HOME

amazonプライムビデオの動作が重い時の原因や対策の方法は?

amazonプライムビデオの動作が重い原因と対策について!

月額500円を支払ってAmazonプライム会員になると、Amazonでの買い物の際にお急ぎ便・お届け日時指定便が無料になるなど、様々なサービスを受けることができます。

また、会員特典の一つとして、amazonプライムビデオの動画が見放題になります。(一部有料もあります)

そのため、自宅で過ごす時間が長い、映画・ドラマ鑑賞が趣味という方には大変喜ばれているのですが、一方でamazonプライムビデオは動画が止まったり固まったりしやすい、アプリやブラウザが重く感じるなどの不満の声も聞かれます。

そこで今回は、amazonプライムビデオの動作が重い時の原因や対処法について調べてみました。

amazonプライムビデオは、他の動画配信サービスに比べて月額が安いのが魅力なのですが、動画を見るたびにイライラしてしまうのは嫌ですよね。

動作が重くなる原因やその対処法をあらかじめ知っておくことで、ストレスがなく、楽しい時間が過ごすことができるでしょう。

スポンサーリンク

amazonプライムビデオの動作が重い原因と対策


amazonプライムビデオで動画を見ていたら、読み込みに時間がかかったり、動画が途切れるなどのトラブルに見舞われることがあります。

せっかく動画を見ていても、このようなトラブルが頻発すると嫌な気持ちになりますよね。

amazonプライムビデオの動作が重くなるのは、どうしてなのでしょうか。

また、動作が重い場合の対策や対処法を合わせてご紹介します。

ネット環境が悪い

インターネットに接続する方法は一つではなく、使用する回線によって通信速度が異なります。

回線には有線と無線がありますが、有線の方は無線よりも多くのデータを取り込めるので、有線の方が動画は止まりにくくなります。

また、有線でも現在は光回線が主流となっており、通信速度は他の回線に比べて速めになっています。

このようなことから、プライムビデオを見ていて動画がすぐに止まってしまう、アプリやブラウザが重くて開きにくいなどを感じる場合は、自宅のインターネットの接続環境がどうなっているか確認してみましょう。

ADSL、ISDNなどを利用している場合は、映画やドラマと言った容量の多い動画を視聴するのには向いていません。

なお、LANケーブルなどの引き込みの必要がなく、端末が届いたその日からインターネットが使えるポケットwifiや、スマホのテザリングを利用してパソコンやタブレットをインターネットに接続している場合も、有線に比べてデータ量が少ないため、動画が止まりやすくなります。

自宅のインターネット接続環境をすぐに改善できない時は、ダウンロードを利用してみましょう。

プライムビデオでは、動画の視聴の際にストリーミングだけではなく、ダウンロードも選ぶことができます。

インターネットの接続状況が悪いとダウンロードに時間がかかることがありますが、動画を視聴する時にはインターネットの接続は関係ないのでスムーズに動画を見ることができます。

端末の一時的な不具合

パソコンのブラウザが開きにくい、スマホやタブレットのアプリが重いなどのトラブルが起こった場合、パソコンやスマホ、タブレットを再起動させることで、メモリの解放が行われ、不具合が解消されることがあります。

SIMの接触不良

SIMとは携帯電話番号を特定するために、固有のIDが記録されている小さなカードのことで、スマホには必ず挿入されています。

このSIMの接触が悪い場合も、プライムビデオで動画を視聴してもすぐに止まったり、動画を見ることができなかったりします。

ただし、SIMの接触不良が原因になると、プライムビデオ以外のアプリも開きにくくなるなどのトラブルが起こります。



このような状態になったら、スマホのキャリアショップへ行き(格安スマホの場合はカスタマーセンターに連絡して下さい)、SIMを交換すると問題が解決することがあります。

メモリの空き容量不足

端末の容量が不足していると、端末本体の動作が遅くなり、動画の視聴中に止まったり途切れたりしやすくなります。

他の端末は問題なく視聴できるのに、特定の端末だけ遅いという場合は容量不足が原因かも知れません。

特にスマホは写真や動画を気軽に撮って保存できるため、容量不足が起こりやすくなります。

不要な画像、動画は削除し、使っていないアプリなども整理するとよいでしょう。

また、パソコンやスマホには、「キャッシュ」と呼ばれるデータが存在しています。

キャッシュは簡単に言うと、一度使ったデータを読み込みやすくなるために一時的に保存しておく働きのことで、履歴みたいなものです。

前に閲覧したサイトは、初めて閲覧するサイトよりも早く開きますが、これはキャッシュの働きによるものです。

しかし、キャッシュは蓄積していくため、定期的に削除していないとパソコンやスマホの動作を遅くしてしまいます。

そのため、画像や動画、アプリの削除と一緒に、キャッシュの削除を行うとよいでしょう。

通信速度制限がかけられている

モバイルデータ通信を利用して動画を見ている場合、データ通信料の上限が決まっているため、その上限を超えてしまうと通信速度制限がかけられ、プライムビデオの動画を見ることはできなくなります。

通信速度制限がかかっている中で動画を見るなら、追加データ(有料)を購入するか、モバイルデータ通信ではなくwifiでインターネットに接続する方法があります。

それ以外は、翌月になって通信速度制限が解除されるのを待つしかないでしょう。

混雑している時間帯に利用している

一般的に、夕方から深夜の時間帯はインターネットに接続する人が増えるため、回線が混雑して通信状態が悪くなりやすいと言われています。

仕事や学校があると、どうしてもその時間帯が動画視聴のメインとなってしまいますが、スムーズに動画を見たい場合は時間を変えてみるのがよいでしょう。

画質設定に問題がある

画質は高画質であるほどデータ通信量がかかります。

特に回線が混みあう時間帯は、最高画質で動画を視聴しようとすると固まりやすくなるため、標準画質に落として様子を見てみましょう。

プライムビデオでは4種類の画質があります。

・SD(480p)

DVDの画質と想像するとわかりやすいでしょう。

アンドロイドの標準画質となります。

プライムビデオ内の動画の多くがSD対応となっているので、最も低画質を選ぶならSDになります。

・HD(720p)

ブルーレイの画質と想像するとわかりやすいでしょう。

多くの端末の標準画質がHDとなっています。

・フルHD(1080p)

HDよりも画素数が多くなり、映像がより鮮明に映ります。

・4K(2160p)

4KはフルHDのおよそ4倍の画素数を持つため、より高画質・高詳細な映像を楽しむことができます。

ただし、プライムビデオ内の動画では4Kに対応しているものが少ないため、あまり選ぶことがない画質です。

プライム会員の登録状況に問題がある

動画を見ている最中にいきなり動画が止まって、それ以来見ることができなくなってしまった。

このような場合は、支払いに問題が起こっている可能性があります。

例えば、クレジットカードでプライム会員の月額を支払っているなら、クレジットカードの有効期限が過ぎていないか、登録した情報が間違っていないか、クレジットカードの使用を止められていないかなどを確認してみましょう。

まとめ

Amazonプライムビデオの動作が遅い場合は、インターネットの接続環境がどうなっているか、SIMの接触不良が起こっていないか、メモリは不足していないか、使用している時間帯に問題はないか、画質の設定が適切か、プライム会員の支払いが済んでいるかを確認してみましょう。

また、パソコンのブラウザやスマホのアプリを再起動すると、不具合が解消される場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました