つまり、アプリ側の不具合やOSのアップデートをしていなかったためにアプリとの整合性が取れなくなったが故のトラブルということです。

ただし、Androidの場合はアプリ一つ一つのキャッシュ削除ができますので、不要なキャッシュのたまりすぎやエラーが発生するキャッシュの存在も疑われます。

amazonプライムビデオのアプリが開かない時の対処法


Amazonプライムビデオのアプリが開かない場合の対処法をiPhoneとAndroidに分けてみていきましょう。

分けてはいますが、基本的な考え方や対処法は同じなので違う部分に注目したほうがわかりやすいかもしれません。

iPhoneの場合

iPhoneにおけるアプリが開かないトラブルへの対処法は、アプリの強制終了から始まります。

とりあえず今開いているアプリを全部終了させてください。

その後、アプリのアップデートがあるのかを確認しましょう。

アップデートがある場合はそちらをインストールしてください。

その後はiPhone側のOSのアップデートも終わっているのかを確認しつつ、再起動です。

それでもだめならアプリそのものを再インストールするかAmazon系アプリをログアウトすることで直ることがあります。

具体的な操作方法に着目すると以下の通りです。

Amazonプライムビデオアプリのバージョン確認

「ホーム画面」⇒「AppStore」を開く⇒

「Amazon(アマゾン)プライムビデオ」のバージョンを確認し、アップデートがあるならアップデートする

Amazonプライムビデオアプリの対応バージョン確認

「ホーム画面」⇒「AppStore」を開く⇒

「Amazon(アマゾン)プライムビデオ」の「詳細」タブを開く⇒

iPhoneの現バージョンに対応しているiOSの確認

Amazonプライムビデオのアップデート方法

「ホーム画面」⇒「設定アプリ」を開く⇒

「一般」を確認⇒「ソフトウェア・アップデート」からAmazonプライムビデオのアアップデートを

行うために「ソフトウェア・アップデート」を選択

Androidの場合

Androidでも基本的な対処法は一緒です。



アプリそのもののアップデートがされていないのか、使っているOSのアップデートが止まっているためなのか、いろいろとありますが対処法も一緒で再起動やアップデートが一般的となります。

それでもだめならアプリそのものを再インストールするかAmazon系アプリをログアウトすることで直ることがあります。

具体的な操作方法に着目すると以下の通りです。

Amazonプライムビデオアプリのバージョン確認

「ホーム画面」⇒「GooglePlayストア」を開く⇒

「Amazon(アマゾン)プライムビデオ」のバージョンを確認し、アップデートがあるならアップデートする

Amazonプライムビデオアプリの対応バージョン確認

「ホーム画面」⇒「GooglePlayストア」を開く⇒

「Amazon(アマゾン)プライムビデオ」の「詳細」タブを開く⇒

iPhoneの現バージョンに対応しているiOSの確認

Amazonプライムビデオアプリのアップデート方法

「ホーム画面」⇒「設定アプリ」を開く⇒

「一般」を確認⇒「ソフトウェア・アップデート」からAmazonプライムビデオのアアップデートを

行うために「ソフトウェア・アップデート」を選択

Amazonプライムビデオアプリのキャッシュをクリアする

「ホーム画面」⇒「設定アプリ」を開く⇒

該当するアプリを選択⇒「ストレージ」と選択⇒「キャッシュを削除」を選択

どうしてもアプリが開かないときはどうしたらいい?


キャッシュクリアやアプリやOSのアップデート、そして再起動でもどうしてもアプリが開かない場合は再インストールが推奨されます。

これで解決したという意見もかなりあるのです。

それでもだめならAmazon系のアプリを全てログアウトすることで直ったという報告もありました。

しかし、こちらは本当に最終手段でAmazonのKindleアプリをログアウトしてしまうと今までダウンロードした電子書籍が削除されてしまうので実害が発生してしまうのです。

特にKindleアプリを使っていないという人にはノーダメージでしょうが、使っている人にはかなり厄介なダメージとなってしまいますので最終手段にしてください。

アプリは開くけど動画が見られない場合の代表的な原因について


アプリそのものは開くけど、動画が見られないという人もAmazonプライムビデオ関連のトラブルでは多いです。

特に動画関連で多いトラブルがエラーコードが発生するというケースでしょう。

エラーコードもものすごい種類がありますが、基本的にエラーコードが出る理由は5つに絞ることができます。

それは以下の通りです。

・Amazonプライムビデオの再生や接続にまつわるエラー
・AmazonプライムビデオにおけるPIN設定関連のエラー
・Amazonプライムビデオの支払い設定や住んでいる場所などのエラー
・Amazonプライムビデオにサインインまたはサインアウトするときのエラー
・ギフト券やクーポンコードに関するエラー

このいずれかに該当しているとエラーコードが出るようになります。

1000番台・7000番台・8020番・9003番・9074番のエラーコードは「Amazonプライムビデオの再生や接続にまつわるエラー」で、2000番台・7035番のエラーコードは「Amazonプライムビデオの支払い設定や住んでいる場所などのエラー」で、5014番・5016番のエラーコードは「AmazonプライムビデオにおけるPIN設定関連のエラー」に該当します。

5005番のエラーコードは「Amazonプライムビデオにサインインまたはサインアウトするときのエラー」で、2039番のエラーコードは「ギフト券やクーポンコードに関するエラー」となるのです。

エラーコードが出る人はどのような原因があるのかをまずは特定しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はAmazonプライムビデオにおけるトラブルの一つ、アプリそのものが開かなくなってしまうケースについて紹介しました。

どうもこのトラブルはiPhoneのシステムソフトウェアアップデートやAmazonプライムビデオアプリそのもののアップデートによって多発したようで、ネット上でも当時の情報がかなり残っています。

アプリが不安定になってしまった場合、こちらではできることは限られていますのでいろいろやって解決しない場合はアップデートを素直に待ったほうがいいかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました