HOME

amazonプライムビデオを同時視聴できる端末の数は?

amazonプライムビデオに登録できるデバイスの数は?

amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員が受けられる特典ですが、一度の視聴で一つの端末しか使えないわけではなく、複数の端末で同時視聴ができることから、同居する家族がそれぞれ好きな動画を見るということがよくあります。

とは言え、同時視聴できる端末の数は無制限ではありません。

お父さん、お母さん、子ども達におじいちゃん、おばあちゃんなど、家族それぞれの見たい動画が違う時、同時視聴ができる数はいくつなのか気になりますよね。

そこで今回は、amazonプライムビデオを同時視聴できる端末の数や、登録できる数を調べてみました。

スポンサーリンク

amazonプライムビデオを同時視聴できる端末の数は?


amazonプライムビデオを同時視聴できる端末の数は、3台となっています。

そのため、4台目以降は動画を再生しようとしても、エラーとなってしまいます。

同時視聴を行おうとした4台目以降の端末がスマホなら『再生エラー:このビデオを観るには、他のデバイスでの再生を止めてから、もう一度お試しください』と表示され、パソコンなら『同時ストリーミング再生数制限』の表示が出て、動画を再生することができません。

ただし、これは同一アカウントでの同時視聴となっており、家族内で別にamazonプライム会員になっていてアカウントを持っていれば、そのアカウントでも同時に3台まで動画の視聴が可能となります。

なお、その場合、同一の端末を複数のアカウントでログインすることはできません。

家族内で複数のamazonプライム会員アカウントを持っている時は、誰がどの端末を使ってプライムビデオを利用するのか、あらかじめ決めておいた方がよいでしょう。

登録できるデバイスの数は?


他の動画配信サービスでは、登録できるデバイス(端末)の数に制限を設けているところもありますが、プライムビデオの場合は登録できるデバイスの数に制限はありません。

自宅に複数のスマホやタブレット、パソコンを持っている場合、その全てを登録することが可能です。

もちろん、ゲーム機やストリーミングメディアプレイヤー、FireTVStickなど、プライムビデオを利用できるスマホやタブレット、パソコン以外のデバイスでもOKです。

ただし、家族の中でプライム会員が一人しかおらず、その会員のアカウントを共有してプライムビデオを利用している分にはそれでも良いのですが、もう一人別の日とが会員になって別にアカウントをとった時は注意が必要です。

amazonプライムビデオでは、登録デバイスの数に制限はないものの、同じデバイスが別のアカウントに登録することはできません。

ダウンロード機能を使えば何台でも同時視聴することができる?


amazonプライムビデオの同時視聴は3台までとなっていますが、お父さん、お母さん、子ども達、おじいちゃん、おばあちゃんと、それぞれが観たい動画が違ってしまうと、誰が3台使うかで揉めてしまうこともあるかも知れません。

そのような時は、amazonプライムビデオのダウンロード機能を使ってみましょう。

amazonプライムビデオの動画には、ストリーミングとダウンロードの2種類があり、ダウンロードをした動画を見る分には、同時視聴には含まれません。

再生時にアカウントの認証を行わないため、動画を視聴するのは可能になります。

ダウンロード中はインターネットに接続する必要があるものの、終わってしまえばオフラインで動画を見ることができるため、家族とamazonプライムビデオの利用時間が被ってしまった時はもちろんのこと、移動中でインターネット接続ができないバスや電車の中などでも、動画を楽しむことができます。



ただし、同じ動画をダウンロードする場合は2台までとなっています。

3台目に同じ動画をダウンロードしたい時は、先にダウンロードした別の端末の動画を削除する必要があります。

amazonプライムビデオに登録できる端末は?


amazonプライムビデオに登録できる端末は、次の通りです。

・スマホ

iphone、アンドロイド共に、amazonプライムビデオの利用が可能となっています。

スマホでamazonプライムビデオの動画を見る場合は、webサイトからではなくアプリを起動して下さい。

視聴には、ストリーミングかダウンロードのどちらかを選ぶことができます。
(作品によってはストリーミングのみのものもあります)

・タブレット

iPad、アンドロイドタブレット、Amazon Fireタブレットでの利用が可能となっています。

スマホと同様にアプリを起動しての動画視聴となります。

ダウンロードの選択が可能ですが、作品によってはストリーミングのみの場合もあります。

・パソコン

Windows、Mac OS、Chrome OSなどでの利用が可能となっています。

パソコンで動画を視聴する場合は、アプリではなくwebサイトへのログインが必要となります。

webサイトからの視聴になるので、スマホやタブレットのようにダウンロードを選ぶことはできません。

・ゲーム機

PS3、PS4、XBOX oneが対応機種となっています。

ホーム画面のストア内にプライムビデオのアプリがあるので、そちらをダウンロードして利用して下さい。

ゲーム機を利用したプライムビデオの鑑賞は、テレビが画面となるため、映画などを大迫力で楽しめるメリットがあります。

・メディアストリーミングプレイヤー

Amazon Fire TV StickやAppleTV、Chromecastなどの、メディアストリーミングプレイヤーをテレビのHDMIに端末を差し込んで利用して下さい。

こちらも動画の鑑賞がテレビとなります。

・ブルーレイプレイヤー

必ず、プライムビデオに対応しているブルーレイプレイヤーかを確認して下さい。

プライムビデオに対応していないブルーレイプレイヤーでは、プライムビデオを利用することはできません。

現在、プライムビデオ対応のブルーレイプレイヤーを販売しているのは、パナソニック、LG、SONY、サムソンなどがあります。

メーカーと商品をしっかりと確認するようにしましょう。

・スマートテレビ

SONY、LG、パナソニックが販売しているスマートテレビには、プライムビデオのアプリがインストールされているのでプライムビデオを利用することができます。

複数の端末でログインするやり方


複数の端末でamazonプライムビデオにログインする方法はとても簡単で、動画を視聴したい端末からログインするだけです。

動画の視聴は「登録された端末」からしか行えないので、まずは端末を登録する必要があります。

端末の登録方法は、Amazonプライムビデオのアプリを開き、サインインして下さい。

基本的には、アプリにサインインをした端末は自動的に登録デバイスとなりますが、一部、デバイスによっては直接サインインできないケースもあります。

そのような場合は、amazonプライムビデオのwebサイトから「設定」→「デバイス」→「新しいデバイスを登録する」をクリックし、その後、スマホやタブレット、amazonプライムビデオのアプリを開いて、「Amazonウェブサイトで登録」を選択すると、画面上に登録コードが表示されます。

これを、webサイトのデバイスの登録ページに入力すると、デバイスの登録や追加を行うことができます。

後は利用したい時に、登録済の端末からログインするだけでOKです。

まとめ

Amazonプライムビデオを同時視聴できるのは3台までとなっていますが、もし他にも同時視聴を行いたい場合は、ダウンロード機能を使ってみましょう。

ダウンロード中はインターネットに接続する必要がありますが、視聴はオフサインで可能となっているので、ストリーミングのようにアカウントにカウントされません。

また、ダウンロードした動画は、インターネットの環境がない場所でも動画を楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました